「パンツで人々を覚醒させる」を、最先端の田舎・宮城県丸森町から

数ヶ月前のこと。「高野真一さんは楽しんでいます」の表示とともに友人(26歳、※以下高野さん)のFacebook投稿が流れてきました。内容は退職、移住、会社設立といったもの。こんな人生の転機に「楽しんでいます」とは?というのが率直な感想でしたが、投稿内容を読んでいると、心から楽しんでいそうなのは本当でした。

大阪で働いていた高野さん(出身は京都)の移住先は、宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。そこで、赤いパンツを作るんだとか……どゆことっ!?

まるまるまるもりプロジェクト
とやらに加わったらしい。

まず、高野さんが移住した宮城県丸森町は、写真で見るとこんな感じ。
自然豊かな、のどかなまち(田舎)です。

© MARUMORI CULASTA

そして、高野さんが隊員として加わったのが、丸森町で2017年に発足した「まるまるまるもりプロジェクト」。ひと言で表すと、丸森から世界をより良くしようというものなのですが、もう少しちゃんと説明します。

森林に覆われた丸森町は、自然や環境だけではなく、文化的生活を営んできた歴史背景や自然と共存しながら発展を目指してきた考え方などが北欧とよく似ているんだそうです。そこで、丸森町は、北欧における循環型メソッドを参考にして、「丸くする」を大切にした起業家募集プロジェクトを立ち上げました。

「磨いて、丸くする。」
新しい価値を外から取り入れるのではなく、自分のやりたいことや、やれることを見つめ、自分の中にもともとある本質を磨く。

「繋げて、丸くする。」
人や資源がそれぞれで完結するのではなく、互いに良いところを連携させることで、新しいビジネスの可能性を生む。

「広げて、丸くする。」
丸森だけでなく、東北各地の良いところを、認め合うだけでなく組み合わせることで、新たなライフスタイル文化を広げる。

これらを踏まえて、宮城県丸森町から起業家を育て、世界に通用する事業を創造しようというわけなのです。

© 2018 MARUMORI TOWN
丸森には、猫を神として大切にする文化も。猫を型どった猫碑が町中に点在する

「まるまるまるもりプロジェクト」では、町が、起業希望者を地域おこし協力隊として採用し、ベーシックインカムとして月々20万円を支給。さらに、丸森町商工観光課や、東北を中心に起業家支援事業を行っている「一般社団法人MAKOTO」、クリエイティブエージェンシーの「株式会社ラナエクストラクティブ」が事業をバックアップ。

本当にやりたいことにチャレンジしながらお金をもらえて、しかも助っ人もいるって、最高ですね……(もちろん大変なことが多いのは重々承知しています)。

ということで、現在丸森町では、5人の起業家たちが世界を見据えて奮闘しています(活動記録はコチラから)。

で、赤パンツとは…?

見てください!!
この神々しいパンツ。

(※先に言っておきますと、決してふざけているわけではありません)

© 2018 Zamila Inc.

何を隠そう、これが、高野さんが丸森町から届けようとしているパンツです。しかも、扱うアイテムは赤パンツ一本!

この、こだわりがありすぎる赤パンツを世界に広めるべく、勤めていたデジタルマーケティング会社を退職。経営コンサルとして働いていた幼馴染とともに丸森町に移住、そして会社を設立したんだといいます。ビジョンはパンツを介して人々を覚醒させること。

……!?(だいぶ尖ってますね?)

© 2018 Zamila Inc.
左から丸森町地域おこし隊の豊田さん、高野さん


せっかくなので、いくつかこだわりポイントを紹介します。

1、格式が高いとされる濃い赤を使用
赤には情熱や勝利のイメージがあり、イベント時などに好んで赤いパンツを穿く人が多いんだそう。たしかに、色々な芸能人が「赤パンツしか穿かない」などと公言していますね。

2、史上初!?前も後ろもどっちも前向き
「いつでも前向きになれるように」ということで、前と後ろが同じデザインになっています。前後がないので、毎日5秒の時間短縮になるそうです(笑)。

3、ウエストゴムがない
体を締め付けるウエストゴムをなくした上で、超伸縮性素材を使用。フリーサイズでS〜XL相当サイズに対応しているんだそうです。プレゼントの面から考えても、サイズのことを心配する必要がなくなるので画期的です。

4、マチ(股の内側)にメッセージが入っている
普通はウエストゴム部分にあるロゴを、メッセージとしてユーザーだけに見えるところに配置。入っている文字は、ラテン語の「memento mori(死を想う)」「memento vivere(生を想う)」で、これはスティーブ・ジョブズも意識していたとされる言葉です。“時間には限りがある”というメッセージ性があり、パフォーマンスをあげる目的も。トイレに行くたびにメッセージが見える仕掛けになっています。

© 2018 Zamila Inc.
メッセージには180°回転させても読める、自社開発の特殊文字を採用

本当はまだまだ語りつくせないほどあるのですが(パンツについて1時間プレゼンしてもらいました)、一旦ここまでで。

© 2018 Zamila Inc.

