あえて数学がキライな人にすすめたい。大人の塗り絵⑥『世界一美しい 数学塗り絵』

夜な夜な大人たちがハマっている「大人の塗り絵」はご存知?

大人の塗り絵は、子どもたちが楽しむ塗り絵よりも「下絵」が複雑で繊細なものが多く、テーマも「建築」や「浮世絵」、「ホラー」など大人がより楽しめるラインナップが揃っている。

しかも、ストレス解消になったり、自律神経が整ったりと、ただ暇つぶしになるだけじゃなくて、心と体にいい効果をもたらしてくれるんだとか。

塗り絵なんて古風な趣味と思いきや、雨も、湿気も、コロナも気にしないで楽しめるなんて、じつは一周回って次世代型アクティビティなのかもね!

そんなワケで今回も、おすすめの大人の塗り絵をご紹介。

六冊目のテーマは、「数学」。

「数学はちょっと…」って人!
そんな人ほど見てって〜

©iStock.com/Anna Erastova, 2020 NEW STANDARD

タイトルだけでは、その良さが伝わりにくいのがこの「数学塗り絵」。

「数学」って聞いただけでアレルギー起こしちゃいますって人も少なくないけど、じつはそんな人こそ、数学の捉え方が変わって楽しめる一冊かも。

ボロノイ図、フラクタル、多面体、ベン図など、載っているデザインをとにかく難しいことは考えずに塗って楽しめばいい。そうしているうちに、それらに潜んでいる数学的な秘密が明らかになるのだとか。

秘密が明らかに……そう思うと、人生で初めて目にするような奇妙なデザインも、ワクワクしながら塗り進められる。

なんでも、私たちの目に映るあらゆるものには形と色があり、それらを正確かつ完璧に表現するのに一番適した表現方法は「数学」という言語を使うことなのだという。波だって、泡だって、花のタネだって、数学で表現できるのだ。

かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチも、芸術を志す若者に「数学の中にこそ物ごとを扱う真理が含まれている」と言い、芸術家になる基礎として数学を学ぶことを勧めたという話もあるらしいぞ。

数学も、アートなんだな。

©iStock.com/Anna Erastova, 2020 NEW STANDARD
Top image: © iStock.com/Anna Erastova, 2020 NEW STANDARD
「大人の塗り絵」が、おうちで楽しめる趣味として人気が再燃。ストレス解消や自律神経の調整にもいいとされるなど人気の理由を掘り下げる他、ホラー、数学、民族衣装...
おうちで楽しめる趣味として、人気が再燃している「大人の塗り絵」の中から、気になる7冊を紹介。この季節にぴったりの「The Beauty of Horror...
ストレス解消や自律神経の調整にもいい「大人の塗り絵」が今、再ブーム。中でも気になる7冊を紹介。「民族衣装のぬり絵ブック」は、世界各国の民族衣装を彩りながら...
ブーム再燃中!ストレス解消もできて自律神経も整うという一石二鳥の暇つぶし「大人の塗り絵」を紹介。厳選1冊目は猫や様々な生き物が登場する「にゃんコロリアージ...
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
天候にも左右されず、おうち時間にストレス解消や自律神経の調整にもいいとしてブームが再燃している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。「海の楽園」は、ジ...
家で過ごす時間が増え、ストレス解消や自律神経の調整にもいいとしてブームが再燃している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。「パリの小さなひみつ」は、パ...
今、人気が再上昇している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。江戸時代の人気浮世絵師・歌川国芳の「国芳ぬりえワンダーランド」は、実は猫好きにおすすめ。...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイ...
新たに日本産ゴキブリに加わったこの2種、どちらもあの忌々しい姿からは想像もつかないほど、美しいじゃないか!
ビリー・アイリッシュが、ジャケットやMVをモチーフにした塗り絵を、公式オンラインストアにて配信中。無料ダウンロード可能だが、価格を決めてユニセフへ寄付する...
すきま時間にどこでもできて、手軽で、しあがりの美しさに心も癒される。単純作業なのにどっぷりハマる没入感からか、「大人の塗り絵」が世界的な人気となったのは周...
おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
“自分たちらしさ”を追求して張り切りすぎたあまり、結婚式前にゲストが出席しないかも、という問題を抱えてしまった新郎新婦。2人は共に数学者でした。数学が絡む...
「マルアイ」がお子さんや家族とおうち時間を楽しむ企画「NuRIE大賞」を開催中。A0サイズの巨大塗り絵コンテストにInstagramからカンタン応募!
新型コロナウイルスの影響で、2020年は世界的に献血が不足しているという。そこで、チェコの「赤十字社」が献血を促す啓発動画を公開
「東京国立博物館」の一部をCGで再現したバーチャルミュージアム「バーチャルトーハク」が来月19日(土)からのスタート。
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
塗り絵ブームはより広がりを見せている感がありますが、お気に入りの写真を塗り絵にできたら楽しさがアップしますよね。「Color Me Book」はそんな思い...
イケメンの先生がいる。それだけで学校に行くのが楽しかったのは昔の話。なぜか、先生がカッコイイというだけで、その教科の成績がよくなったな〜。今回、紹介するR...
こんな本、見たことがあるでしょうか。地上の家から光かがやく月までを冒険しながら進んでいく、世界一長い塗り絵です。好きな色を使って、自由に塗り進めながら、未...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...