革命的!ARディスプレイ搭載の「水泳用ゴーグル」がスゴすぎる……

スポーツテクノロジー企業「FORM」が、AR機能を搭載した水泳用ゴーグル「Form Swim Goggles」を発売。

片側にARディスプレイを内蔵したこのゴーグルを着用すると、スイム中のタイム距離スプリットといった情報をリアルタイムで表示してくれるのだとか。

上下逆でも使用可能なため、左右どちらの目からも情報の取得が可能。バッテリー内蔵で一度の充電で16時間作動する。

「Form Swim Goggles」を生み出した企業の創業者・Dan Eisenhardt氏は元・水泳の選手であり、「泳いでる最中にスプリットタイムを見れたらいいのではないか?」という自身の経験と思いから、この画期的なゴーグルの開発に至ったとのこと。

フィット感と耐久性、そして必要最低限の機能をコンパクトに詰め込むことに見事に成功したこのデバイス。水泳業界にとっての革命だという声も上がるほどの高評価を得ているようで、トップレベルの選手も愛用しているとか。

公式サイトでの販売価格は$199(約2万1000円)。日本への配送もおこなっているので、タイムを削りたい方や自身の泳ぎを数字で見たい方は買うしかない!

© FORM/YouTube
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
実物大の魚を出現させることができる教育系ARアプリ「AR TOUR 〜OCEAN〜」は、Appleの新機能「ARkit3」に対応し、大型アップデート。臨場...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2月に発売された「MOFT多機能キャリーケース」は、「PCスタンド+保護ケース+小物入れ」をひとつにまとめた優れ物。しかも、保護ケースからスタンドへの変身...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。