自動運転の「Uber」始動。ポイントは橋の認識らしい(米・ピッツバーグ)

2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボルボのXC90。

いま、ピッツバーグの街でUberのアプリを使うと、ランダムでこの自動運転の車が手配されます(割り振られた人は無料)。年内に100台が投入される予定とのこと。

自動運転だけど
「無人」じゃない

いきなり自動運転のタクシーと言われると、興味よりも不安を持つ人のほうが多いと思いますが、このUberの自動運転タクシーにはちゃんと運転席に人が乗っています。ただし、あくまでも万が一のときのため。つまりは「有人自動運転タクシー」なのです。

いま、Uberのテストカーが道路上の様々な法律や状況判断を学習しながら安全運転で運行をしています。運転席と助手席にはエンジニアが乗り込んでおり、車には何百というカメラ、センサー、レーダーが取り付けられ、ノートPCで記録を取りながらの走行。

道、車線、建物、駐車している車、消火栓、信号機、樹木など、様々な障害物のデータを取り、ピッツバーグの道にあるすべてのものを詳細な地図にまとめているそうです。

そのなかでも、とくに判別が難しいのが「橋」だと言います。ピッツバーグには全部で500もの橋が架けられていますが、Uberの自動運転システムは橋を渡ることができず、このときばかりは自動運転がオフになり、ハンドルは運転手の手に委ねられるとか。

Googleへの挑戦。
完全な無人自動車の
実現を目指す

UberのCEO、トラヴィス・カラニックはこの自動運転システムを開発するために何百人というエンジニアを集結。

また自動運転技術を開発、そして無人トラック計画を進めていた企業「Otto」を買収し、その共同創始者であるアンソニー・レヴァンドウスキーの助力を得ることに成功。レヴァンドウスキーは元々、Googleの自動運転プロジェクトチームのひとりです。また、OttoにはGoogle Mapのリーダーを務めていたライアー・ロンや、Googleロボティクスのクレア・ドロネー、エンジニアのドン・バーネットなど多くの技術者がいました。

ご存知の通り、自動運転の車を開発している企業はUberだけではありません。Googleやテスラモーターズ、フォードなども同様のプロジェクトを進めています。が、いまだ自動運転のサービスを開始した企業はありません。また、Uberが彼らと違う点は車両を独自で開発せず、ボルボや他の自動車メーカーと提携しているところです。

CEOのカラニックは「確実に安全な自動運転技術を開発することで、自動車事故をなくしたい」と語ります。また、ボルボと協力して2021年までに完璧な自動運転の車を開発するために3億ドルの予算を用意している、とも。

ピッツバーグで無人の自動運転タクシーに乗ることができる日は、意外と早くやってくるかもしれません。

Licensed material used with permission by Uber Technologies
他の記事を見る
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
海外ではすっかり身近な存在になってきたUberのタクシーサービス。誰でもドライバーになれるから、いろいろな人との出会いがあります。でも、アプリで颯爽とUb...
「Loomo」は、人工知能やモーションセンサー、自律走行などを搭載しています。クラウドファンディングでは、約6,000万円を集める人気ぶりです。
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
配車アプリのUberが今月大規模なリブランディングを実行。新しいロゴや独自のタイポグラフィやアイコンの開発など本気度が伺えます。
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...