猫やおじさんだらけの「大人の塗り絵」が最高に癒される!

巷で密かにブームとなっているもの、それは「大人の塗り絵」だ。

しばらく前から人気のアクティビティだけど、その人気が再燃している理由は、雨も、湿気も、コロナも気にせず快適なお部屋の中で楽しめることにもあるのかも。

大人の塗り絵は、子どもたちが楽しむ塗り絵よりも「下絵」が複雑で繊細なものが多く、テーマも「建築」や「浮世絵」、「ホラー」など大人がより楽しめるラインナップが揃っている。

しかも、ストレス解消になったり、自律神経が整ったりと、ただ暇つぶしになるだけじゃなくて、心と体にいい効果をもたらしてくれるんだとか。

調べたら、「そんなのまであるのか!」っていうテーマの塗り絵も結構あって面白かったので、いくつか紹介してみようと思う。

一冊目のテーマは、「猫と愉快な仲間たち」。

猫、猫、猫、たまにおじさん

©iStock.com/Anna Erastova, 2020 NEW STANDARD

猫好きで、自身も猫飼いのイラストレーター・クラミサヨさんの塗り絵。

アニメチックだったり、写実的だったり、いろんなテイストの塗り絵があって飽きないし、猫だけでなくテグーやカワウソ、魚、鳥、ロバ、ブタ、宇宙人から謎のおじさんまで、たくさんのキャラクターがそこかしこに現れてとにかく楽しい。

大体、「おじさん」の塗り絵なんてのが存在したこと自体に驚く。そして癒される。

ページ後半には、黒い紙に白い線で下絵が描かれている「黒ぬり絵」なるものが付いているのも見逃せない。黒い紙なので、ミルキーなかわいい色で塗ったり、淡い色の色鉛筆も使うことができる。つまりは「猫を白に」塗ることもできるのだ!(日本全国の白猫マニアの皆さん、これは事件です)

巻末に付いている下絵の解説も、絵本を読んでいるようなほっこりした気持ちになっておすすめ。

©iStock.com/Anna Erastova, 2020 NEW STANDARD
『にゃんコロリアージュ』(クラミサヨ 著、辰巳出版)
Top image: © iStock.com/Anna Erastova, 2020 NEW STANDARD

関連する記事

今、人気が再上昇している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。江戸時代の人気浮世絵師・歌川国芳の「国芳ぬりえワンダーランド」は、実は猫好きにおすすめ。...
「大人の塗り絵」が、おうちで楽しめる趣味として人気が再燃。ストレス解消や自律神経の調整にもいいとされるなど人気の理由を掘り下げる他、ホラー、数学、民族衣装...
猫の日だけど、「トレーニング」も、「猫」も諦めきれない人へ。猫も登場して、癒されながら運動ができる最高の動画をご紹介します。「ひなちゃんねる」「HIIT ...
レインボーカラーがオシャレな猫のジグソーパズル。実はこれ、パズルピースまで猫型でできているとか……!
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
SNSで15万いいねの反響を得た、クリエイター docco(@doccoina )氏の人気アート「猫吸い 」を描いたTシャツが5月15日より販売スタート。...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
天候にも左右されず、おうち時間にストレス解消や自律神経の調整にもいいとしてブームが再燃している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。「海の楽園」は、ジ...
おうちで楽しめる趣味として、人気が再燃している「大人の塗り絵」の中から、気になる7冊を紹介。「世界一美しい 数学塗り絵」は、ボロノイ図、フラクタル、多面体...
家で過ごす時間が増え、ストレス解消や自律神経の調整にもいいとしてブームが再燃している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。「パリの小さなひみつ」は、パ...
フロントタイヤを二輪にした「ゴールドトライアングル構造」によってバツグンの安定感を誇るニュータイプの電動キックボード型モーターサイクル「ilark」が「M...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
ストレス解消や自律神経の調整にもいい「大人の塗り絵」が今、再ブーム。中でも気になる7冊を紹介。「民族衣装のぬり絵ブック」は、世界各国の民族衣装を彩りながら...
研究報告によると、猫は人間の「ゆっくりとしたまばたき」を肯定的に捉えている可能性があるようだ。飼い主以外の人間が猫にまばたきした際に「避ける、動かない、近...
猫エイズウイルスキャリアの愛称「りんご猫」が、普通の猫と同じように暮らせることを知ってもらうきっかけにと、町イベント「ねこまつりat中野」が初開催。5店舗...
今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
「もしも、猫と人間の役割が入れ替わったら?」飼い主の猫Steveと、ペットの人間Manfriedの織り成す日常を描いたマンガ「Manfried the M...
「大根おろしニャン」は、本体に中敷きをセットし、大根おろしを詰めて押し具で汁を切り、取り出すだけで「全長約6cmの猫」がちょこんとお座りしている姿が作れて...
Twitterで話題の「ねこ浴場」は、日光浴、森林浴と同じように、猫を浴びて健康になる、そんなコンセプトの保護猫カフェ。そのねこ浴場内に、今度は猫に眺めら...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
ペットにもオーガニック!化学農薬、化学肥料、遺伝子組み換え、化学種子消毒なし、ヨーロッパで有機認証を取得した安心安全なタネから作るねこ草を紹介。
なんとなく元気の出る動画見つけました。猫がドミノをするだけなのに、ついつい何度も観てしまう人続出!制作者である飼い主さんの裏話も必見。
「ミャウエバー」は、まるで猫みたいなクッション型疑似ペット。
「ネコリパブリック」が、かつて発売と同時に完売した話題のマスクの新デザインバージョンを再販。売り上げは保護猫カフェの運営に役立てられる。
みにゃさまに愛されるような商品名を、などたくさんのこだわりを詰め込んだ「にゃりんとう カリカリ気分のかりんとう」は、「インコラーメン」でおなじみの愛知「小...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
猫がイイ気分になるだけじゃなかった!「マタタビ」の意外な有効性を岩手大学などのチームが発見し、アメリカの科学雑誌「Science Advances」にて公...
現在、米国では多くの裁判がリモートでおこなわれているという。そんななか、「テキサス州第394地方裁判所」がアプリ「Zoom」を用いて開いた裁判で珍事件が発...