動く!踊る!ディズニーが開発した「3D塗り絵」(動画あり)

平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけたのは、あのディズニー。子供だけでなく大人も楽しめる、ディズニーならではの“魔法”がかけられています。

描いている手元を
アプリで見ると…

百聞は一見に如かず。まずは動画を見てください。いわゆる普通の塗り絵をしているはずなのに、モバイルデバイスを通して見てみると、ご覧の通り!

平面に好きな色を塗っておしまい。という塗り絵の概念を180度変えてしまうほどの新発明。ウォルト・ディズニー・カンパニーの科学技術開発研究部門「Disney Reserch」 が開発した、この塗り絵はひと味違います。子供だけでなく、大人も虜にしてしまうサプライズが隠されているのです。

スクリーンショット 2015-10-08 10.27.09

デジタルの拡張性を最大限に活かして開発された、ユニークな塗り絵の仕掛けは、もうお分かりですね。色鉛筆や筆の質感そのままに、好きな色に描いたキャラクターたちが3Dで表現される仕組み。これを、専用アプリをダウンロードしたモバイルデバイスの画面を通してみると…絵が浮き上がり、リアルタイムでどんどん着色されているではありませんか!

3Dの仕掛けは
リアルタイムのトラッキング

スクリーンショット 2015-10-08 10.27.58

スクリーンショット 2015-10-08 10.28.47

仕掛けはディズニー・リサーチが独自に開発した「Lookup map」というトラッキングシステムにあります。簡単に言ってしまえば、色が塗られたイメージをピクセル毎に追跡して、二次元の塗り絵では表現できない立体(背景)の色を予測、自動的に検出するというもの。これにより、リアルタイムでの3D映像が可能となりました。
314人の被験者にこの3D塗り絵を何度も試してもらった開発秘話が動画内に登場します。紙に描いたイメージの立体的な仕上がりをモニタリングし、最も好みの完成図を選んでもらうABテストを繰り返して、塗り絵のイメージを具現化していったんだそう。

色を塗ってからが
本当のお楽しみ!

スクリーンショット 2015-10-08 10.29.56

さらに、この3D塗り絵の革新的な技術がもうひとつ。デバイスを通して見ると立体に浮き上がるばかりか、キャラクター自身が紙の動きに合わせて「おっとっと…」揺れたり、踊ったりもできること。
自分の好きなキャラクターを、ただ「塗っておしまい」ではなく、「動かす」楽しみも加わった、三次元塗り絵。楽しみの幅がぐんと広がりそうですね。

Licensed material used with permission by Disney Reserch

「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイ...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
すきま時間にどこでもできて、手軽で、しあがりの美しさに心も癒される。単純作業なのにどっぷりハマる没入感からか、「大人の塗り絵」が世界的な人気となったのは周...
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
塗り絵ブームはより広がりを見せている感がありますが、お気に入りの写真を塗り絵にできたら楽しさがアップしますよね。「Color Me Book」はそんな思い...