「ビーガン・スイーツ」の専門店が広尾にオープン!

今月18日(水)、東京・広尾にビーガン・スイーツショップ「hal okada vegan sweets lab(ハル オカダ ビーガン スイーツ ラボ)」がオープン。

まずはメニューをショートケーキのみに限定し、事前予約制のテイクアウト専門店という形態での営業を開始した。

同店を手がけるのは、都内に数店舗を構える「チャヤ マクロビオティックス」でトップ・パティシエを務め、鎌倉のビーガン・スイーツカフェ「halcafe229」にてオーナーも務めていたこの道16年の岡田春生氏。

「アレルギーで洋菓子が食べられない子どもに夢を与えたい」との想いで動物性食材を使用しないスイーツの開発をはじめ、環境保全という観点からも需要が増加している状況を受けて同店のオープンに乗り出したという。

今後は新メニューを追加するとともに、全国配送も予定しているそう。

知っておくと何かと重宝しそうな新店といえるだろう。

©カフェ・カンパニー
©カフェ・カンパニー

hal okada vegan sweets lab

【住所】東京都渋谷区広尾5-4-18 1F
【営業時間】11:00〜19:00(定休日:水曜日)

Top image: © カフェ・カンパニー
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

本日1月14日から紅茶を使ったスイーツ専門店「Tea Sweets Lab. CONTENART(ティースイーツラボ・コンテナート)」が東京・代々木にオープン。
食とウェルネスとワークカルチャーが融合した複合施設「EAT PLAY WORK」が東京・広尾にオープン。使い勝手抜群のメンバーラウンジや予約困難な名店の味...
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
一人ひとりの好みに合わせた「3969万通りのパフェ」を提供するカスタムオーダーパフェ専門店「éGOISH(エゴイッシュ)」が、スイーツの消費が盛んで激戦区...
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
「ブルーボトルコーヒー」が初めて日本のブリュワリーと共同開発した「ブルーボトルコーヒー ペールエール」が今週6/11オープンの「広尾カフェ」...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...