「シリア内戦」さえポケモンGOのように体感できる時代

昨年「ポケモンGO」ローンチ以来、AR技術はより身近なものになりました。さらに、Appleの「ARKit」が発表されたことを考えると、それは間違いなく僕たちの生活の一部にある、と言えるんじゃないでしょうか。

だって、もうすでにIKEAは家具のレイアウトを試せるアプリを開発。教育分野にだって、影響があると考えられます。

ここでは、未来の歴史教育を示唆するプロジェクトとして、アーティストAsad Malikの取り組みを紹介します。

いるはずのない被害者たちが
“手の届く距離”に現れる

3ca066130cd1a993f498f64dd4888b630d09ddcf

Malikのアートは、AR技術を使って、シリア内戦をよりリアルに体感してもらおうというもの。このプロジェクトには、彼のバックグラウンドが多分に影響していました。

パキスタンで育った彼は、当時の生活を「いつもテロに怯えていた」と語ります。でも、アメリカに移住したときから、違和感を覚えるように。

「可愛いネコのビデオやトランプ大統領をバカにした画像、このマットレスは寝心地がイイと謳う広告が流れるタイムライン。そして、そこに紛れるシリア内戦のニュース。戦争に加担している国なのに何か違う。アメリカに暮らしている人は、どこか遠い国の揉め事くらいの感覚なんだ」

アメリカ社会をこう表現するMalik。「Holograms from Syria」制作のモチベーションはここにあったようです。

映し出されるのは、傷ついた息子を抱える父親や銃を持っている兵士、倒れている子ども。最新技術とまでは言えませんが、非常に強いメッセージ性があります。

9af9274f4b7145ece83b4b277ab9c515b63c8a68550ff401d7ed2c9e7b56f643b214af5a39b21950D2e4c61990db5d35afc92f6c2a34726e079b7131Eef7213671d59160cb90acb5e08702f1b8f1d46d

AR技術で大きく変わる
僕たちの”見る”という感覚

おそらく、Malikのプロジェクトは教育分野に大きな影響を与えるものとなるでしょう。

確かに、彼の言うようにニュースだけでは実感がわかない。だから、このように戦争を“見る(見せる)”ことの重要性もわかる気がします。あの第二次大戦のことさえ、教科書をスマホを通して見ることで、概要を表す文章の代わりに、戦々恐々とした当時の様子を体感できるとしたら…。

必ずしも、リアルを知ることばかりが良い訳ではありません。何をどこまで見せるべきなのかという線引きは必要になるだろうし、全てを知った気になってしまっては本末転倒。それでも、僕たちの“見る”という感覚や考え方、ひいては日常生活を大きく変えることは、間違いないんじゃないでしょうか。

Licensed material used with permission by Asad Malik
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
2011年より続くシリアの内戦は、すでに5年9か月。出口の見えない迷宮のような日々に怯えながら今日を生きる子どもたちがいます。そんな彼らにほんのひとときだ...
2017年10月、シリアの観光ビザがおりたChristian Lindgrenさんは、10日間だけ同国で旅をしました。行った先は、ダマスカス、アレッポ、ホ...
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
シリアの首都ダマスカスにある学校に通っていた、1996年の夏。欧米・アジアの外国人そのものが珍しかったこの頃は、どこへ行っても「日本人か?」のあとに、「ソ...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
街を歩いていると、ポケモンに遭遇。すかさずモンスターボールを投げ、見事にゲット!そんな子どもの頃に夢見ていた世界が、ついに現実のものとなりました。すでに広...
依然として内戦が続く、シリア北部の都市アレッポ。この街に、空爆に怯えながらもTwitterで状況を発信し続けている7歳の少女がいます。彼女の名は、Bana...
既存の地図と位置情報機能、カメラが取り込む情報を使って、スマホの画面に拡張現実(AR)を作りだしてポケモンを探す。すでに総ダウンロード数7,500万件を突...
遠くから迫るジェット音がやがて大きな爆発音に変わると、ストレッチャーを持った男たちが崩れかけた建物の中へと飛び込んでいく。その後を懸命に追っていくカメラは...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
1996年に第一作が発売されて以来、19年間にわたって愛され続けてきた『ポケットモンスター』シリーズ。英語はもちろん、フランス語、ドイツ語など7つの言語で...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...