世界遺産「級」の日常。クロアチア西部の港町。

“アドリア海の真珠”と謳われる、ドブロブニク旧市街。クロアチアを訪れる観光客の最大の目的地だろう。でもここは、イストリア半島西岸に位置する小さな漁港ロヴィニ。イタリア人共同体があり、多くのイタリア人が暮らすのどかな港町だ。

入り組んだ市内にひとたび足を踏み入れれば、石畳の続く路地に迷い込んでしまう。でも、なぜだかそれも心地いい。

“知らないはずの日常”が、潮っぽい風とともに地肌を撫でていった。

「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。その市街地を抜けた先...
新潟県の佐渡島は「史跡 佐渡金銀山」で知られていますが、実は産業遺産も充実しています。しかも歩いて行ける範囲内に集中しているので、巡りやすいことも大きな魅...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
ポーランドの古都クラクフの地下にあるのは、街の歴史を紹介する「クラクフ地下博物館」。世界遺産の旧市街「クラクフ歴史地区」の中央市場広場の地下4メートルのと...
ハンガリー出身のフォトグラファーTamas Toth氏。彼がクロアチアで撮影した写真は、この世のものとは思えないほどに神秘的だ。撮影場所は、クロアチア最大...
インド考古調査局は、ユネスコ世界遺産の「タージ・マハル」の入場者に利用時間の「超過料金」を求めると発表。2018年4月に決めた、一人3時間までとする入場ル...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...
ポルトガルの首都リスボンからバスで約1時間の港町セトゥーバルにある、世界1位のゲストハウス「RM Guest House - The Experience...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
気球は空を高く飛ぶもの。そんな固定概念を覆すある試みがクロアチアで行われ、話題になっている。その名も、「地球内部への旅」。史上初めて、熱気球が洞窟の中に入...
世界遺産の上賀茂神社には、神によってもたらされた名水が流れています。その名前は「神山湧水(こうやまゆうすい)」。手水にも使われるこの名水を使ったオリジナル...
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...