これだけは知っておきたい「富岡製糸場」

「世界遺産登録」って、なんだかすごそうだけど、実際は、なぜ登録されているのか、何がすごいのか、イマイチわからなかったりします。

でも、ちゃんとその理由がわかれば、見応えもまったく違ったものになるはず。ここで必要な時間は、たったの1分。ワンミニッツで紹介したいと思います。

第一弾は、2014年に世界遺産に登録されて大きな話題を呼んだ、群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」です。

1872年
当時は、世界最大規模

40cd5e5cceff88f0b39f8b002d7042632f9fd326

Googleいわく「生糸とは、蚕の繭(かいこのまゆ)から取ったままで、手を加えていない糸」のこと。

明治時代、国内の原料だけで作ることができた生糸の輸出が、外貨を得る最大の手段とされていたそうです。

そこで明治政府が、生糸の品質向上と生産量を高めるべく、西洋の技術を導入して誕生したのが「富岡製糸場」だったわけです。これが1872年の話。

当時、製糸場としては世界最大級の規模を誇ったそう。

ポイントは
遺産群の「群」

世界遺産としては「富岡製糸場と絹産業遺産群」という名前ですが、この「群」がポイント。何気ないこのワードに、世界遺産たるゆえんが隠されているのです。
品質の高い生糸を生産するには、良い繭が大量に必要。そこで「富岡製糸場」と連携したのが、繭生産に関わる次の3つの資産です。近代養蚕農家建築の原型となった「田島弥平旧宅」、養蚕教育機関「高山社跡」、蚕種(蚕の卵)の貯蔵施設「荒船風穴」。

だから、「富岡製糸場と絹産業遺産群」っていう名前なんですね。

01. 田島弥平旧宅

8a3b2a2ff2654f959df45565e12cca16c3e3fa23

換気を重視した養蚕法「清涼育」を体系的にまとめた田島弥平の住居兼蚕室「田島弥平旧宅」。この家が、日本の近代養蚕農家建築の原型となった。

02. 高山社跡

Eada64abf70c1198a7228a3d065d4478646192eb

風通しと、湿度や温度のバランスをとった養蚕法「清温育」を確立した、養蚕教育機関「高山社跡」。

03. 荒船風穴

6316a0c735ccc89b773f91766302b29cd798e02d

天然の冷気で、蚕種を冷蔵。

この「荒船風穴」のおかげで、養蚕が年に数回できるように。

「富岡式」が全国、
そして世界へ

「富岡製糸場」と、上で紹介した3つの資産の連携によって、見事、良質な生糸の大量生産の技術革新(ブレイクスルー)に成功。日本は世界一の生糸輸出国となり、1930年代には生糸貿易量の80%を日本製が占めました。

当時、欧米でシルク(絹)といえば、希少な贅沢品。

それを技術の力で大量生産し、より多くの人に行き渡らせる役割を果たしたのが「富岡製糸場と絹産業遺産群」なのです。

ちなみに…。

「富岡製糸場」で製糸技術を学んだ女性たちは、地元の製糸工場に戻り、「富岡式」を伝えたそうです。ある場所で技術を学んだ人が、また違う場所で広め、全体としてレベルアップしていく。これぞ、業界の底上げですね。

富岡製糸場は「工業化の原点」と呼ばれることもありますが、現代のビジネスにおいても学ぶべきことが多いですね。

 

——ちょうど1分、経ったころでしょうか?

写真提供:『ググっとぐんま写真館』
新潟県の佐渡島は「史跡 佐渡金銀山」で知られていますが、実は産業遺産も充実しています。しかも歩いて行ける範囲内に集中しているので、巡りやすいことも大きな魅...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちなのが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。そんなふわっとした噂を確かめてみたくてはじめた、まち巡り。今回、「リップル洋品店」「Purveyors」「わびさ...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
グンマあるある集めました。そして、県庁職員にぶつけてみました。「デートスポットは県庁かイオン」「中高生にセーブオンの39円アイスが人気」「学校の号令は、起...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
戦前、神戸市灘区の摩耶山中に建てられた「摩耶観光ホテル」。その独特の廃墟美から「廃墟の女王」と呼ばれ、多くの廃墟ファンを持つこの建物を保存しようと、NPO...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...