お米のように食べられる高タンパク質食品「ダイズライス」登場

近年ブームとなっている「高タンパク質食品」だが、これまでは食事として取り入れにくいもの(飲料やお菓子など)や、代替ミートのように用途を限定したものが中心だった。

そこで、現代社会に合わせたより健康的で食べやすい大豆食品の研究開発に取り組み続けてきた「フジッコ株式会社」は、「お米」のように自由な食べ方ができ、毎日続けられるほどおいしく、かつ食べ過ぎても罪悪感がない商品「ダイズライス」を開発。

©フジッコ株式会社

「ダイズライス」は、大豆粉大豆たんぱくを主原料に作られている、お米のような見た目の大豆食品で、お米よりも低糖質・高タンパク質なのに、歯ごたえのある食感が楽しめて満足感も得られるという商品(プレーン1食、150g中タンパク質は20g以上摂取可能)。

ほんのり優しい大豆の甘みと風味は、毎日食べても飽きない味わいとのことだ。

また、本商品が「主食」に対する悩みを抱える人たちのニーズに合っているか、フィードバックをもらうことを目的として、現在クラウドファンディングにも挑戦中。

リターンには、ダイズライス「プレーン」に加え、ダイズライスを使ったいなり寿司ガパオなどのアジア風メニューなど、食べやすく味付けした調理済メニューがセットになって届けられるという。

どの商品も電子レンジで加熱するだけで食べることができるので、調理に手間もかからない。

と、ここまで読んでもやはり食感も、味も、使い方も想像がつかない……。

そう思ったあなたは、「実食」あるのみ!

©フジッコ株式会社
©フジッコ株式会社
©フジッコ株式会社

Beanus(ダイズライス取り扱いブランド)

【公式サイト】https://www.bean-us.jp/teaser/index.html

Top image: © フジッコ株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...