知識ゼロでも「トゥインクル」が楽しい! 大井競馬場は、品川のラスベガスだった

小学生の頃、『ダービースタリオン』っていうゲームが流行っていて、クラスのみんなが「トウカイテイオーだ!」とか「俺は凱旋門賞までいった!」とか騒いでいた。たしか、馬を育てるのは栗東だったかな。正直、競馬についての知識はダビスタと、ゆうきまさみ先生の漫画くらいのものだし、小説『優駿』は途中で挫折した。

そんな僕に、友人がこんなことを教えてくれた。最近は品川にある大井競馬場のナイターレース「トゥインクル」がテーマパークみたいになっていて、飲み歩いても楽しいのだという。半信半疑で足を踏み入れてみたはいいけれど……。

ラスベガス感から場末感まで
ひとつの「街」みたいだ

4827717153325056
©2018 東京シティ競馬
バーカウンター、ロイヤルボックスもある空間に面食らう

4号スタンド4Fの競馬観戦型レストラン「ダイアモンドターン」のトビラ開けた瞬間、あ、そうかここはラスベガス方式なんだ、と思った。ラスベガスではとにかく気持ちよくギャンブルを楽しんでもらうために、食べ物などの金額を下げつつもゴージャスな雰囲気になっている。

5964581239259136
©2018 東京シティ競馬
ダイアモンドターンの指定席は、高級レストランさながら

アメリカのドラマで「おトクに遊びたいならベガスで」っていうセリフも見たことがあるけど、ダイアモンドターンの充実もまさにソレ。京急ホテルのシェフが監修する超豪華なビュッフェが食べ放題で、1席5000円から。決して高くはない。

ちなみに最上級の個室ロイヤルボックスは10人が座れて15万円。接待などに使われることも多いようだけど、仲間内の飲み会でもありだと思った。

5599737256345600
©2018 東京シティ競馬
G-FRONTは、ゴール前の熱戦が楽しめる贅沢なエリアでもある

大井競馬場の場合、指定席の種類が多いのも楽しい。

「G-FRONT」と呼ばれる2015年にオープンした新スタンドの3階はまるで社交場のようだし、「L-WING」には、オフィスなのかな? という雰囲気のLL-Seatがある。広々とした2人掛けシートなのでカップルに人気だそうだ。

こんなにもスタンドや階ごとによってコンセプトが違うなんて! わかりやすく言うと、高級なウイングルームがある4Fには銀座ライオンが入っていて、無料観覧席のある2階には松屋がある、といった具合だ。

4号スタンドの3Fミリオンシートには赤鉛筆を耳にかけたオヤジさんたちが腕組みしながら競馬新聞とにらめっこしているレトロな雰囲気も。

ここに来ると、あぁ競馬ってこれだよな、とも思う。

モツ煮をビールで流し込み
気がついたら叫んでいた

4868361301262336
©2018 TABI LABO
「幸福堂」のモツ煮込や牛スジは定番。段ボールがトレイ代わり

ゴージャスなラスベガス的指定席もいいけれど、屋台や4号スタンド1Fで立ち呑むのも一興だ。とくに「幸福堂」のモツ煮がおいしい。ビールを片手に、見よう見まねで競馬新聞を拡げる。

ダビスタレベルの知識しかない僕は、とりあえず単勝で勝馬投票券を買ってみた。お試しの100円ずつだとしても、いざ買うとなるとわりと競馬新聞を真剣に眺めてしまうものだ。どれどれ、今日は大井のレジェンド・的場文男さんが出るのか……なんて。結果、外れたワケだけど。

この日は大井競馬場でも人気のある「東京ダービー」の日だった。予算3000円を握りしめて、いざ本気の勝負へ。今回は馬複に挑戦してみたりと、30分考え抜いた組み合わせで投票する。

この時点で、どうもアドレナリンが出ていた気がする。

4834829417840640
©2018 東京シティ競馬
ビッグレース時には、こんな光景になる

ゲートが開くと、それまで気にもなっていなかった馬たちが、まるで自分の馬かのように思えてくる。数百円ずつなのに、気持ちがたぎってくる。

2000m、重馬場(雨でコースがドロドロのこと。穴馬がくる可能性も!)っていう条件が、さらに気持ちを熱くさせる。場内に響き渡るナレーションは機関銃のように早口だ。「まくれまくれ!」という観客の声もさっきまでは他人事だったけど、いつのまにか一緒になって叫んでいた。あぁ、これが競馬か。

一緒に行った友人は「お金を賭けるのって、たとえ100円でも究極の自分ごと化だよね」と関心していたけれど、確かにその通りだと思った。

使う金額さえ適度に決めておけば、瞬間瞬間を全力で楽しめる。

次の大井は
妻と息子と来よう

4515582485463040
©2018 東京シティ競馬

「いや〜、あそこで的場さんが来るとはなぁ」

帰り道、後ろからそんな声が聞こえてきた。的場さんは地方競馬の顔で、今年62歳の大ベテラン。僕が見た東京ダービーでは2着、貫禄を見せてくれた。

もう10年来の友人とはなかなか話すネタもないけど、この日の帰り道は盛り上がった。ちなみに大井競馬場から出ている路線バスの中は、まるで遠足バスのように賑やかだ(大井競馬開催中は、大森駅や大井町駅間の無料送迎バスもあり)。

 

これまではあまり考えたことがなかったけど、家族を連れてくるのだってありだ。子どもも馬を見るのは好きだろうし、馬との触れ合いイベントや、夏にはヒーローショーやグルメイベントもあるらしい。入場料が100円(15歳未満は無料)という敷居の低さも良かった。

天気が良ければビアガーデン気分で一杯はじめられるし(大井オリジナルのクラフトビールがある、というのにも正直驚いた)、スタンドや階を選べばムードがあるエリアもある。トゥインクルというだけあって、イルミネーションもキレイだ。

夕方からどっかいこうか、なんてときは、ちょっとした非日常感を楽しめる大井競馬場も候補に入れてみようと思う。

6146544508076032
©2018 東京シティ競馬
イルミネーションも綺麗で、ちょっとした遊園地気分
5986070034382848
©2018 東京シティ競馬
生で見るサラブレッドのスピード感は必見

「東京シティ競馬 大井競馬場」

住所:東京都品川区勝島2丁目1-2
公式HP:http://www.tokyocitykeiba.com/

Top image: © 東京シティ競馬
取材協力:品川区
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
米造形作家による作品です。
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
東急大井町線、荏原町駅。駅を出るとすぐ「荏原町商店街」があり、少しだけ昭和にタイムスリップした気分になります。そんな荏原町商店街から1本入った住宅街にある...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
東京・品川の武蔵小山でジャマイカのソウルフード「ジャークチキン」を食べてきました。東急目黒線、武蔵小山駅の東口にあるパルム商店街の路地裏に佇んでいるのが、...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
かの有名な、東京駅3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」を代表作とする株式会社ネイキッド。独創的な空間演出により、通算1...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかな...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
この夏、ローマは深刻な水不足に悩んでいます。その原因は異常気象。「観測史上2番目に暑い春」だった今年、降水量が激減、この干ばつがローマっ子たちの風物詩まで...