これ以上スイーツを食べないようにするための訓練。

見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。

本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切ない思いが込められています。

スイーツを
「モノ」として見る訓練

6475799e899822ad8fe95dcd67f582bf2fc3d17c
Photo by Eric Tadsen

製作者のShaynaさんはアメリカの吹きガラス職人。繊細で複雑な形状の作品を得意としています。

彼女は健康上の理由から、厳しいダイエットをすることを余儀なくされました。

そこで、Shaynaさんはスイーツを食べるのを我慢するために、スイーツを「モノ」として見る訓練を始めたのです。こうしてできたのが、これらの作品たち。

82b0319f3d644db12a06d0f4dbd9c255cc6599dc
Photo by Eric Tadsen

確かに、絵や彫刻を見て食べたいと思わないように、こうして芸術品だと思うと、お腹も空かなくなる...かな?

8dbbd399a62c45439d5456196da37b420ea943a9
Photo by Eric Tadsen
6f2719d42a44c52a82bd3969a19642e11f0ff1fc
Photo by Eric Tadsen
834a6af406e07f51ea6522c3ebc82b40e36a5c58
Photo by Eric Tadsen
66d0d12d8bd19bde395e1e8717eba3c6627eaa69
Photo by Eric Tadsen
C784ddb794841aa3d74f9c7208e02f4da8136882
Photo by Eric Tadsen
Cc8d39d1980070ec0aa53f1476bfe6938ec65098
Photo by Eric Tadsen

どの作品も美しい出来。Shaynaさんのスイーツへの愛が感じられます。

スイーツを食べたくならないように作られたという作品ですが、正直見ている側はむしろお腹が減ってしまいそう。減量に成功したのかどうか、気になるところです。

Licensed material used with permission by Shayna Leib
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
鹿児島県のさつまいも生産量は国内第1位。現地で生産される品種の中でも、ブランド産品にもなっている「かのや紅はるか」に注目。その素材の甘さを楽しめる絶品スイ...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
カナダのバンクーバーに住むケセニア・ペンキナさんが作るのは、まるでガラスでできたように表面が反射している、鏡のムースケーキ。彼女のInstagramを見る...
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
白いプリンに赤いソースが華やかなこのスイーツは、イスラエルの「マラビ」というもの。大切な来客のおもてなしや、祭事につくってみんなで食べる、特別感のあるデザ...