沖縄本島の、ゼッタイ行きたい「絶景スポット」8選

気持ちのいい季節になってきました!

果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。

ゴールデンウィークはもちろん、夏休みの予定を立てるなら、参考にしてみてくださいね。

01.
波音を聴きながら生命を感じる
「果報バンタ」

うるま市の海中道路を超えた先、宮城島。「ぬちまーす 観光整塩ファクトリー」の敷地奥にあるのが、沖縄屈指の絶景ポイント「果報バンタ(カフウバンタ)」です

島とはいえ車で行けるので、人気が高いスポット。その海の透明度と、高台の島らしい崖の迫力は圧巻! 絶景に感動したら、同じ敷地内にある「三天御座(ミティンウザ)」にも行きたいところ。2011年に見つかった小さな鍾乳洞で、天・地・海の3つの神様が集まる心臓部分だと言われています。人生の帰路に立ったとき、覚悟を決めるエネルギーをいただけるそうです。

ちなみに「ぬちまーす」は、命の塩という意味。大自然から授かる命の尊さとエネルギーを感じながら、果報(=しあわせ)がいっぱいな人生を送りたいものですね。

02.
防風林が美しいトンネルに…
「備瀬のフクギ並木」

美ら海水族館からほど近い、備瀬集落にある「フクギ並木通り」。日差しが差し込む綺麗なトンネルを歩くと、タイムスリップしたような気分になります。そもそもは、海岸線ならではの防風林として備瀬の集落を守り続けてきたもの。水牛車に乗ってのんびり散策することもできます(大人4人2,000円程度)。

2枚目の写真は「ハネクンヤー(具志堅門中の家)」という屋号で呼ばれる、集落内で2番目に古い門中。屋敷の壁の一部は、備瀬のイノーの砂岩で100年以上前に作られたものだそうです。

フクギは樹齢300年に及ぶものもあるそうで、沖縄の歴史に思いを馳せながら癒されたいものです。

屋号:本土の家名のようなもの。
門中:系譜的な先祖を1つにしている集団のこと。
イノー:サンゴ礁に囲まれた浅い海のこと。

03.
恋の島へとつづく
「古宇利大橋」

那覇空港から、約1時間30分。

名護市の屋我地島から、今帰仁村の古宇利島へとつづく絶景スポットが「古宇利大橋(コウリオオハシ)」です。長さは1.96kmで、2005年に開通して以来、クルマで行ける離島のひとつになりました。まるで、エメラルドグリーンの海の上をドライブしているような感覚になれるこの光景は、沖縄本島でも随一。

古宇利島には、アダムとイブのような伝承も残っていて、「恋島(クイジマ)」が語源になっているという説も。 

また、このエリアでは「大堂原貝塚(ウフドウバルカイヅカ)」という遺跡も発掘されていて、縄文時代早期(約6500年前)から古墳時代(約1400年前)までの遺構や遺物が見つかったそうです。名護市教育委員会によれば、「沖縄の先史時代を知る上での貴重な資料が得られています」とのこと。

【特集】沖縄で過ごす、ディープな1日
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
「クワンソウ」という伝統野菜から作るお茶には、寝つきが良くないときに飲むと、不思議と安眠が得られるとして沖縄では古く琉球王朝時代から飲まれていた。現在も今...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素となる太陽やサンゴ礁...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...