「音速のチューブ列車」が、ついにテスト走行!飛行機より速く、電車よりも安い!?

チューブ型列車システム「Hyperloop Alpha」は、テスラモーターズのイーロン・マスクが考案し、2013年にオープンソースとして発表した新しい長距離移動車両のモデルだ。

同システムは、チューブ内の空気を車両前方から吸引し、車両下部へと噴出することで浮上して移動する。車両とチューブは接触せず、リニアモーターを利用しており、最高速度は時速1,287kmを想定している。もし実現すれば乗客は音速の世界を体験することになる。これは、ロサンゼルスからサンフランシスコまでを34分で移動できる驚異的なスピードだ。

さらに屋根に設置された太陽光パネルからエネルギーを得て有効活用することや、既存の高速道路の横にチューブを建設することで、運用や建設にかかるコストを大幅に下げられるという。

85singo_スクリーンショット 2015-06-10 13.25.45

85singo_スクリーンショット 2015-06-10 13.26.01

85singo_スクリーンショット 2015-06-10 13.26.30

85singo_スクリーンショット 2015-06-10 13.28.53

2015年1月、イーロン・マスクは自身のTwitterアカウント上で「Hyperloop Alpha」の建設開始についてコメント。ただし、自身は他プロジェクトの存在のために手を付けることが出来ない。そのため元々オープンソースとして情報を公開していた。

複数の企業が参画を表明しているようだが、その中でもカリフォルニア州のクエイ・バレーにテスト用チューブを建設すると発表しているのが、「Hyperloop Transportation Technologies(HTT)」社だ。2016年には着工を開始し、システムの試験運転を重ね、2018年頃には乗客とともに走らせる予定だとか。

飛行機に勝るスピード、電車よりも安い運賃、天候の影響を受けないチューブの特性。この技術が現実のものになれば、長距離移動に対する概念が変わってしまうはずだ。東京から大阪まで毎日通勤するなんてことも当たり前になるかもしれない。

85singo_1450299_787180731347267_6843652053944675965_n

問題なのは最高速度に達することができる十分な直線距離を保てるかどうか。都市部に駅を設置するのであればどうしてもカーブは必要だ。乗り物酔いの対策も重要になってくる。2013年の「Mashable」のニュースによれば、安全な車間距離は8kmほどで、30秒毎にポッドを打ち出すことができる。まるで、ジェットコースターだ。

今回、カリフォルニアに建設されるテスト走行用のチューブは全長8km。この距離では最高速度を試すことはできないため、まずはテストをクリアした後に徐々に距離を長くしていく必要がある。2016年に行われるテストの結果がどうなるのか、世界中の期待が集まっている。

Reference:Mashable
Licensed material used with permission by Hyperloop Transportation Technologies

電車よりも安い運賃で、音速で移動できると言われているチューブ型列車システム「Hyperloop」の新しい動画が公開されました。知っている人も多いかもしれま...
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けること...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
夢の中の電車は、あなたの社会的な運勢、環境、人間関係を表します。電車は公共機関なので、示すものは仕事や会社、学校などあなたの社会的な関係や立場に関すること...