南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。

ペルーと聞いてまず思い浮かべるのは「マチュ・ピチュ」。でも、行ったことがない私には、他にどんな観光地があるかと問われると、う〜んと、斜め上を見るしかなくなる。

でもだからこそ、目的地に向かう移動中も現地を堪能できるという、南米初のこの豪華寝台列車「Belmond Andean Explorer」に惹かれてしまったのだ。

五感で楽しむペルー

どうやらこの寝台列車の特徴のひとつは、ペルーの文化を盛り込んだ内装にあるようだ。以下の写真からもそれが伝わってくるはず。

鮮やかな色使いやアルパカウール、どれも国内産の織物が使われている。自然豊かなこの国を喚起させるアイデアは食事にも。アルパカの肉詰めトルテリーニなど、伝統的なメニューもあるらしい。

こちらは列車最後尾に設けられたテラス。乗客同士が交流できるハブをイメージしてつくられたそうだ。

お酒を飲みながらテラスへ出れば、ラテンのリズムに腰が動いてしまうかも。誰よりも早く起きて一人だけのテラスを満喫してみたい。思いきり深呼吸すれば、ペルーの壮大な景色が心の奥底まで染み込んでいくに違いない。

世界遺産やアンデス山脈まで
お得感たっぷりの旅

列車が走るルートは2つ。世界遺産にもなっているクスコからプーノまでや、クスコからチチカカ湖を経てペルー第二の都市アレキパまでのものがある。アンデスの山々を横目に疾走する旅。日本の鉄道旅ともひと味違う、大自然のパノラマが待っている。

夏休み目的地の候補に、今からでも間に合うかも。

Licensed material used with permission by Belmond

関連する記事

丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
ペルーの世界遺産・マチュピチュが11月から観光客の受け入れを再開した。3月の一般公開中止から約8ヵ月ぶり。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
間もなく旬を迎えるアスパラガス。フレッシュなままもいいけれど、もっとおいしい食べ方があるんです。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...