【多忙なあなたへ】プロが教える「手作りインスタント食品」で、作り置き!

「インスタント食品」と聞くと、少しネガティブなイメージを持っている人もいるかもしれませんね。それでも、多忙な人であればあるほどインスタント食品の利便性は無視できないはず。

そこで、この記事では、お湯を加えるだけですぐに美味しく食べられる、しかもカラダにやさしい「手作りインスタント食品」の作り方を紹介しましょう。週末に作り置きしておけば、ウィークデーの食卓が充実すること間違いナシ、ですよ。

ごはんに味噌汁が
欠かせない人へ
「インスタント味噌玉」

th_IMG_9313

th_IMG_9336

【材料:5食分】みそ            大さじ2と1/2かつお節      5g塩昆布        10g乾燥わかめ  5gすりごま       小さじ2と1/2

【作り方】
①みそ、かつお節、塩昆布、乾燥わかめ、すりごまを混ぜ、5等分して丸める。

②ラップで包んで冷蔵庫で保存する。

【保存期間】
冷蔵庫で約1週間

お湯で戻すと
即席和風スープに!
「インスタント出汁の素」

th_IMG_9680

th_IMG_9677

th_IMG_9684

【材料:作りやすい分量】干し椎茸      10gかつお節        3g煮干し            6g塩昆布         10g

【作り方】
①干し椎茸、かつお節、煮干しをフードプロセッサーで混ぜて粉末状にしたら塩昆布と混ぜ、お茶パックに10gずつ入れて保存する。

②出汁をとる際は、お茶パック1袋を鍋に入れ、水400ccを加えて中火で温める(中身を出しておかずとして食べても美味しいんです!)。

【保存期間】
冷蔵庫で約2週間

体重が気になる人にも
オススメ!
「インスタントヌードル」

th_IMG_9599

th_IMG_9605

【材料:1人分】春雨             30g桜えび            3g乾燥ねぎ        1g切り干し大根   5g塩昆布           6g

【作り方】
①春雨、桜えび、乾燥ねぎ、切り干し大根、塩昆布を密封容器に入れる。

②食べるときに鍋に入れ、水300ccを加えて強火にかけ、沸騰したら中火で2〜3分煮る。

【保存期間】
冷暗所で約2週間

お湯を入れるだけで美味しいお味噌汁やスープが完成! それ以外にも、ご飯と混ぜて炒めるだけでチャーハンになるなど、便利なだけでなく、レシピの幅も広がりますよ。

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
ここに紹介するのはただの味噌玉ではありません、出汁入りみそに乾燥野菜や、ドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
普通のバターではありません。
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
雑誌WIREDの表紙を飾るなど世界的に注目度の高い、煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
9月1日、東急世田谷線・松陰神社前駅から徒歩2分のところに『カネサオーガニック味噌工房 松陰神社前』がオープンした。店主は安部美佐さん。宮城県の実家で手作...
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...