中国を世界自然遺産ランキングで一位に押し上げた「梵淨山」

今夏、新たに世界自然遺産登録された梵浄山。中国・貴州省の武陵山脈の主峰であるその場所は、「動植物遺伝子バンク」とも呼ばれ、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっています。

梵浄山が登録されたことにより、中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数で最多に。

中国と言ったら、北京や上海などの大都市やパンダ、中華料理というイメージが先行しがちだけれど、自然を軸にした旅をしてみるのもおもしろそう。

Top image: © Tian Ye/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
3月15日、RADWIMPSは新曲『Light the Light』を発表し話題となっている。世界的に広がりをみせるコロナウイルスの影響で苦しみ、不安を抱...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
外食が途絶え、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となった今春。これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェ...
「東洋のベネチア」と形容される中国の蘇州市に新たにオープンした「Loong Swim Club」。子どもから大人まで楽しめる空間をとの想いが存分に込められ...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
航空業界調査・格付け会社「SKYTRAX」が、世界の空港ランキング「世界ベスト空港2020(World’s Best Airport in 2020)」を発表。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
福岡「オカモト商店」の3代目が新たに立ち上げたブランド「g」が、久留米絣の製造を担う11の機屋と共に作り上げた、一日中着ていたくなる、そしてファッション感...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
インド考古調査局は、ユネスコ世界遺産の「タージ・マハル」の入場者に利用時間の「超過料金」を求めると発表。2018年4月に決めた、一人3時間までとする入場ル...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...