週末限定ジャークチキン、住み開き、リソグラフ。武蔵小山がなんだか、とっても楽しそうだ!

品川の武蔵小山で、「ジャークチキン」を食べてきました。ジャマイカでよく食べられている、あのジャークチキンです。スパイシーでビールがよく合う、あのジャークチキンです。

東急目黒線、武蔵小山駅の東口にあるパルム商店街。週末になると家族連れや地元の人たちでいっぱいになるこの通りの路地裏に、ひっそりと佇んでいるのが、シェアハウス兼土日限定のジャークチキン屋さん「AM-A-LAB(アマラブ)」です。

2018年でオープン9年目。「少しずつ街にも馴染んできましたかね」と語る、オーナーの菅野信介さんの柔らかい物腰と、イスや看板がちょっとだけ路地にハミ出して溶け込んでいる様子が、微笑ましい。

ところで、なぜ
武蔵小山でジャークチキンを?

4884769015857152
©2018 TABI LABO
豆ごはんとサラダ付き「ジャークチキンプレートM(850円)」

「宮城の出身で、昔よく規制がかかる前の二子新地とかで、芋煮会と称してBBQをしていたんです。そのときによく作っていたのがジャークチキンでした。ジャマイカには行ったことないんですけどね(笑)。料理に詳しい仲間に協力してもらったり、ジャマイカのサイトやYouTubeで研究して、今のレシピになりました。せっかくだから仲間みんなが好きなものしよう、と」

調味料やスパイス、野菜などを20種類以上合わせて作ったタレに2〜3日漬け込むそうです。

「うちのはとくに、オールスパイス、タイム、青ネギ、唐辛子が際立つような配合にしてます」

パリパリでスパイシーなジャークチキンにあわせて、ココナッツミルク風味の豆ごはんも進みます。辛いもの好きなら、オリジナル唐辛子ソースもぜひ。

住みながらお店もやる
「住み開き」というスタイル

5944011030265856
©2018 TABI LABO

普段は設計・建築系の仕事をフリーランスで請け負っている菅野さんは、土日だけ「AM-A-LAB」をオープン。もとは友人同士4人で始めてたそうです。

「みんなそれぞれ仕事を持っていたので、週末ここで集まってジャークチキンを売る、というゆるいスタートでした。今でもここに3人でシェアハウスしていますし、半分私生活も見えている感じです。テナントを借りたりするリスクもない代わりに、大きな収益もないですけど(笑)」

近所の人にとっても、“誰がやっているかわからない店” ではないので、安心して声をかけてくれたり、買い物にも来てくれるそう。「住み開き」という言葉には、お店を開いてるという意味と、街に対して開いてる、という意味があるんですね。

「実際に住んでますからね。そんな悪いこともできないだろう、って」

4888905337798656
©2018 TABI LABO
「少しハミ出すくらいのほうが、街と繋がれるかなって」と菅野さん

真夏のジャークチキンの相棒
「レッドストライプ」

5972631752802304
©2018 TABI LABO
ジャマイカ産ビール「レッドストライプ(700円)」

お話を伺いながら、せっかくなのでジャマイカ産のビール「RED STRIPE(レッド・ストライプ)」を。

さすが、常夏の国で人気のビール。飲み口はライトですが、フルーティでほんのり甘みもあります。少し動いただけでも汗がふきだしてくるような “うだる猛暑日” にこそ、ジャークチキンとレッドストライプで攻めたい気分です。

本の貸し出し 0円

6572781290389504
©2018 TABI LABO

店内で食べてもいいし、テイクアウトしてもいいし、気持ちのいい季節は店前のイスに座ってくつろいでもいい。

「友人がセレクトしてくれた本も置いてあって、最初は販売しようかと思ったんですけど、今は無料で貸し出しているんです。それも、図書館みたいで楽しいかなって思って」

6526634618257408
©2018 TABI LABO
本棚など、内装はすべて菅野さんのDIYだそう
4764354910093312
©2018 TABI LABO
店名は、レゲエの即興スタイル「ラバダブ」をもじったもの

他にも街づくりの一環として、渋谷のベジレストラン「なぎ食堂」の小田さんや、「デザインムジカ」の安藤さんらと一緒に、リソグラフ&OpenD.I.Y.スタジオ「Hand Saw Press」を、お店から徒歩3分ほどのところにオープン(2018年6月に不動前から武蔵小山へ移転)。

「一般の人にも解放しているので、近所のおじさんが来て棚を作っていたり、輪転機をつかってレトロチックなチラシを印刷していたり、そちらも街に開いてる感じで楽しいですよ」

 

—— 武蔵小山の路地裏1本入ったところにある “ジャマイカ” は、意外なほど街に溶け込んでいました。

「ジャークチキンハウス AM-A-LAB(アマラブ)」

住所:東京都品川区小山3-24-14
TEL:03-3787-3606
営業日:土日のみ(ケータリングもあり)
営業時間:11:30〜20:00頃
公式HP:https://am-a-lab.jimdo.com/

Top photo: © TABI LABO
取材協力:品川区

そこにある、それがいい。TABI LABOの国内トピック『JAPAN LOCAL』をまとめて見るならコチラ

武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
東急大井町線、荏原町駅。駅を出るとすぐ「荏原町商店街」があり、少しだけ昭和にタイムスリップした気分になります。そんな荏原町商店街から1本入った住宅街にある...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
米造形作家による作品です。
競馬についての知識はダビスタと、ゆうきまさみ先生の漫画くらいのものだし、小説『優駿』は途中で挫折した。そんな僕に、友人がこんなことを教えてくれた。最近は品...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。現在は賑わいは失いつつも、昔ながらの商店に混じって...
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
全長10.9kmの東急池上線は、都内にありながら昭和時代の風情が残る路線だ。都内に住んでいてもなかなか足を運ぶ機会はないエリアだが、その沿線には、「池上本...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。”シャッター...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...