阪急・阪神・東急でラッピング列車「SDGs トレイン」がスタート

「阪急阪神ホールディングス」「東急グループ」は、9月8日より、持続可能な社会の実現に向けたメッセージを発信するラッピング列車「SDGsトレイン 2020」の運行を開始する。

SDGsの認知向上が目的の本プロジェクト。2020年5月に「阪急阪神ホールディングスグループ サステナビリティ宣言」を発表し、ますますその取り組みを進めようとする阪急阪神と、「持続的なまちづくり」を目指す東急が、東西で協同運行することによって実現した。

阪急・阪神の「未来のゆめ・まち号」の車両外には、人や生き物がよりよい未来へ向かってパレードをするイラストがポップに描かれ、東急の「美しい未来へ号」は、SDGsの理念と同グループが取り組んできた活動を紹介する展覧会をイメージしたデザインに。

どちらも最新の省エネ列車を採用し、使用電力は太陽光水力発電など100%再生可能エネルギーで賄っているという。

乗る機会があれば列車内外に施されたラッピングを見たり読んだりして、SDGsについて考えてみるのもいいかも。

©阪急阪神ホールディングス株式会社
©阪急阪神ホールディングス株式会社

SDGsトレイン2020
【運行期間】2020年9月8日(火)〜2021年9月上旬(予定)
【運行区間】<阪急阪神ホールディングス> SDGsトレイン『未来のゆめ・まち号』阪急電鉄 神戸線・宝塚線・京都線および相互直通区間で運行/阪神電車 本線・阪神なんば線および相互直通区間で運行
<東急グループ> SDGsトレイン『美しい時代へ号』
東急電鉄 東横線・田園都市線・世田谷線および相互直通区間で運行

Top image: © 阪急阪神ホールディングス株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事