品川・原美術館の“必食”ケーキ。「カフェ ダール」の食べるアート

イメージケーキ、をご存知だろうか。

思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。

イメージケーキって?

5766805511471104
ウィリアム J. オブライエン「無題」2007年 © William J. O’BRIEN
© 2018 相原舜

このカフェでは、美術館で開催されている展覧会の作品やその一部、また、展覧会そのもののイメージを、ケーキとして表現している。

取材時のイメージケーキは88作目のもので、そのときに開催されていた「現代美術に魅せられて — 原俊夫による原美術館コレクション展」に展示されていたウィリアム J. オブライエンの作品を模したものだ。

5998025478504448
© 2018 相原舜

チョコレートムースに、フランボワーズのソースが爽やかに絡む。ミニシューも口当たりが軽く、アプリコットの酸味とのバランスが絶妙。

イメージケーキは
謎解きのようでもある

イメージケーキの制作が始まったのは、90年代の初め頃。当時は定例化していたわけではなく、不定期に提供していたイメージケーキが好評を得て、現在のように展覧会ごとにケーキが作られるようになったという。今では、このケーキを楽しみに原美術館に通う人もいる。

現在のシェフは、もう20年近くもイメージケーキをはじめとするカフェのメニューを担当している。展覧会の前になると資料を読み込み、構想を練っている。モチーフがアート作品となると複雑な意匠のものも多く、時には型作りから行う。そんなアート作品を「スイーツ」という新たなアートのかたちに築き上げるシェフの技巧と手腕には、ため息が出る。

5795884184895488
写真提供:原美術館

「ヘンリー・ダーガー —夢の楽園—」のイメージケーキは、世界観をそのままに、食用の花を使用して作られた。

4738137355976704
写真提供:原美術館

「蜷川実花 :Self-image」のイメージケーキは、展覧会のフライヤーに掲載されていた薔薇の作品をモチーフにしたもの。シャーベットで作られた薔薇は溶けるとソースになる、という儚さにもぐっとくる。

4760619630723072
写真提供:原美術館

驚いたのは「杉本博司 ハダカから被服へ」のイメージケーキ。

一見ふわっとしたヴェールのようなものが被せてあるのだが、「脱がせてみてもいいかもしれません」とヒントを与えてサーブするという、カフェスタッフの粋な計らいも。

5813402551189504
写真提供:原美術館

これらのイメージケーキのように、どの作家の展覧会かどの作品がモチーフかわかりやすいものもあれば、まるで謎解きのようなイメージケーキもある。

5634108201893888
写真提供:原美術館

たとえば、「ジム ランビー:アンノウン プレジャーズ」のケーキは、展示作品のディテールを切り取ったもので、天井からぶら下がるオブジェにコラージュされていた雑誌の切り抜きの目をイメージケーキとして採用したという。

カフェと展示の往復で
「答え合わせ」

6110174590795776
© 2018 相原舜

「カフェ ダール」は原美術館の中にあるため、展示会場への再入場の必要がない。だから、イメージケーキを食べたあとに、なにがモチーフだったのか答え合わせをしに改めて展示を見てみるのも面白い。

展示を見てすぐに帰るだけではなく、季節に合わせた味覚も視覚も美味しいスイーツから、いつもと違った視点を借りて作品を楽しんでみてほしい。

手入れの行き届いた中庭を眺め、イメージケーキに舌鼓を打ちながら、新たなアート体験ができるはずだ。

「カフェ ダール」

住所:東京都品川区北品川4-7-25(原美術館内 ※カフェのみ利用の場合も要入館料)
TEL:03-5423-1609
営業時間:11:00〜17:00(LO 16:30)、水曜のみ11:00〜20:00(LO 19:30 ※祝日を除く)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、原美術館の休館期間
公式HP:http://www.haramuseum.or.jp/

Top photo: © 2018 相原舜
取材協力:品川区
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
かの有名な、東京駅3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」を代表作とする株式会社ネイキッド。独創的な空間演出により、通算1...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
インドネシアのジャカルタにある「Le Novelle Cake」は、オーダーメイドで豪華絢爛なケーキを作るベーカリー。その作品はどれも豪華絢爛、繊細優美...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープカフェ&...
「マリンスノウ」をモチーフにした、体験型イベント『SNOW AQUARIUM BY NAKED』が開催中の「エプソン アクアパーク品川」。海の中に、神秘的...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オ...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
カラフルでぱっと華やぐお花もいいけれど、ぷくっとした肉厚に癒やされる多肉植物の魅力も捨てがたい。ガーデニングのこと?いえいえ、違います。 「ケーキ」の話で...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
この、美味しそうにデコレーションされたチョコレートケーキが、いまからクルクルと回転していきます。すると…メチャクチャ不思議!楽しい仕掛けがぎっしり詰まって...