デートも女子旅も、お散歩観光が楽しい「愛知・犬山」

愛知県犬山市は、そびえ立つ古城が名所の中心である一方、近年はその周りにおしゃれなお店など多様な価値観が出現した。すると面白いことに、歴史コンテンツがまた改めて魅力を再燃させ、観光地としての人気が不動のものになった。

女子旅でもデート旅行でも、仲のいい誰かと一緒に “お散歩観光” するのが楽しい街、犬山城エリアをご紹介しよう。

若いファンも増えている
「国宝犬山城」

5995025846501376
© janken/Shutterstock.com

日本最古の天守閣があるのは、愛知県犬山市の「犬山城」だ。ここは日本の国宝にも指定されている。

織田信長の叔父にあたる織田信康が建てたのが1537年(天文6年)。2018年からさかのぼると、481年も前のことだ。戦の時代を生き抜き、何代にも渡って代わる城主に修復されながら、現在でも当時の姿を残している。

武士たちに感情を重ねられる
「お城見学」のおもしろさ

最近は若い世代のお城ファンも増えているが、もしもあなたが、古城見学をコアな歴史ファンやシニア向けだけの観光コンテンツだと思っているとしたら、実にもったいない。

特に、犬山城のように当時の姿を出来る限り残しながら保存されているお城は、外から見上げたときの壮大さはもちろん、中に入った瞬間から、不思議なほどに先人たちへの敬意がこみ上げてくる。ぜひ、あの独特な感動を味わってみてほしい。

インターネットはおろか、計算機も、クレーン車も、コンクリートだってない時代に、こんなに巨大で頑丈なものを建てていたことを城の中で想像すると、「昔のひとたちは本当にすごい」という気持ちになり、どんどん上階に登ってみたくなる。

城の窓から外をのぞくと、戦国の武士たちも同じ山を眺めていたのだろうと感じるし、敵が攻めてきたときのためにある石落としなど、交戦の備えがそこかしこにある城内の緊張感を感じると、この場所に立っていた武士たちについ感情を重ねてしまう。

天守からの景色は見逃せない

そしてやはり犬山城に行ったら、天守まで登りたい。急で狭い階段に頭をぶつけるかもしれないが、天守からの眺めは、いわば城見学のハイライトだ。

殿様はこの窓から天下泰平を願ったのだろうか、なんて妄想も膨らませながら、犬山の街を見おろしてみよう。もう昔のような戦がなくなった今の幸せと、先人たちへの感謝が込み上げてくる。

6040925423796224
©2018 やなぎさわ まどか

「国宝 犬山城」

住所:愛知県犬山市犬山北古券65-2
TEL:0568-61-1711(犬山城管理事務所)
営業時間:9:00〜17:00(入場は16:30まで ※ペット入場不可)
定休日:12月29日〜31日
公式HP:http://inuyama-castle.jp/

ハート型の絵馬が人気の
「三光稲荷神社」

6016283720024064
©2018 やなぎさわ まどか

大量に並んだピンクのハート型は、「三光稲荷(さんこういなり)神社」の絵馬だ。

三光稲荷神社は1586年(天正14年)に建てられた古い歴史のある神社で、現在の場所には1964年(昭和39年)に移築された。

すぐそばにある日本最古の城「国宝犬山城」を建設した織田信康が信仰し通っていた神社といわれ、天下泰平や五穀豊穣を願ったとされている。

犬山城は現代までの長い歴史のなかで何度も城主が代わってきたが、代々みんな商売繁昌や交通安全といった祈願を寄せているそうだ。

「倍返し」だけじゃない
たくさんの神様がここに

多くの願いが寄せられてきた理由は、ここにたくさんの神様が祀られていることにある。

お金を洗うと倍返しが起こるとされる銭洗い(ぜにあらい)稲荷神社や、日本書紀でおなじみ開運の神、猿田(さるたひこ)神社、そして恋愛成就の神様、姫亀(ひめき)神社。

姫亀は日本神話に出てくる、天岩戸(あまのいわと)で舞を踊った天鈿女命(あめのうずめ)と同一の女神だそうで、のちに猿田彦大神と出会って夫婦になった女性。そのため、ここで祈願すると恋愛パワーが上がり、良縁、家内円満、夫婦和合をもたらすといわれるようになった。

三光稲荷神社で
人生を豊かにする

というわけで、派手なピンクのハートに目を奪われがちだが、実は縁結びだけでなく、地域の治安、田畑の豊作、さらに商売も交通安全もと、つまりは人生を豊かにするほぼすべての願いが叶う神社だったのだ。

まずは犬山で、自分が本当に叶えたいことは何か、と心に問うてみるのはどうだろう。

5948053735342080
©2018 やなぎさわ まどか

「三光稲荷神社」

住所:愛知県犬山市犬山北古券41-1
TEL:0568-61-0702

Top image: © field Tree/Shutterstock.com
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
季節のフルーツ、それも地元産を使ったカラフルで見た目もかわいい「アレンジドリンク」。国宝「犬山城」をいだく愛知県犬山市。現存する日本最古の天守閣と、歴史を...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
飫肥(おび)は、宮崎県南部の日南市に位置する、かつての城下町。1977年(昭和52年)に伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に選ばれ、昨年で40周年を迎えた...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
かつては5万1千石を誇った藩の中心、城下町「飫肥(おび)」。侍と商人たちが活気溢れる毎日を過ごしていたんだろうなぁ、と想いを馳せながら取材してきました。そ...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
「手羽先の唐揚げ」は油でカリッと揚げたあと、甘辛い秘伝のタレとスパイス、ゴマを振っていただきます。皮のパリっとした食感とジューシーな肉のうま味、さらにゴマ...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
愛知県・瀬戸市の魅力を短期集中的に味わうなら、ビッグイベントへ。例えば、毎年11月上旬に開かれる「ゆるり秋の窯めぐり」では、普段見ることのできない窯元が開...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。