プロジェクトの管理やプレス発表会などの準備は商工観光課が、そして事業面に関しては「一般社団法人MAKOTO」からアドバイスをもらいながら……という風に、丸森町が町をあげて、このパンツ事業を応援しています。だから、タグには恩返しの意味も込めて「Designed in Marumori 」の文字を入れているんだそうです。

「最先端」がキーワードだった

© MARUMORI CULASTA

高野さんが移住してすぐのころに共有してくれた想いがこれ(原文ママ)。

僕たちの挑戦を応援してくれる町がある。宮城県最南端の丸森町。

僕は自分の商品を世界中に届けたい。そんな想いを持っていた。

丸森町は「丸森から世界に通用する事業を創造する」って言ってた。見事に合致。すごい。田舎から世界を目指すって超クールである。東京から世界をなんて、ありきたりだ。人がしないことをしたい僕にとってはぴったりの場所だ。

だから僕は豊田(幼馴染)を誘って丸森町にきた。豊田なんて、丸森町に行くことが決まる前から船井総研をやめてた。

日本の地方には課題が山積み。若者が少ない、起業率が低い、若者が就きたい仕事が少ない。色々。僕は、丸森町から世界に通用するイケてる事業を起こし、大成功することで、地方に移住する流れを作りたい。別に地方に永住するのがいいってことではなく、起業するにおいて、固定費を下げるとか、集中しやすいとか、いろんな理由で地方に行くっていうのは選択肢になるってこと、地方から世界的企業を作れることを世の中に提示したい。

これがすべてです。


丸森町との縁が繋がったのは「最先端」というキーワードがきっかけだったといいます。Googleアラートを使って情報収集をしていた時に「最先端」というワードで引っかかってきたのが丸森町。これをきっかけに「まるまるまるもりプロジェクト」のことを知り、丸森の地を選んだんだそう。

縁もゆかりもない場所だったけれど、今では近所の人たちや他の地域おこし協力隊のメンバーとも溶け込み、すっかり町の一員に。起業サポート面はもちろんですが、生活面のサポートも手厚いとかで、町から紹介してもらった家は庭付きの8LDKの一軒家で家賃は月5万円。さらには、車はご近所さんからのもらい物。

「環境を整えて応援してくれる町のみなさんには、感謝しかない。だからこそ、一層がんばって“丸森”の名前とともにパンツを広げていきたい」

町のみなさんに応援されながら、二人の挑戦はまだまだ続きます。

ちなみに、赤パンツ専門店「ザミラ」のWEBサイトはこちら。
(公開はしてるけど、もう少しナイスにする予定!とのこと)
https://www.zamila.jp/

Top image: © 2018 Zamila Inc.

関連する記事

ライスワイン「LUCE」は、宮城県名取市閖上地区にある「佐々木酒造店」と宮城県丸森町を拠点とする「地域商社GM7」が、震災、台風など幾多の災害を乗り越え、...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
埼玉にある「ときがわ」という場所は聞いたことあっても、実際どこにあるのかは埼玉県民でも知らない人が多いそうです。でも、古民家での田舎暮らし希望者となると話...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
噂には聞いていたし、気にはなっていたんです。世界有数のオーガニックタウン、小川町(おがわまち)。そんな小川町に、最近新たにオーガニックコーヒーが飲めるカフ...
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
「パンツ」って、値段も大きさも、使い勝手的にもプレゼントにモッテコイだと思いませんか?なぜか「ちょっと変なもの」をもらっても、嬉しくなっちゃうのもいいとこ...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
月刊誌『田舎暮らしの本』2月号(宝島社)で、「2021年版第9回 住みたい田舎ベストランキング」が発表。「大きな市」では愛媛県西条市、「小さな市」では大分...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
「ないものはない」という自虐的にも、それが価値ともとれるキャッチコピーで、地方創生を実現させた島根県隠岐諸島の海士町に、2020年7月、新たな複合型宿泊施...
「忘れかけてた 恋しい景色 小さな手を握りしめて 行こう 帰ろう」。そんな優しい歌とともに始まる、秋田県を題材にした動画をご紹介。切り取られたのは、家族で...
「はなれ」は、徳島県那珂町木頭地区という「木頭ゆず」が特産の地域にあるゲストハウス。中野みね子さんは、アマチュアカメラマンだった夫・中野健吉さんの「したい...
宮城県気仙沼市が世界に誇るジーンズブランド・オイカワデニムの「SHIRO…0819 トートバッグ」が、藤巻百貨店から3月2日に発売。外側ポケットの口のパイ...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
決して、とんでもない“ダメージ”をくらうわけではありません。が、地味にテンションが下がる「液だれ」。テーブルは汚れるし、なんだか次に使う人に対しても申し訳...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...