自律走行車Nuro「R2」がカリフォルニアでテスト走行へ

4月7日、日本の「ソフトバンクグループ」も出資している自律走行車のスタートアップ「Nuro」が、アメリカ・カリフォルニア州におけるテスト走行の許可を得たと発表。公道での無人運転が認められたのは、Alphabet傘下の「Waymo」に続き、これで2社目となる。

そもそも「Nuro」は、自律走行車で食料品や医療品を運ぶサービスを提供する予定で、その配送システムはラストワンマイルの問題を解決するともいわれている。

実際に公道を走るのは、「R2」という車両。悪天候に耐えられるのはもちろんのこと、緊急車両のサインを判断する機能などを搭載し、食品の鮮度を保つための温度制御機能も導入されている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、すぐにテスト走行を実施できる状態ではないのだが、「Nuro」が提供するような無人配送サービスの需要が拡大したのは間違いない。収束後のテスト結果とこれからのサービス内容に注目だ。

©Nuro
Top image: © Nuro
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2月29日、ブリティッシュ・エアウェイズがジョン・F・ケネディ空港にて、「自律走行型車イス」を提供すると発表。同日から試験導入も始まっている。
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
9月24日、「テスラ」のCEOイーロン・マスクが、同メーカーの技術を発表するイベント「Battery Day」にて、3年以内に2万5000ドル(約260万...
見た目は靴下のようでいて、靴に劣らずタフで多機能。「Makuake」にて先行販売を開始したシューズ「Skinners2.0」。
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
こんな時代だからこそ紹介したい、イギリスの研究チームにより明らかになった「勤務時間とメンタルヘルスの関係」を示した研究結果。
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
「R2」と呼ばれる自動運転ロボットを活用した「ドミノ・ピザ」の新たなデリバリーサービスが、米・テキサス州ヒューストンで試験的に運用開始。
広い空港内の移動は、迷うし疲れる......。そんな問題を解決すべく自動運転モビリティ「RakuRo」が誕生。行き先をタブレットで指定するだけ!
2020年12月27日、「フォルクスワーゲン」が「ビジョンが現実になりました」という言葉を添えて、ある動画を公開した。約1年前の2019年12月26日に発...
来夏を目処に、自動車メーカー「HONDA」が高速道路の渋滞時に自動車の運転をシステムに委ねられる高級セダン「レジェンド」の発売を予定。
「Loomo」は、人工知能やモーションセンサー、自律走行などを搭載しています。クラウドファンディングでは、約6,000万円を集める人気ぶりです。
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
12月4日、EVメーカー「Aptera Motors」が太陽光発電のみでも走行可能な三輪のEV「Paradigm」と「Paradigm+」の予約受付を開始した。
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
米スタートアップ企業「Skyryse」がヘリコプターの完全自律飛行を実現した。すでに実証実験も成功しており、安全面、実用性の面でも高い成果が期待できる。
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
茨城県の境町にて、自動運転バスの運行が開始される。同バスは市内の公共施設を廻るインフラ的な役割を果たすとともに、全国へのサービス拡大のモデルケースとしても...
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。