Uberが自動運転トラックを開発。安全に運ぶのは人だけじゃない

自動運転の技術は日進月歩。いまや自家用車のみならず、自動で動くゴミ収集車から、驚きのスーパーマーケットまで。

ここで紹介したいのは、Uberが進めるトラックの自動運転技術。開発の背景には、彼らならではの想いがありました。

未然に防ぐことのできた
数千件の交通事故

UberのHPによると、アメリカの各都市に運ばれる約70%の物資の輸送は、高速道路を走る長距離トラックの運送が担っているそうです。ただでさえ広い国土、居眠り運転のような、ドライバーの過失による事故が起こってしまうのも事実。

そこに着目したUber、自動運転を導入すればこうしたアクシデントのうち、年間数千件は阻止できたはずと予測しています。その解決策のひとつが、今年6月末に動画で公開された「360度回転して幅広く道路状況を捉えるセンサー」です。他の車や車間距離、車線を認識し、自動運転をサポートしてくれるんだそう。

人だけでなく物も
安全に目的地まで運ぶ

ところで、自動車メーカーでもないUberがどうしてこの技術開発に参入してきたのか、疑問を抱く人もいるはずです。その答えが以下の言葉に表れているように思えませんか?

私たちの仕事は、ヒトを目的地へと送りとどけることでは終わりません。そこからさらに、モノを安全、かつ効率的に運ぶことも視野に入れています

自動運転トラックによる輸送、さらにこの技術を彼らのメインコンテンツである配車サービスへと転用すれば、より便利なタクシーとして、僕たちの生活を変えてくれるに違いありません。

Licensed material used with permission by © 2017 Uber Technologies Inc.

関連する記事

「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
価格競争が激しくなっている現代社会において、安さだけでなく利便性という軸をプラスオンすることで、圧倒的な地位を築いたUber。タクシーとのさらなる差別化を...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
茨城県の境町にて、自動運転バスの運行が開始される。同バスは市内の公共施設を廻るインフラ的な役割を果たすとともに、全国へのサービス拡大のモデルケースとしても...
来夏を目処に、自動車メーカー「HONDA」が高速道路の渋滞時に自動車の運転をシステムに委ねられる高級セダン「レジェンド」の発売を予定。
広い空港内の移動は、迷うし疲れる......。そんな問題を解決すべく自動運転モビリティ「RakuRo」が誕生。行き先をタブレットで指定するだけ!
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
4月20日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、Uberがふたつのサービスをローンチした。小売店から一般家庭への配送を提供する「Ub...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
「ヒュンダイ」が「ヒュンダイ45コンセプト」をベースにしたミニEVのティザー画像と動画を発表した。自動運転も可能な、木材でできたミニカーだ。
「Loomo」は、人工知能やモーションセンサー、自律走行などを搭載しています。クラウドファンディングでは、約6,000万円を集める人気ぶりです。
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
自動配達ロボットの開発を手がける中国のスタートアップ「新石器(Neolix)」と「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」がコラボレーションを実施。そして、...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
ミネソタ州ミネアポリスに暮らすNaCole Schutzさんは、息子さんが学校に行くのにUberを使っていると言います。予定通りにスクールバスが来ないから...
「R2」と呼ばれる自動運転ロボットを活用した「ドミノ・ピザ」の新たなデリバリーサービスが、米・テキサス州ヒューストンで試験的に運用開始。
2月2日、「Uber Techonologies」は「Drizly」をおよそ11億ドル(約1150億円)で買収することを発表した。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
タクシーやライドシェア、便利な宅配サービスなどで知られるUberが、サブスクリプション型の月間パスの試験導入を開始したようだ。Uberが仕掛ける「サブスク...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
12月20日に自身のTwitterで「完全自動運転モード」(FSD)のサブスクを解禁すると発表した「テスラ」代表のイーロン・マスク氏。彼のこの発表から推測...
1月6日、ラスベガスで開催されていた「CES 2020」にて「Uber」と「ヒュンダイ」が「エアタクシー」を共同開発することを発表。