中毒性高のインスタント食品「ガーリック風味のマッシュポテト」

インスタント食品の製造は日本のお家芸です。でも、それも昔の話かもしれない。海外で作られる商品のレベルが上がっていることに気づいていなかっただけかもしれない。

オンライン輸入食品店「iHerb」で買える逸品を紹介します!

©2019 NEW STANDARD

マッシュポテトは、日本の人がインスタント食品を買うとしたら、選択肢に入らないと思います。でも、意外とオススメ!という提案の意味も込めて紹介しちゃいます。

まず、少し食べただけでもお腹が満たされます。深夜残業の後とか、サクッと食べたい時にピッタリです。

作り方はパッケージに入っているパウダーとお湯をミックスして、牛乳を足すだけ。3分程度で、すぐに食べられるのも嬉しいポイント。

パッケージには4人前と記載されていますが、さすがはアメリカ。日本サイズで考えると、6人前くらいが適切なんじゃないかと思うほどの量です。値段は324円と少し高めに思えるけど、6回に分けて食べるなら1食あたり54円。安い!

©2019 NEW STANDARD

見た目はシンプル。あまりにも写真映えしなかったので、撮影の時にはブラックペッパーを上からパラパラっとかけました。

その後に試食をしたのですが……ブラックペッパーをかけたのを少し後悔するほど味が濃い! 選んだのが、ローストガーリック風味だったからかもしれません。

このマッシュポテトの味を表現するなら「クドイけどクセになる」。食べ過ぎたら体に悪そうだなとは感じつつも、2週間に1回は食べたくなるヤツです。

あ、でも、一応オーガニック食品ですよ。

商品名:Edward & Sons,Organic Mashed Potatoes,Roasted Garlic,3.5 oz(100g)
値段:324円

*生産状況や在庫状況により欠品の可能性があります。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
「iHerb(アイハーブ)」で買える、海外で作られるレベルの高いインスタント食品を3つ紹介します。
アメリカ・シカゴに拠点を置く「Upton's Naturals」というメーカーの商品。髭面のオジサンが目印です。
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
そのまま食べてもいいし、サラダを少し豪華にするためにこれをプラスオンするのもアリだし、缶詰ということを考えて非常食として常備するのもアリ。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
「インスタント食品」と聞くと、少しネガティブなイメージを持っている人もいるかもしれませんね。それでも、多忙な人であればあるほどインスタント食品の利便性は無...
iHerb(アイハーブ)でオススメの「グルテンフリー食品」をご紹介します。海藻やココナッツ、枝豆を原材料としたグルテンフリー食材は、低カロリー、低糖質でダ...
付け合わせのイメージがありますが、濃厚クリーミーなマッシュポテトはそれだけでずっと食べていたくなるほど美味しいです。「メインで食べたくなるマッシュポテト」...
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
休日ともなればタピオカ店はどこも行列。もっと手軽に飲みたい!という人は“インスタントタピオカ”に注目だ。
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめの「わざわざ日本に取り寄せる価値のあるチョコレート」を3つ紹介します。
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「海外で独自進化していた日本モノ」を3つ紹介します。しらたき、枝豆、緑茶というラインナップです。
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
コンビニやスーパーに並ぶ食品には、「本物」に見せかけるために、いくつもの添加物を使った「フェイク食品」など、体への影響が心配になる加工食品が数多くあります...
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
米グロサリー・ストアチェーン「Whole Foods Market」が、2020年の食品トレンド予測を発表。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
TABI LABO編集部がNEXT輸入食料品店として注目する「iHerb(アイハーブ)」から、日本ではまだ知られていないTHE アメリカンな「ソース」3選...
1937年に創業した「Lundberg Family Farms」は、遺伝子組み換え作物を栽培しないことにプライドを持って
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...