ついに実現!ニューヨークで「自動運転車」が通勤の足になった!

8月6日、ニューヨークのブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」が開発した自動運転車の運行がスタートした。

当面の間は、不測の事態に備え、ソフトウェアのオペレーターやドライバーも乗車するという。自動運転の車は7:00〜22:30の間に決められたルートのみを走行。乗客数は1日500人、1ヵ月1600人以上が想定される。通勤者を中心に利用されることになるようだ。

同エリアの付近に住む人にとっては便利な交通手段となり、運行開始からしばらくの期間は観光スポットとしても注目を浴びそうなこのサービス。ニューヨーク州でこのような取り組みがおこなわれるのは初めてとのことなので、運用が成功すれば今後米国内に広がっていく可能性がある。

Reference: Optimus Ride
Top image: © Optimus Ride 2019
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
11月、ニューヨークのブルックリンにオープンするバー「The PokéBar(ザ・ポケバー)」。テーマは「ポケモン」だ。
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
あこがれの街。
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
ニューヨーク州では、不法移民でも運転免許証の取得ができるようになります。安全性を確保する、というのがひとつの目的なんです。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。