「ビーガン・スイーツ」の専門店が広尾にオープン!

今月18日(水)、東京・広尾にビーガン・スイーツショップ「hal okada vegan sweets lab(ハル オカダ ビーガン スイーツ ラボ)」がオープン。

まずはメニューをショートケーキのみに限定し、事前予約制のテイクアウト専門店という形態での営業を開始した。

同店を手がけるのは、都内に数店舗を構える「チャヤ マクロビオティックス」でトップ・パティシエを務め、鎌倉のビーガン・スイーツカフェ「halcafe229」にてオーナーも務めていたこの道16年の岡田春生氏。

「アレルギーで洋菓子が食べられない子どもに夢を与えたい」との想いで動物性食材を使用しないスイーツの開発をはじめ、環境保全という観点からも需要が増加している状況を受けて同店のオープンに乗り出したという。

今後は新メニューを追加するとともに、全国配送も予定しているそう。

知っておくと何かと重宝しそうな新店といえるだろう。

©カフェ・カンパニー
©カフェ・カンパニー

hal okada vegan sweets lab

【住所】東京都渋谷区広尾5-4-18 1F
【営業時間】11:00〜19:00(定休日:水曜日)

Top image: © カフェ・カンパニー
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事