ついに「お絵描き」は3次元の世界へ!

従来のように「画用紙にペン」で絵を描くのと同じようにPCモニタに思いのままにスケッチしていく。今じゃこんなことも当たり前の時代、は数年前から到来していました。だけどまさか、2次元からそれが3次元の世界に移ろうとは。

お絵描きレベルじゃもう納まりきらない、大人もちゃんと楽しめるガジェットがあるんですね。

絵の中に広がる世界に触れる

1c9436bc289f68edcf30a27ac51b7ab03e825500

これまでにも、内装デザインやインテリアの提案などにおいて、CGや3Dパースを用いたものはありました。けれど、もっと日常の場において「絵を描く」ような感覚で考えてみれば、まだまだ2次元が当たり前。

マイクロソフト社が今年10月に発表したSurface Studioは、タッチ&ペンに対応したクリエイター志向の新型Surface。そのアプリのひとつとして登場した「Mental Canvas」が、かなりヤバいんです。 

普通のタッチペン操作で絵を描いていくところまでは同じ。ところが、ひとたび画面をスワイプするだけで…ぐぐぐっ、と自分が描いた絵の中に入り込んでしまう!

と、うまいこと説明するのが難しいのですが、このGIFで動きをチェックすれば言わんとしていることが伝わるはず。

8c87cdac9eaa91ef1bdd5f1835952657621a8b0791ee63a4e40bdb529fa6b0647d72279b4e0a6e0d

どういうことかと言えば、Mental Canvasに2次元で描いた絵が、じつは裏側で自動的に3次元化されていて、描いた絵の中に奥行きが生まれ、“3Dの世界”がつくられている、という感じ。

さまざまな角度から色を塗っていったり、キャンバスに書き足していくことも可能です。

製図や図面を書く専門家たちのためだけでなく、従来のインターフェイスからさらにもう一歩踏み込み、ライトユーザー層でも楽しめる仕様となっている点に好感が持てます。

モニタに置いて使用する
ファンクションダイアル

B4d03f1b2e8718ee3336e85f013b46adf509d3b26519e35c47ee86d501652fcb3e62a61c2e843a45

コンピューター上に絵を描いていくとき、タッチペンを使いながらマウスやキーボードを操作するのは、結構やっかいなもの。だからキーボード・ペンのようなものが開発される訳で。そんなイライラを解消してくれるガジェットも同時にリリース。

手のひらにすっぽり収まる円筒形のダイヤル「Surface Dial」がそれ。これを直接パネルの上に置いて使用するらしいのですが、メニューを表示させたり、カラーパレットから色を選択したり、ツールを変更するのもすべて手元のダイアル操作ひとつ。

左手(もちろん右でも)で操作しながらペンで描いていく作業を見ているだけでも、ストレスフリーな印象が十分すぎるほど伝わってきます。すでにアメリカでは発売が始まっているものの、日本での発売時期は今のところまだ未定のよう。

Sueface Dialを使いながらMental Canvasで描いていく。一連の流れをチェックするには動画がいちばん。ということで、最後に貼っておきますね。

Licensed material used with permission by Mental Canvas
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
旅先や自宅でリラックスする時間などに使用できる「MovieMask」。解像度がVRの4倍もあるパノラマの世界が目の前に広がるらしい。眼鏡をかけたままでも、...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
2015年1月に行われた、米Microsoftのプレス向けイベント。「HoloLens」は、この場で披露され大きな反響を呼んだHMD(ヘッドマウントディス...
猫背が癖になってしまい、貧相に見えると周りから注意されがち…。そんな悩みを解決してくれるかもしれない、姿勢矯正ガジェット「UpRight」を紹介します。1...
1984年のロサンゼルス五輪が思い出される、背負い型のジェットパック。「ついに実用化か!?」というニュースが定期的に話題になりますが、イメージよりもだいぶ...
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、目標金額の27倍もの資金調達に成功した注目度大のガジェット。それが、ここで紹介する「Sleep ...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
「おきらくごくらく!」というセリフ。知っていますか? 25年以上たった今も影響力がある伝説の番組『ウゴウゴ・ルーガ』の生みの親である当時のチーフディレクタ...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
「UFO」という化粧ガジェットは、フェイスパックと同じ効果を発揮してくれて、たったの90秒で顔のケアができるようです。男性へのプレゼントなんかにもアリかも...
毎晩ベッドの中で子どもに読み聞かせる絵本、その重要性をアルベルト・アインシュタインは、こんな言葉で表現しました。子どもに賢くなってほしいと望むならば、おと...
大勢でスマホ内の動画を見たい時や、思い出をシェアしたい時、様々なシチュエーションで大活躍してくれそうなプロジェクターがある。スマホを設置するだけで、壁に映...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
david troquierがスケッチブックに描くのは、スケッチブックのカタチを生かしたマンガです。描かれたものは、命を吹き込まれたように現実世界で、私た...