スイーツ界の巨匠に「自分好みのパフェをつくって!」の無茶ぶりができる企画

お菓子を作ってほしいんだけど。チェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、希望通りのスイーツをこしらえてくれるパティシエ。それも自分のためだけに。

中世の貴族たちのようなこの優雅さ、「ギンザシックス」で実現できます。

世界にひとつ。自分だけの
オートクチュールパフェ

事前に好みを聞いたうえで、それをもとに材料を揃え、目の前で一流パティシエがあなたのためだけのパフェをつくってくれる(※要申込)。さらにはそのレシピ、1年間限定ながら何度でも再現してもらえるという、まさしくオートクチュールなあなただけのレシピ。

このパフェのお値段、正直言えば高いです。だって1万5,000円だもの。いくら甘党のみなさんでも、さすがにパッと飛びつける金額ではないでしょう。けれど、前述したようにこの世にひとつのオーダーパフェであることや、そのレシピをきちんとお店で大切に保管してくれて、1年間好きなときに楽しめる(実質6食分・要事前予約)ことを思えば、決して目の飛び出るようなものでもないはず。

“スイーツの革命児”が
無茶ぶりを叶える

さて、じゃあ誰がそのオートクチュールを仕上げてくれるのか。この人です。

“スイーツの革命児”と称されるフィリップ・コンティチーニ。今年4月ギンザシックスに日本初出店し、すでに多くのファンを得ているフランス人パティシエです。ちなみに彼、スイーツはもとより料理においても卓越したセンスと技術で、コンテンポラリー・ガストロノミー界がいま注目する人物だそうですよ。 

コンティチーニの来日に合わせ、9月15日(金)~18日(祝月)の期間、自分だけの夢を叶えてみてはいかがでしょう。クラウドファンディングサイト「Makuake」を通じて申し込みが可能です。

Licensed material used with permission by Makuake
お酒を効かせた特製の“ほろ酔いジュレ”をパフェに「あとがけ」して楽しむスイーツ「parfai×tparfait(パフェパフェ)」。
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
9月14日、渋谷の雑居ビルのどこかに、〆パフェとカクテルを味わえる大人のパフェバー「Remake easy(リメークイージー)」がオープンする。
「資生堂」が一人ひとりの肌構造や質感をパフェにたとえて診断してくれる「肌パフェ SKIN CHECK」を公開。
「The World's 50 Best Bars 2020」が発表され、日本からは10位に「The SG Club」、40位に「Bar Benfiddi...
パティシエのTal Spiegelさんが運営するインスタグラムのアカウント。パクリと齧りつきたくなるような色とりどりのスイーツがずらりと並んでいます。スイ...
一人ひとりの好みに合わせた「3969万通りのパフェ」を提供するカスタムオーダーパフェ専門店「éGOISH(エゴイッシュ)」が、スイーツの消費が盛んで激戦区...
朝の忙しい人たちに向けて開発された、完全食カップケーキ「朝ドルチェ」
難易度は低めで最高に幸せになれる簡単スイーツレシピをまとめました。材料をのせたり順番に重ねていったりするだけでできるスイーツから、分量は覚えなくてもいいク...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
フェイスブックジャパンは、5月17日から19日の期間限定で「Facebook Café」を原宿にオープン。このカフェ、スイーツもドリンクも全部タダなんです。
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
「フィリップス」より「電動ファン」付きの「ブリーズマスク」がデビュー。本日19日(木)、「Amazon」及びブランド公式オンラインストア楽天市場店にて発売...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
日本で出会った「大福」に魅了され、フランスではじめた「MOCHI」づくり。
おうちカフェのお供にキュートで贅沢な味わいのチーズケーキはいかが?本格チーズケーキ「ねこねこチーズケーキ」は、食べる人の気持ちをキュンとさせてくれる逸品。