昼からクラフトビールで乾杯。品川「TY」で大人なカジュアルランチ

「まだ行ったことないの?」。半笑いの上司。戸惑う新卒の僕。天王洲アイルの運河を見ながらクラフトビールなんて、田舎育ちの僕にはまだ早くないですか?

東京・品川の運河沿いにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。水辺の夜景を眺めながら楽しめる水上ラウンジもあり、僕のなかでは敷居が高い “都会のおしゃれレストラン” といったイメージ。

でも、実際はどうなんでしょう? ディナーよりは少し敷居の低そうなランチタイムに行ってみました。

晴れた休日に
運河沿いでハンバーガーランチ

©2018 TABI LABO
T.Y.HARBOR BURGER(1700円)。写真はベーコンやアボカドなど(各150円)をトッピング

最寄駅は、りんかい線・東京モノレール天王洲アイル駅(徒歩5分)とJR品川駅(徒歩15分)。駅周辺の高層ビル群を抜けていくと、そこにはひらけた水辺のエリアがあります。

少し緊張しつつお店に入ると、店内では調理や食器の音がほどよく聞こえて、周りを気にせず会話ができる雰囲気。もともと倉庫だった建物を改築しただけあって天井は高く、テラス席に面した扉も解放されているので、気持ちの良い風が吹き抜けています。

ちょっと贅沢しちゃおうかな、とT.Y.HARBOR BURGER(170g)をガブリ。ビーフ100%のパティに、黙々とかぶりつきます。冷製のジャンボシュリンプカクテル(2400円)はぷりっぷりで、夏場の前菜におすすめです。

1杯目のクラフトビールは
「ペールエール」から

©2018 TABI LABO

クラフトビールのメニューは6種類。味の違いが楽しめるほど詳しいわけではないので、ファーストドリンクは一番人気だというペールエール(S 580円/M 980円)をオーダー。

ほどよい苦味でフルーティー!これは料理がサーブされる前にガブガブ飲んでしまいますね……。「決して安くはないのにね。ハハハ」なんて思いながらどんどん追加。Sサイズ(250ml)なら、飲み比べや「ちょっと一杯」にも手頃な大きさです。他にはウィートエール、アンバーエール、IPA、インペリアルスタウトが定番。季節ごとに替わるシーズナルビールもあります。

「T.Y.HARBOR」は、東京23区の “大手資本が入ってないビール会社” として一番古いブルワリー。そう聞いたら、オリジナルビールの6種類を全部試してみたくなりました。

朝から始まるT.Y.ライフ
お隣「breadworks」へ

©2018 TABI LABO

隣接するベーカリー「breadworks(ブレッドワークス)」は、朝8時からの営業。ここは、T.Y.HARBORの系列ならではの、ブルワリー要素を活かしたパン屋さんでした。お店の一番人気は、ビアブレッド。自家製のビール酵母と、仕込み水にビールを使っているのが特徴です。

スモークナッツも売れ筋で、一時は生産が追いつかなくなってしまったほどだとか。お店限定で売っているゴールデンエールのおつまみ用につい買っちゃいそうです。

©2018 TABI LABO
人気のビアブレッド(500円)。ハーフサイズ(250円)もお手頃

T.Y.デビューを終えて
もう僕はリピーター

©2018 TABI LABO

想像のなかでは、少し遠い存在だったT.Y.HARBOR。「いつか誰かとじゃなくて、今度の週末に友だちと来よう」。そう思えるほど、身近な存在でした。次は時間を気にせず、ゆっくり楽しみたいなって思います。

©2018 TABI LABO
この広さ、開放感。日々の疲れをリフレッシュしてくれる
©2018 TABI LABO
バーベキューリブのフルサイズ(5800円)。4〜5人で分けてちょうどいい量
©2018 TABI LABO
風が心地よい人気のテラス席。事前予約が必要だとか

「T.Y.HARBOR」
住所:東京都品川区東品川2-1-3
TEL:03-5479-4555
営業時間:ランチ 11:30〜14:00 LO(平日)、11:30〜15:00 LO(土日祝)/ディナー 17:30〜22:00 LO
定休日:無休
公式HP:https://www.tysons.jp/tyharbor/

Top image: © TABI LABO
取材協力:品川区
【特集】お腹グーグー、品川ゴーゴー