ストックホルムで空中散歩。旧市街観光は屋根の上から!

「Roof Top Tours(屋根上ツアー)」を知っていますか?映画や漫画に出てくるような「屋根の上」で繰り広げられる様々なシーンに憧れている人は意外に多いのではないでしょうか。しかも、その場所が『魔女の宅急便』の舞台にもなったスウェーデンの首都「ストックホルム」と聞けば、興味が湧かないわけありません。

絶景を見ながら
「水の都」の歴史を学ぶ

B8e797efe5fbbe9fd98abb835c99b78ae335ed20

スウェーデンのツアー会社「Takvandring」が企画しているのは、なんとストックホルムの歴史について、屋根の上を歩きながら学べるガイドツアー。ストックホルムは「水の都」や「北のヴェニス」と呼ばれることも多く、世界で最も美しい街のひとつとして数えられるほどの景観。これには胸が高鳴ります。

しかし、勘違いしてはいけないのが、エクストリームな冒険などではなく、れっきとした観光になっているという点。

8f1453c495bbe5efc62813f43892a8460b5fe27fA60651d671ec5f34b69f0dbc411880e19072afaa

ストックホルムの代名詞とも言える「旧市街」からもほど近い、旧国会議事堂の屋上から屋根に到着。その高さ、約43m。ここから、約1時間15分の空中散歩が始まります。

足場や命綱もある
安心のガイドツアー

Ec8a5bbfe72779c9ad41568402b865b64ea7a79a157bafdaa3e22eff443a1e52f971883e4d68b432F7b0792554876f7ef1ffa83b054aed7c03073a16

屋根上ツアーのなかには、ストックホルム最古の教会とも言われる「リッダルホルム」も登場。かなりとがった塔が特徴的で、外観も内観も美しさに定評のある観光スポットです。高所恐怖症の人には、ちょっと刺激が強いかも…。

ちなみにしっかり足場も用意されていて、命綱でつながっているのでご安心を!

64138b6ca2953f7870c386c737816eeb42c8758a

時にはこんな天気の時もあり(笑)。足元がツルンといきそうで心配ですが、安全面はしっかり確保されているとのこと。

これぞ高みの見物!?
最高の思い出になるはず

22339f4a42e7c7fa44ec34b8bee09de20b28549f

普通に街を歩いているだけでは味わえない「屋根の上」からのストックホルム。料金は595クローナ(約8,000円)。一生に一度は、こんな経験してみたい!?

Licensed material used with permission by Takvandring, (Facebook)
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
ふとした瞬間でも、なんとなくスマホを手に取り、SNSやネットサーフィンをしてしまうもの。そして、このインターネットのデータを管理するサーバは、大きな熱量を...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
“アドリア海の真珠”と謳われる、ドブロブニクの旧市街。クロアチアを訪れる観光客の最大の目的地がここだろう。でもここはイストリア半島西岸に位置する小さな漁港...
スウェーデンといえば、洗練された建築デザインで知られている。しかし、今回紹介するのは、ちょっと変わり種。場所は、首都ストックホルムのアーランダ空港。その敷...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
エッフェル塔や自由の女神、マチュピチュなどの世界的に有名な観光地は、よくInstagramに投稿されています。だけど、「それって同じものばかりじゃない?」...
旧市街、新市街、そしてアジア側と、広域にわたり点在するイスタンブールの観光スポットを効率よく回るのに、便利な交通手段がトラム(Tramvay)だ。現地に暮...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
ジョージア(旧グルジア)とロシアの国境をまたぐ、コーカサス山脈に位置するGudauri山は、隣国からスキーリゾート客が訪れる冬場の観光地らしい。この山の中...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
これまでにも、さまざまな国の変わったお家や意外な場所にある建物を見てきた。例えば、巨大な岩の上や断崖絶壁に建てられたもの。でもそのほとんどは、何か硬いもの...
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...