スイーツ界の巨匠に「自分好みのパフェをつくって!」の無茶ぶりができる企画

お菓子を作ってほしいんだけど。チェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、希望通りのスイーツをこしらえてくれるパティシエ。それも自分のためだけに。

中世の貴族たちのようなこの優雅さ、「ギンザシックス」で実現できます。

世界にひとつ。自分だけの
オートクチュールパフェ

事前に好みを聞いたうえで、それをもとに材料を揃え、目の前で一流パティシエがあなたのためだけのパフェをつくってくれる(※要申込)。さらにはそのレシピ、1年間限定ながら何度でも再現してもらえるという、まさしくオートクチュールなあなただけのレシピ。

このパフェのお値段、正直言えば高いです。だって1万5,000円だもの。いくら甘党のみなさんでも、さすがにパッと飛びつける金額ではないでしょう。けれど、前述したようにこの世にひとつのオーダーパフェであることや、そのレシピをきちんとお店で大切に保管してくれて、1年間好きなときに楽しめる(実質6食分・要事前予約)ことを思えば、決して目の飛び出るようなものでもないはず。

“スイーツの革命児”が
無茶ぶりを叶える

さて、じゃあ誰がそのオートクチュールを仕上げてくれるのか。この人です。

“スイーツの革命児”と称されるフィリップ・コンティチーニ。今年4月ギンザシックスに日本初出店し、すでに多くのファンを得ているフランス人パティシエです。ちなみに彼、スイーツはもとより料理においても卓越したセンスと技術で、コンテンポラリー・ガストロノミー界がいま注目する人物だそうですよ。 

コンティチーニの来日に合わせ、9月15日(金)~18日(祝月)の期間、自分だけの夢を叶えてみてはいかがでしょう。クラウドファンディングサイト「Makuake」を通じて申し込みが可能です。

Licensed material used with permission by Makuake
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
2018年12月13日、アメリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)が、フライドチキンの香りがする薪を販売しました。
ボゴタにアートギャラリーのようなベーカリーカフェがオープンしました。デザインを手がけたのは、ニューヨークを拠点に活動するデザインスタジオ「Studio C...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
このタペストリーは、2017年に北アイルランドの観光キャンペーンで製作されました。それぞれのエピソードで起きた出来事が再現されているので、最終章に合わせて...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
今、パリで話題になっているのは、5つ星パラスホテル「ル・ルームス」で、パティシエをつとめるセドリック・グロエ。彼の得意とするのが彫刻のようなパティスリーな...
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
この春、銀座の街を歩く人たちの手にするバルーン(これは透明のもの)を注意深く見てほしい。もしも、膨らんだ中に何やら小さなお菓子を見つけたら、それは「空飛ぶ...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
キュッとしまった腰に細くスラッと伸びた脚。バレリーナという職業は、体型維持にとっても神経を注ぐそうです。そんな彼女たちでも、甘いものが食べたくなることだっ...
上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
鹿児島県のさつまいも生産量は国内第1位。現地で生産される品種の中でも、ブランド産品にもなっている「かのや紅はるか」に注目。その素材の甘さを楽しめる絶品スイ...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?