刻々と表情を変える不思議な沼 福島・裏磐梯「五色沼」

福島県・裏磐梯(うらばんだい)。ここに絶景スポットのひとつ「五色沼」があります。磐梯山の噴火により、火山性の水質が流入したこの湖は、季節や時間、天候、見る角度によってさまざまな色合いに変化し、訪れる人たちを魅了します。

一日として、
同じ色には出会えない

磐梯山の噴火によって、大小約300の湖沼ができたと言われている裏磐梯。なかでもこの五色湖周辺は、四季を通して、また朝夕でも繊細に表情を変える水色が人気。その名の通り5色、いえそれ以上の色合いに変化し続ける不思議な湖沼なのであります。

ところで、この「五色沼」という名前。じつは桧原湖南東に点在する十数個の湖沼を総称しての呼び名でもあります。五色沼で最大の「毘沙門沼」。コバルト色の水面に、荒々しい磐梯山の火口壁がくっきり浮かび上がることも。沼に覆いかぶさるように生息するイタヤカエデ、ハウチワカエデが真紅に色づく晩秋、水面を真っ赤に染め上げることからその名がついた「赤沼」。このほか、「瑠璃沼」「弁天沼」「柳沼」「青沼」「深泥(みどろ)沼」と、水面の美しさを配した名前で親しまれています。

磐梯山噴火がもたらした
“奇跡の水色”

さて、それぞれの沼の色が異なる理由は、磐梯山が噴火した際の鉱物質の溶け込み方が、沼ごとに微妙に違うから。水中の微粒子の大きによって、これだけ色の変化を見せてくれるようなのです。

遊覧ボート乗り場もある「毘沙門沼」は、観光客が最も多く集まる人気スポット。

Photo by webmat59

湖面がくっきり見えるほどに澄んだ水。まるで鯉たちが宙に浮いているようですね。ところで、この毘沙門池には「出会えば恋が成就する」と言われる、お腹に♡のマークを持つ白い鯉がいるんだそう。

もみじ嵐の木々と刻々変化する水面とのコントラスト。やっぱり、一番の見どころは紅葉の時期でしょうね。

寒く厳しい会津の冬。山々を白く染め上げる雪の日、湖沼は群青色に。

2016年1月下旬の猛烈な寒波の影響で、五色沼は現在ほぼ凍結中の様子。雪解けのシーズンが待ち遠しいですね。

Licensed material used with permission by teccchyan, keichan1957, josolena, webmat59, yuji.ogasawara, onikuinochi

関連する記事

福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
シティサイクルブランド「マルキン自転車」90年目の歴史を象徴する実用自転車「ニューマルキン号」
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
福島県会津若松市の老舗和菓子店・本家長門屋の「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」は、絵も味も切る場所で変化します。東日本大震災の風評...
福島県南会津郡に位置する大内宿は、かつて会津若松と日光・今市を結ぶ南山通りの宿駅のひとつとして栄えた宿場町。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定される...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
福島県の鉄道林の間伐材から抽出された成分を原材料にした、天然由来100%の生分解性を備えたバイオプラスチックタンブラーが今月中旬から限定販売。
全国には、アナタの知らない「ご当地ヨーグルト」がたくさん!
「お酒というカジュアルな接点から、今なお続く社会課題に思いを馳せるきっかけをつくりたい」。そんなコンセプトで、東日本大震災による避難で人口が一時ゼロになっ...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
どうです、このはみ出んばかりのキャベツ。これでもか!とばかりに大量の千切りキャベツを挟んだご存知「沼サン」。最近話題ですよね。アレンジ自在の手作りボリュー...
2020年に開業した国内おすすめスポットをまとめて紹介。ヒルトン初の沖縄ビーチリゾートや、世界最大のアスレチックなど、家族で訪れたい最新スポット厳選5つ。
「Airbnb」が国内の人気旅行先を発表。長野県の「白馬村」や栃木県の「那須高原」、静岡県「熱海」や、千葉県の「茂原」など、新型コロナウイルス流行下ならで...
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
鹿児島県の離島が美しい4K動画。「超絶景動画」と評判を呼んだ作品。リズミカルな音楽とともに、コバルトブルーの海や、原生林が広がる山など、離島ならではの風景...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。