雪?氷?いや、塩だ!白い世界が広がる不思議南米スポット

南米ぺルーのマラス。この地帯は、約6,000年前までは海だったとのこと。それが、地殻変動で隆起してアンデス山脈が生まれ、海は巨大な塩の塊(岩塩)となったようだ。岩塩は、ゆっくりと地下水に溶かされて塩水となり地上に湧き出すのだそう。

この塩水を、段々畑の棚田に引き込み、天日乾燥をして自然塩を採取しているのが「マラスの塩田」。標高3,200mのマラスには、約4,000もの棚田があるようだ。 

気の遠くなるほどの時間をかけて生まれた姿は、絶景そのもの。年間で10万人もの観光客が訪れるというのも頷ける。

山の斜面に広がる
信じられない光景

これらの写真を撮影したのは、「How far from home」という、フォロワー数15万人以上のInstagramアカウントを運営するカップル。

2年間で世界41ヶ国を旅したとふたりにとっても、特別な場所であったようだ。ペルーといえば、マチュ・ピチュの遺跡が有名だが、ここも足を運ぶべきスポットかも。

Licensed material used with permission by How Far From Home
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
南米で初となった豪華寝台列車は、ペルーの世界遺産の街から有名観光地へ、アンデス山脈や谷間などを走り抜けながら大自然を堪能できる。食や内装もペルーに特化して...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...