品川・新馬場のブックカフェ「KAIDO」は、読書家と旅人の寄りどころ

「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅をテーマにした本がずらり。

僕自身も読書や旅が趣味なので楽しみにしていましたが、それでも取材前のイメージは「手頃なトラベル本がある、イマドキのおしゃれカフェ」といった感じ。

でもKAIDOの本当の魅力は、想像以上の「旅感」だったんです。

北品川商店街の真ん中で
みんなを繋げる

©2018 TABI LABO

「こんにちは〜。2階空いてますよ、どうぞ!」

通行人に声をかけるこの地元感が懐かしくて、つい「寄ってみようかな」という気持ちになります。

もともと、浅草で人力車を引いて観光ガイドをしていた店長の佐藤亮太さん。浅草の文化や歴史を観光客に伝えることを通して、品川の魅力も伝えたいと2015年に「KAIDO books & coffee」をオープン。

お店があるのはちょうど商店街の真ん中で、北品川駅と新馬場駅の中間でもあるので、不動産屋ですら「客足が悪いからやめたほうがいいですよ」と言っていた場所。でも、そのリスクを承知の上で佐藤さんはチャレンジしたそうです。

「中心に人が集まってくれば、全体が盛り上がるでしょ?」

このお店を支えるのは
マニアックすぎる「街道文庫」

©2018 TABI LABO

僕、明日からここでリモートワークします——。思わずそう宣言してしまったほど、KAIDOの在庫はとっても魅力的です。旅や全国の街道をテーマにした本が1万冊以上もあり、マニアックなトピックや同じテーマでも複数の本があるので、ひとつの本棚から得られる情報量がケタ違い。

その品揃えは、作家さんがこぞってリサーチのために訪れるほどで「うちをきっかけにして完成した本も何冊かあるらしいです(笑)」と佐藤さん。

在庫の約8割は近所にある古本屋「街道文庫」のもので、店主の田中さんが全国を歩き回って収集した約4万冊の在庫の一部を販売しているそうです。

フードやドリンクも
「旅」を連想させる仕掛け

©2018 TABI LABO
カナダ名物のモンテクリストサンドイッチ(750円)

メニューには、シンガポールチキンライスや長野県阿智村の鹿肉ホットドッグ、鎌倉や新宿のコーヒーショップから取り寄せた豆を使ったスペシャルドリップコーヒーなどがあり、フードやドリンクでも、「地域」や「旅」を大切にしているそうです。

「どこの名物だろう、とか、あのとき海外の屋台で食べたな、とか、思いを馳せながら食べてもらえたら嬉しいですよね」

メニューは季節によって変更するので、どんな国や地域が感じられるかは行ってからのお楽しみ。

自然に人が集まってくる
ブックカフェ

©2018 TABI LABO

どうしても気になった本があったのと、取材日だけでは飽き足らず、後日プライベートでも立ち寄ってみました(そして買ってしまいました『品川宿遊里三代』秋谷勝三著)。

日曜日のお昼過ぎだったんですけど、店内はほぼ満席。パソコンを開いて仕事をしている人、休日のひと時を過ごす家族連れ、旅の本に夢中な学生、本棚に囲まれた2階席で熱く語り合うグループ。

世代も使い方もバラバラなお客さんたちを見ていると、KAIDOはまさに昔の品川宿のように、みんなの「寄りどころ」なんだなって思いました。

©2018 TABI LABO

そういえば、取材中に「近所のシェアハウスに住んでいる」という男性から声をかけられました。なんでも品川に引っ越してきたばかりで、さっそくKAIDOの常連になったのだとか。

「うち、見に来ません? すぐそこなので」

戸惑いつつも、見学ツアーを終えた頃には北品川商店街の周辺情報や家賃、利便性、飲み屋情報に詳しくなっていました(笑)。「この辺に引っ越すのもありだな」なんて。

こ、これがKAIDOの「人と人を繋ぐ力」ってやつなのか?

©2018 TABI LABO
レジで注文を済ませ、1階か2階の席に移動。本棚に囲まれたい人は2階へ
©2018 TABI LABO
日替わりで提供されていた、シンガポールチキンライス(600円、ドリンクセットは900円)
©2018 TABI LABO
「道」という漢字に本とコーヒーを組み合わせたロゴが目印

「KAIDO books & coffee」

住所:東京都品川区北品川2-3-7 丸屋ビル103
TEL:03-6433-0906
営業時間:月曜日 10:30〜17:00/水曜日〜金曜日 10:30〜20:00/土日祝 10:30〜19:00
定休日:火曜日
公式HP:http://kaido.tokyo/
公式SNS:Facebook

Top photo: © 2018 TABI LABO
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
競馬についての知識はダビスタと、ゆうきまさみ先生の漫画くらいのものだし、小説『優駿』は途中で挫折した。そんな僕に、友人がこんなことを教えてくれた。最近は品...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
東急大井町線、荏原町駅。駅を出るとすぐ「荏原町商店街」があり、少しだけ昭和にタイムスリップした気分になります。そんな荏原町商店街から1本入った住宅街にある...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...