「AR」とレースができる「ランニング用ガジェット」

9月4日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Ghost Pacer」は、AR機能を搭載したランニング用ガジェットだ。これを着用すれば、ペースメーカーとしてバーチャルイメージを出現させることができる。

バーチャルイメージは、距離速度を入力すれば、自分の目の前に現れる。また、同じコースを走った仲間がいる場合はそのタイムを入れてもOK。スケジュールを合わせることができなくても、時間を超えてランニングで勝負ができるということだ。ソーシャルディスタンスを確保しながら走れると表現してもいいかもしれない。

希望小売価格は399ドル(約4万2000円)。現在は割引価格でプロジェクトを支援できるので、ランニングのクオリティを上げたい人は要チェックだ。

詳しくはコチラから。

 
Top image: © 2020 Ghost Pacer
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
「Allbirds」から新たなランニングシューズ「Wool Dasher Mizzle(ウールダッシャーミズル)」が発売。
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
スポーツテクノロジー企業「FORM」が、AR機能を搭載した水泳用ゴーグル「Form Swim Goggles」を発売。片側にARディスプレイを内蔵したこの...
最近どんどんと女性解放が進んでいるサウジアラビアでは、ランニングやサイクリングなどで使える運動用アバヤが販売されています。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。