自宅ですぐに試せる!ちょっぴり意外な「アヒージョの具材3選」

スペイン料理の人気メニュー、アヒージョ。具材をにんにくやオリーブオイルと一緒に煮込んだ料理です。お皿に残ったオイルをパンに浸して食べるのもいいですよね〜。

このアヒージョ、エビやマッシュルームなどが定番の具ですが、意外な食材で作っても美味しいんですよ!

練り物ならではの味わい!
「はんぺんのアヒージョ」

E9798a036c190dbefc09c16a3eab4b92299284d3

はんぺんの旨味がオイルに移り、オイルも旨味抜群!なアヒージョです。魚介はよく具に使用されますが、練り物が具になるのは珍しいのでは?はんぺんを具として楽しんだら、オイルはパスタに絡めて食べるのがおすすめですよ。はんぺんは加熱してすぐの間は膨らみますが、だんだんと縮んでいくので、膨らんでも心配しないでくださいね。

【材料:2人分】
はんぺん:1枚
にんにく:2片
オリーブオイル:150ml
塩:小さじ1/2
塩こしょう:適量


【作り方】
①はんぺんは2cm角に切る。にんにくは3mm幅に切る。
②フライパンにはんぺん、オリーブオイル、塩を入れて混ぜたら中火にかけ、ふつふつとしてきたら弱火で5分煮る。
③にんにくを加えて更に5分煮たら火を止め、塩こしょうで味を調える。

熱々なのにはご注意を
「ミニトマトのアヒージョ」

D5d90ce7522291f29945f46cf19a6c797f9e01d9

ミニトマトがころんと入った可愛らしいアヒージョです。プチッとはじける甘みや酸味がにんにくやオリーブオイルの香りと共に口の中に広がっていきます。加熱後すぐはミニトマトが熱くなっているので、火傷に注意してくださいね。

【材料:2人分】
ミニトマト:10個
にんにく:2片
オリーブオイル:150ml
塩:小さじ1/2
塩こしょう:適量


【作り方】
①にんにくは3mm幅に切る。
②フライパンにミニトマト、にんにく、オリーブオイル、塩を入れて混ぜたら中火にかけ、ふつふつとしてきたら弱火で15分煮る。
③塩こしょうで味を調える。

まさかの丸ごと!
「にんにくのアヒージョ」

974a28cbf101852433f2820acded419a3d7440dd

アヒージョににんにくを入れるのは常識。でも、具材そのものとして丸ごとってなると……これが美味!お酒のおつまみとしてもオススメですが、食べ過ぎによる匂いにだけは注意が必要かも。

【材料:2人分】
にんにく:1個
オリーブオイル:適量
塩:小さじ2/3
塩こしょう:適量


【作り方】
①フライパンに皮をよく洗って水気をしっかりとふいたにんにくを入れ、オリーブオイルをにんにくが浸るまで注いだら塩を加えて混ぜ、中火にかけてふつふつとしてきたら弱火で20分煮る。
②塩こしょうで味を調える。

意外な食材を使用すれば、定番の食材とはまた違った新鮮な味わいを楽しめますよ。ぜひ試してみてくださいね。

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
アヒージョとは、スペインの小皿料理でイタリアのペペロンチーノと味つけはだいたい同じ。ワインのつまみとして最高です。バゲットもお忘れなく熱々をめしあがれ!<...
海外の日本食ブームをみていると、内食としてそれを取り入れるとき、扱いやすさ、アレンジの幅はかなり重要なようです。そういう意味で広く受け入れられたのが「SU...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
夏バテ予防に食べたい「うなぎ」はこの時期の定番ですが、ちょっとお値段が……。でも、予算を気にせず思いっきり食べたい!そんなあなたに試してほしい「こってり甘...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
バンズの代わりにお米を使ったあの「ライスバーガー」は、自宅でも簡単に再現できるんです。はさむ具材もアレンジ自在ですが、どうせならばヘルシーに。
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...