日本人の色彩感覚にたちかえる、東北6県の「花鳥風月」

天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「秋の東北を訪れてみたい」、こう感じているのかもしれません。

真冬に公開したにもかかわらず、わずか1週間で再生回数が800万回に達した『Autumn Colors in Tohoku』を目にしたとき、さながら万華鏡をのぞき込んでいるような、多彩な自然の色に最初に目がいきました。

ああ、万華鏡のような
「東北の秋」の多彩さよ

※字幕をONにすると、撮影地が表示されます。

四季折々、自然のみせる豊かな表情に趣を見出すことで、この国特有の美意識がゆっくり時間をかけて醸造されていきました。いにしえの人々が詠んだ詩歌や文学のいたるところに、花鳥風月は登場します。一瞬のきらめきも、繊細な情景も、きちんと言葉に置き換えることで、さまざまな伝統色(和色)が生まれました。

たとえば薄い青と紫の中間色、これを「薄い青紫色」といってしまえばそれまで。でもそれを秋の山野に自生するりんどうの花の名前になぞらえて色とすることで、情趣を味わってきたのではないでしょうか。

そこで、ここでは動画に登場するいくつかの景勝地を伝統色になぞらえて紹介したいと思います。自然のたたずまいを美しい色の名前で表現した、大和(やまと)心に思いを巡らせながらもう一度動画を見てみれば、東北の秋の鮮やかさに改めて驚かされることでしょう。

龍胆色(りんどういろ)

松島・宮城県

深支子(こきくちなし)

八甲田山・青森県

天鵞絨(びろーど)

山寺・山形県

藍墨茶(あいすみちゃ)

厳美渓・岩手県

常盤(ときわ)

抱返り渓谷・秋田県

猩々緋(しょうじょうひ)

夏井川渓谷・福島県

鶸萌黄(ひわもえぎ)

新宮熊野神社・福島県

東日本大震災から6年、全国的なインバウンド急増の流れから、いまだ東北の観光は大きく遅れているといいます。それゆえ観光庁は2016年を「東北観光復興元年」として、さまざまなプロモーションを展開してきました。

東北6県と東北観光推進機構の共同事業として製作されたこの動画が、世界へ向けて発信されたことの意味は、決して小さくはないはずです。

Licensed material used with permission by TOHOKU JAPAN

関連する記事

岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だ...
「Teva」がインスタントカメラブランド「Polaroid」と初のコラボ。今月6日(木)からTeva公式オンラインストアで2つのモデルを発売している。
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
秋田県北東部、青森・岩手の県境に接する鹿角市(かづのし)。かつては鉱山によって栄えた過去を持ち、現在はきりたんぽ発祥の地とされている。「“たんぽ”は、家で...
都内からも近く、ご当地グルメもたくさんあり、自然溢れる観光資源に恵まれた街「山梨県」の魅力をお届けします!
ふたを開けた瞬間ワインの香りが楽しめる、大人味のプリンが登場。
秋田の「いぶりがっこ」は、簡単に言えば燻った大根。「がっこ」とは秋田の方言で漬物のことで、秋田県南部では古くから「いぶり漬け」と呼ばれ愛されてきました。こ...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
「あけがらし」は、山形県長井市の老舗醸造所の「山一醤油」の女性だけに製法が伝わる、秘伝の食べ物。かつては男衆に見つからないよう、みなが寝静まった深夜に一族...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
世界的建築家・坂茂(ばん しげる)氏が設計を担った「SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE(山形県鶴岡市)」にサウナが新設。
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
世界中が注目する次世代型移動サービス「MaaS(Mobility as a Service)」。この社会実装の第一歩として、今月1日より、移動型のシェアリ...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...