お米のように食べられる高タンパク質食品「ダイズライス」登場

近年ブームとなっている「高タンパク質食品」だが、これまでは食事として取り入れにくいもの(飲料やお菓子など)や、代替ミートのように用途を限定したものが中心だった。

そこで、現代社会に合わせたより健康的で食べやすい大豆食品の研究開発に取り組み続けてきた「フジッコ株式会社」は、「お米」のように自由な食べ方ができ、毎日続けられるほどおいしく、かつ食べ過ぎても罪悪感がない商品「ダイズライス」を開発。

©フジッコ株式会社

「ダイズライス」は、大豆粉大豆たんぱくを主原料に作られている、お米のような見た目の大豆食品で、お米よりも低糖質・高タンパク質なのに、歯ごたえのある食感が楽しめて満足感も得られるという商品(プレーン1食、150g中タンパク質は20g以上摂取可能)。

ほんのり優しい大豆の甘みと風味は、毎日食べても飽きない味わいとのことだ。

また、本商品が「主食」に対する悩みを抱える人たちのニーズに合っているか、フィードバックをもらうことを目的として、現在クラウドファンディングにも挑戦中。

リターンには、ダイズライス「プレーン」に加え、ダイズライスを使ったいなり寿司ガパオなどのアジア風メニューなど、食べやすく味付けした調理済メニューがセットになって届けられるという。

どの商品も電子レンジで加熱するだけで食べることができるので、調理に手間もかからない。

と、ここまで読んでもやはり食感も、味も、使い方も想像がつかない……。

そう思ったあなたは、「実食」あるのみ!

©フジッコ株式会社
©フジッコ株式会社
©フジッコ株式会社

Beanus(ダイズライス取り扱いブランド)

【公式サイト】https://www.bean-us.jp/teaser/index.html

Top image: © フジッコ株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。
本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
「蚕(カイコ)」を原料とした次世代食品の販売店「シルクフードラボ」が、本日20日から東京・表参道の「COMMUNE」内に期間限定でオープン。
米グロサリー・ストアチェーン「Whole Foods Market」が、2020年の食品トレンド予測を発表。
画期的なリユーザブルボトル「Origami Bottle」が登場した。ボトル形状では高さ21cmの大容量ながら折りたたむと5.5cmの超コンパクトサイズに!
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
株式会社シグナルトークが、市販食品の健康への影響を判定するヘルスケアアプリ「FoodScore」をローンチ。
米食肉加工最大手の「タイソン・フーズ」が植物由来の「エビ」を2020年初頭マーケットに展開することを発表。
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「海外の最先端フェイク食品」3選。フェイク砂糖、フェイクエッグ、フェイク醤油というラインナップです。
昆虫食品ブランド「INNOCECT(イノセクト)」は、コオロギ由来のタンパク質を使用した新たなプロテイン「クリケットプロテイン」を発売中。効果的にタンパク...
豆乳ヨーグルトとは「豆乳と乳酸菌で作られた、植物由来のヨーグルト」です。大豆が使われているため、味噌や納豆、醤油などと同じ植物性の発酵食品ということができ...
世界11ヵ国で販売されているライスパスタ「PERFECT EARTH」が日本上陸。
魚や甲殻類から細胞を抽出し、これらの細胞サンプルを大型のバイオリアクターで増殖させることにより、さまざまな種類のシーフードを作るという。
モヤモヤやイライラする気持ちを優しくサポートしてくれるサプリメントが、「UHA味覚糖」と「京都大学」の共同開発によって誕生。
「スピルリナ」というスーパーフードを知ってますか。30億年前から地球上に存在すると言われている藻類の一種。良質なタンパク質とビタミン、鉄分が豊富なこの藻が...
全国の「IKEA」にて3月29日(日)まで開催中の「ベジ&ミートバーガーフェア」で「プラントベースフード」を使用したハンバーガーが販売されている。
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
「ネクストミーツ」と「ユーグレナ」が共同で開発した、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を配合した代替肉「NEXTユーグレナ焼肉EX」が発売。
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
米「スターバックス」が現在、予想外のオーツミルク不足に陥っているらしい。
「iHerb(アイハーブ)」で買える、海外で作られるレベルの高いインスタント食品を3つ紹介します。
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
台湾に3600店を展開する「ファミリーマート」で、大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主原料とする香港発の植物性ミート「OMNIPORK」を使用したインスタン...
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!