ニートから夢を叶えた「アート界のシンデレラ」。描くのは、呼吸する絵?

斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?

実は…

Daba577d029bb05ee1985508e7ad1c1c954af14f8c0bf9e183d792e95bd3ebe2e503b365ea9666d7A38882962fd78befd423d93e2eaf0dd89caa82c445a26b421e200f80b61dbaef9c23aa22ecebc58f7ded5085d997277e752f6987ff9368d976d799c6

動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗っているんです。

この作品たちは、アレクサ・ミードさんによるもの。フォトショップなどは一切使っていません。この独特の世界観は、3DやVR全盛の今だからこそ、新鮮に映りますね。

アート界に新しい風を吹き込んだ彼女ですが、実はそこに、シンデレラストーリーがあったのです。

もともとは政治関係の
仕事を志望

THE GREAT DISCONTENT」によると、大学で政治学を修め、2008年にはオバマ大統領の選挙キャンペーンでインターンを経験したアレクサさん。将来はワシントンD.C.で働くという目標がありました。しかし2009年大学を卒業する頃には「わたしが本当になりたいのはアーティストだ」と気がつき方向転換。

Af2726aade16e46a567be08573710257d8e76677

実家に戻った彼女は、地下室をスタジオにし、独学で絵を学び始めます。しかし「本当の仕事」ではなかったこと、そして今まで歩んでいた人生とまったく違うコースだったため、悔しい思いもあったのだそう。

しかし「影の上に影を重ねて描いたらどうなるのだろう」という絵に対する興味の方が大きく、トーストや目玉焼きなどの食べ物にペイントし始めます。そして、人で作品を作りたい!と自分や友人を実験台にする日々が。影とハイライトを使うことにより「人を絵にする」ことに成功します。

芸術でごはんを食べていく、と本気で決めた彼女。他の仕事をせず、ニート状態でどうしたらフルタイムのアーティストになれるか、をずっと考え続けていたそう。

そして、1つの解決案に達します。それは、好きなアーティストたちにメールを送り「どうやって今の地位を築いたか」と質問すること。そして、返信があった多くの人たちからいろいろなアドバイスを得たのだとか。すごい行動力ですよね。

8dcec918f1a3a2d6f2e8f94e8fe9a829eb96fd6f

それから1年。
ついに転機が

2010年。大学を卒業して1年が経った頃、誰かが作品と記事をブログに載せたところ、それが一晩で話題に。今やアメリカ国内はもちろん、ロンドン、パリなどでエキシビジョンを行い「TED Talk」にも出演するほど「時の人」に。

7d8cb5648e9c8bcc7bbe826d87c2f236642a6222

作品同様、ユニークな経歴を持つアレクサさん。「CNN」によれば、自身の作品がテクノロジーのトレンドやアート業界の流れと逆行している、と認めているそう。

みんな2Dのイメージから3Dにして何かを作るのに興味があるけれど、わたしはその反対。実際にあるものから平べったいものを作り出していると同時に、テクノロジーも合体させているの」とコメントした彼女。

自分が思ったことに突き進む意思と、さまざまなものを取り入れ活かす、しなやかで柔軟な姿勢。これが成功の秘密なのかもしれません。

Licensed material used with permission by Alexa Meade Art Facebook, Alexa Meade Art Instagram, Dominika Juillet
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
Ramon Bruinの3Dアートは、カラースプレーや絵の具を使うこともたまにあるけれど、ほとんどが鉛筆と色鉛筆のみで描かれている。実際に手を伸ばしたら触...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
2016年に誕生したgaugeが創り出すのは、“あなただけ”のハイヒール。デザインはもとより、長さ、横幅、振り角(カーブ)までもが掛け合わされると、その数...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
どこからどう見ても、水面を泳ぐ金魚。ところが、そこに生きた金魚は存在しない。ならば、リアルな彼らはいったい何なのか?驚くなかれ、これは3Dペインティングに...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
従来のように「画用紙にペン」で絵を描くのと同じようにPCモニタに思いのままにスケッチしていく。今じゃこんなことも当たり前の時代、は数年前から到来していまし...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...