「お米を牛乳で甘く煮る」と聞いただけでNGな人にこそ食べて欲しいスイーツ

アメリカやイギリスを中心に、海外ではスイーツ感覚で食べられている「ライスプディング」。あれ苦手という声をよく耳にします。日本人からしてみれば、お米を牛乳で煮てつくる工程や甘さが受け入れられない原因なのかも。

ですが、この苦手意識をいっぺんに克服してしまう方法が。以下のポイントさえしっかり抑えておけば、新たなライスプディングとの出会いが待っている!

甘み、香り、塩気、酸味を
バランスよくプラスするが吉

D9ed9e1ab505a9f14e656de0e41fa0acfe7c3d64

イマイチと感じてしまう理由の一つが、あの独特な乳臭さ。ですが、これはレモン果汁を足すことでフレッシュな芳香と酸味がにおいをマイルドにしてくれます。また、フルーツを加えることで甘みをプラス、さらにはジューシーな仕上がりに。

そこへ塩気をちょっと加えることで味がしまり、乳がゆのようなドロドロのお米ではなく、爽やかなスイーツとしてすんなり食べることができるはず。

さあ、いつまでも敬遠するのはもう止めにしましょう。

これならイケる、
進化系ライスプディング

<材料>

・米:60g 
・牛乳:400ml 
・砂糖:30g 
・オレンジ:1/4個分
・レモン果汁:1/6個分
・レモンの皮:少々
・塩:ひとつまみ
・レーズン:10g 
・シナモンパウダー:適量

<作り方>

まずはお米を研いでザルにあげ、水気をよく切っておきます。オレンジは皮をむき、実を1.5cmくらいの幅に切ります(薄皮もむいておきましょう)。レモンの皮は細かく刻んで、果汁は絞ります。レーズンは水に浸してあらかじめふやかしておきましょう。

次に鍋に牛乳、砂糖、オレンジの皮を入れて強火にかけます。ふつふつとしてきたら米を入れ、ときどき混ぜながら水気がなくなるまで弱火で約30分〜40分煮ていきます。

お塩、レモン汁を加えてざっくり混ぜたら、器に盛りつけレーズン、オレンジを乗せてレモンの皮を散らし、シナモンパウダーをふってできあがり。 

いくらか用意するものは多いけれど、これまでのイメージをあらゆる意味でくつがえす、爽やかすぎるライスプディングをどうぞ。

バンズの代わりにお米を使ったあの「ライスバーガー」は、自宅でも簡単に再現できるんです。はさむ具材もアレンジ自在ですが、どうせならばヘルシーに。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
一人暮らしだと、パックで買った牛乳が余ってしまうことってありますよね。そんなときは「練乳」をつくるのがオススメです。冷たいフルーツやスイーツにかけて、楽し...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
和食を作るうえで欠かせない調味料のひとつ「みりん」。じつは、意外と知られていない使い方があります。それは「フルーツをみりんで煮込む」というもの。なんとこれ...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
最近話題のグルテンフリー。アレルギーがなくても、体質改善のために小麦粉を控えている方も多いよう。自宅にホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンです...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
フワフワもちもちの食感に、バナナの風味がやさしく香る蒸しケーキ。東南アジアのねっとりした暑さの中を旅していると、あの上品な甘さが恋しくなるんですよね。「上...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
ミルクをコーンスターチで固めた、エジプトを代表するデザート「マハラビア(メハラビア)」。現地で食べる味は濃厚でクリーミー、かつ大脳皮質を揺さぶるような強烈...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...