品川区で頑張るぼくらが食べたい、「うまい肉」たち

仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれるような「頑張れるきっかけ」がとても大事だと思っている。

そう、それはたとえば、肉!にく!ニク!

焼肉激戦区にもなりつつある大井町エリアや、そもそも飲食店が多くて活気みなぎる五反田エリアなどを中心に「おいしい肉料理」に出会えるお店をピックアップ。

01.
個室でゆったり特選和牛
大崎「焼肉 夢一」

©2018 shingai yuka

JR大崎駅直結。オフィルビルやホテル、ショッピング&レストラン街が集まる再開発地区、ThinkPark内にある「焼肉 夢一」。2018年1月にオープンしたばかりで、大小10室の個室でゆったりと焼肉を楽しめるのが特徴。近年の再開発に伴い、子育て家庭も多いエリアだけに、小さい子どもを連れてゆっくり食事できるお店は貴重な存在だ。

熊本県から仕入れている特選和牛「黒樺牛(くろはなぎゅう)」は、その名の由来が白樺の木にあり、キメ細かい木肌を思わせる華やかなサシが見事。また、夢一特選5種盛り合せ(7800円)は、赤身からサーロインまで食べ応えのある贅沢なお肉をその日のおすすめで盛り合わせてくれる。醤油ベースのタレはあっさりと食べられるが、生姜をきかせた味噌ベースのタレもおすすめ。上質な脂とマッチしてじっくり噛みしめたくなる。

飲み物はビールやハイボールはもちろんのこと、ソムリエがセレクトしてくれるワインの品揃えも豊富。ちょっと特別な日を演出したい時にはもってこいのお店。

©2018 shingai yuka

「焼肉 夢一 大崎店」

住所:東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark 2F
TEL:03-6417-9827
営業時間:
月~金 11:00~14:30 (LO14:00) 17:00~23:00(LOフード22:00/ドリンク22:30)
土日・祝 11:00~14:30 (LO14:00) 17:00~22:00(LOフード21:00/ドリンク21:30)
定休日:無休(年末年始、休館日を除く)
アクセス:大崎駅から徒歩2分

02.
フレンチで絶品肉を味わう
大井町「ポワソンルージュ」

©2018 shingai yuka

JR・東急大井町駅を出て、阪急大井町ガーデン方面に3分ほど歩いたところにあるビストロ「ポワソンルージュ」は、落ち着いた照明と温かみのある内装がアットホームで、駅近なのにどこか隠れ家のよう。

気取らないフレンチが人気のこちらのお店では、秋はキノコ、冬はジビエ、春先はホワイトアスパラガスやアサリなど、季節の食材を使ったメニューも取り揃えているが、1年を通して人気があるのは「トゥールーズ風カスレ(2300円)」。鴨のコンフィとソーセージ、白インゲン豆の煮込み料理だ。鴨肉の塩気、ハーブが香るソーセージ、しっかり煮込まれた白インゲン豆のほろっと優しい風味、などたくさんの味が楽しめる一皿で、ぜひワインのお供にしたい。

前菜とメインが好みで選べるランチ(1300円)も、豚バラ肉のビール煮込みや、網脂で包み焼きしたハンバーグなど、お肉を使ったメニューが特に好評。ディナーでは、アラカルトも、大皿料理をシェアするコースも、ひとり一皿ずつ楽しめるプリフィックスコースもあり。

たくさんのお皿を囲んで賑やかに過ごすことも、ひとりでフラッとやってきてワインと軽いおつまみを楽しむこともできる懐の広さに、リピーターが多いというのも納得だ。

©2018 shingai yuka

「ブラッスリー ポワソンルージュ」

住所:東京都品川大井1-53-8
TEL:03-3775-1660
営業時間:ランチ 11:30~13:30(LO)、ディナー 17:30~22:00(LO)
定休日:日曜日・月曜祝日ランチ
アクセス 大井町駅から徒歩3分

03.
焼肉激戦区でリーズナブルに
大井町「びっくりや」

©2018 shingai yuka

JR・東急大井町駅から徒歩2分と、駅近でありながらも少し落ち着いた雰囲気のエリアにある「炭火焼肉酒家 びっくりや」。ここ最近は焼肉激戦区にもなりつつある大井町でも、こちらのお店は産地直送の飛騨牛にこだわりあり。

なかでも肩ロースを贅沢に使った「超びっくり!焼き」(250g 2980円)は、店の看板メニュー。お皿に乗ったお肉はなんと直径約35センチ。びっくりの名に違わないボリュームだ。タレがかかっているので、焼いたらそのまま食べても、お好みでつけダレを合わせてもOK。しっかりと脂が乗った肉の旨味が口の中に広がる瞬間は、まさに至福。

その他、リピーターや毎回予約するお客さんも多い「極厚!霜降りタン塩」など、A5ランクのお肉がリーズナブルに楽しめる。

©2018 shingai yuka

「炭火焼肉酒家 びっくりや 大井町店」

住所:東京都品川区大井1-27-6 川田ビル1F
TEL:03-5742-5568
営業時間:ランチ 月~金(祝日除く)11:30~14:00(LO13:45)
ディナー 月~日 17:00~24:00(LO23:30)
定休日:年中無休
アクセス:大井町駅から徒歩2分

04.
こだわりメス和牛を天然溶岩で
五反田「銭場精肉店」

©2018 shingai yuka

山手線と東急池上線、都営地下鉄浅草線が乗り入れる五反田駅周辺は、飲食店がひしめくエリア。なかでも「五反田 銭場精肉店」はちょっと大人の焼肉が楽しめる店だ。

富士山の天然溶岩でできたプレートは230~240度に設定されている。700~800度に上がるロースターや七輪と比較するとかなり低温だ。このおかげでじっくり肉を焼くことができるので旨味成分が壊れにくく、水分が逃げにくいことも特徴的。煙が出にくいので食事が慌ただしくなることもなく、会話も楽しめてデートにも最適だし、洋服や髪の毛に匂いがうつりにくいのも嬉しい。

また、メスの和牛を提供しているのが銭場精肉店のこだわり。オス牛より肉質が柔らかく、脂の融点が低いため口どけのいい脂を含んでいる。市場でも2〜3割しかいない希少性の高いメス牛を一頭買いし、手頃な価格で上質なお肉を楽しめる。

溶岩焼き8種盛り合わせ(1人前1800円)は、その日のおすすめの部位をスタッフが厳選してくれる。サシが入った上牛タン、赤身とサシのバランスが秀逸なカイノミ、鮮度バツグンの牛ハツやあっさりした豚ヒレなど、どの部位も柔らかく肉の香りがよく、しっかり食べたあとでも胃が重くならなかったのには驚きだ。

焼き具合やおすすめの食べ方などを丁寧に説明してくれる気持ちのよい接客も、人気店たるゆえんのひとつだと感じた。

©2018 shingai yuka

「五反田 銭場精肉店」

住所:東京都品川区西五反田2-18-3 グレイス五反田B-1
TEL:050-5269-7092
営業時間:11:30~15:00(LO14:30)、17:00~24:00(LO23:00)
定休日:年中無休
アクセス:五反田駅から徒歩3分

Top image: © 2018 shingai yuka
取材協力:品川区
【特集】お腹グーグー、品川ゴーゴー

関連する記事

ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
明日3月2日(火)、大阪・北堀江にアースフレンドリーで楽しいブランドを独自にセレクトしたショップ「Fav_Our_Planet(ファヴ・アワ・プラネット)...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...