品川・原美術館の“必食”ケーキ。「カフェ ダール」の食べるアート

イメージケーキ、をご存知だろうか。

思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。

イメージケーキって?

©2018 相原舜
ウィリアム J. オブライエン「無題」2007年 © William J. O’BRIEN

このカフェでは、美術館で開催されている展覧会の作品やその一部、また、展覧会そのもののイメージを、ケーキとして表現している。

取材時のイメージケーキは88作目のもので、そのときに開催されていた「現代美術に魅せられて — 原俊夫による原美術館コレクション展」に展示されていたウィリアム J. オブライエンの作品を模したものだ。

©2018 相原舜

チョコレートムースに、フランボワーズのソースが爽やかに絡む。ミニシューも口当たりが軽く、アプリコットの酸味とのバランスが絶妙。

イメージケーキは
謎解きのようでもある

イメージケーキの制作が始まったのは、90年代の初め頃。当時は定例化していたわけではなく、不定期に提供していたイメージケーキが好評を得て、現在のように展覧会ごとにケーキが作られるようになったという。今では、このケーキを楽しみに原美術館に通う人もいる。

現在のシェフは、もう20年近くもイメージケーキをはじめとするカフェのメニューを担当している。展覧会の前になると資料を読み込み、構想を練っている。モチーフがアート作品となると複雑な意匠のものも多く、時には型作りから行う。そんなアート作品を「スイーツ」という新たなアートのかたちに築き上げるシェフの技巧と手腕には、ため息が出る。

写真提供:原美術館

「ヘンリー・ダーガー —夢の楽園—」のイメージケーキは、世界観をそのままに、食用の花を使用して作られた。

写真提供:原美術館

「蜷川実花 :Self-image」のイメージケーキは、展覧会のフライヤーに掲載されていた薔薇の作品をモチーフにしたもの。シャーベットで作られた薔薇は溶けるとソースになる、という儚さにもぐっとくる。

写真提供:原美術館

驚いたのは「杉本博司 ハダカから被服へ」のイメージケーキ。

一見ふわっとしたヴェールのようなものが被せてあるのだが、「脱がせてみてもいいかもしれません」とヒントを与えてサーブするという、カフェスタッフの粋な計らいも。

写真提供:原美術館

これらのイメージケーキのように、どの作家の展覧会かどの作品がモチーフかわかりやすいものもあれば、まるで謎解きのようなイメージケーキもある。

写真提供:原美術館

たとえば、「ジム ランビー:アンノウン プレジャーズ」のケーキは、展示作品のディテールを切り取ったもので、天井からぶら下がるオブジェにコラージュされていた雑誌の切り抜きの目をイメージケーキとして採用したという。

カフェと展示の往復で
「答え合わせ」

©2018 相原舜

「カフェ ダール」は原美術館の中にあるため、展示会場への再入場の必要がない。だから、イメージケーキを食べたあとに、なにがモチーフだったのか答え合わせをしに改めて展示を見てみるのも面白い。

展示を見てすぐに帰るだけではなく、季節に合わせた味覚も視覚も美味しいスイーツから、いつもと違った視点を借りて作品を楽しんでみてほしい。

手入れの行き届いた中庭を眺め、イメージケーキに舌鼓を打ちながら、新たなアート体験ができるはずだ。

「カフェ ダール」

住所:東京都品川区北品川4-7-25(原美術館内 ※カフェのみ利用の場合も要入館料)
TEL:03-5423-1609
営業時間:11:00〜17:00(LO 16:30)、水曜のみ11:00〜20:00(LO 19:30 ※祝日を除く)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、原美術館の休館期間
公式HP:http://www.haramuseum.or.jp/

Top photo: © 2018 相原舜
取材協力:品川区
【特集】お腹グーグー、品川ゴーゴー

関連する記事

ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
おうちカフェのお供にキュートで贅沢な味わいのチーズケーキはいかが?本格チーズケーキ「ねこねこチーズケーキ」は、食べる人の気持ちをキュンとさせてくれる逸品。
東京都・品川区で、4月6日(火)より生理用品の無償配布がスタートした。
朝の忙しい人たちに向けて開発された、完全食カップケーキ「朝ドルチェ」
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...
食べるのがもったいないほど美しい「花束ケーキ」が12月1日より発売開始。エディブルフラワーが主役の特別なケーキは、クリスマスプレゼントにも。
競馬についての知識はダビスタと、ゆうきまさみ先生の漫画くらいのものだし、小説『優駿』は途中で挫折した。そんな僕に、友人がこんなことを教えてくれた。最近は品...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
お茶を軸にした和風カフェ「伊右衛門カフェ」が品川と川崎にオープン。バラエティ豊かで“映え”るメニューが目白押しの話題のニュースポットで至福のひとときを。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
「クワンソウ」という伝統野菜から作るお茶には、寝つきが良くないときに飲むと、不思議と安眠が得られるとして沖縄では古く琉球王朝時代から飲まれていた。現在も今...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。