ストックホルムで空中散歩。旧市街観光は屋根の上から!

「Roof Top Tours(屋根上ツアー)」を知っていますか?映画や漫画に出てくるような「屋根の上」で繰り広げられる様々なシーンに憧れている人は意外に多いのではないでしょうか。しかも、その場所が『魔女の宅急便』の舞台にもなったスウェーデンの首都「ストックホルム」と聞けば、興味が湧かないわけありません。

絶景を見ながら
「水の都」の歴史を学ぶ

スウェーデンのツアー会社「Takvandring」が企画しているのは、なんとストックホルムの歴史について、屋根の上を歩きながら学べるガイドツアー。ストックホルムは「水の都」や「北のヴェニス」と呼ばれることも多く、世界で最も美しい街のひとつとして数えられるほどの景観。これには胸が高鳴ります。

しかし、勘違いしてはいけないのが、エクストリームな冒険などではなく、れっきとした観光になっているという点。

ストックホルムの代名詞とも言える「旧市街」からもほど近い、旧国会議事堂の屋上から屋根に到着。その高さ、約43m。ここから、約1時間15分の空中散歩が始まります。

足場や命綱もある
安心のガイドツアー

屋根上ツアーのなかには、ストックホルム最古の教会とも言われる「リッダルホルム」も登場。かなりとがった塔が特徴的で、外観も内観も美しさに定評のある観光スポットです。高所恐怖症の人には、ちょっと刺激が強いかも…。

ちなみにしっかり足場も用意されていて、命綱でつながっているのでご安心を!

時にはこんな天気の時もあり(笑)。足元がツルンといきそうで心配ですが、安全面はしっかり確保されているとのこと。

これぞ高みの見物!?
最高の思い出になるはず

普通に街を歩いているだけでは味わえない「屋根の上」からのストックホルム。料金は595クローナ(約8,000円)。一生に一度は、こんな経験してみたい!?

Licensed material used with permission by Takvandring, (Facebook)
他の記事を見る
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
愛知県犬山市は、そびえ立つ古城が名所の中心である一方、近年はその周りにおしゃれなお店など多様な価値観が出現した。すると面白いことに、歴史コンテンツがまた改...
ふとした瞬間でも、なんとなくスマホを手に取り、SNSやネットサーフィンをしてしまうもの。そして、このインターネットのデータを管理するサーバは、大きな熱量を...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
スウェーデンといえば、洗練された建築デザインで知られている。しかし、今回紹介するのは、ちょっと変わり種。場所は、首都ストックホルムのアーランダ空港。その敷...
“アドリア海の真珠”と謳われる、ドブロブニクの旧市街。クロアチアを訪れる観光客の最大の目的地がここだろう。でもここはイストリア半島西岸に位置する小さな漁港...
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...