ひとり宅配ピザするくらいなら、かんたん手軽にできるコッチ!

仕事でヘトヘトになって帰宅して、もう作るパワーも残っていなくても、それでも何か口にしたいとき、こんな活力メシを「Food52」で見つけました。

Emikoが紹介するのは、イタリア南部のローカルフード。「ピザトースト」なんて呼ばないで。このクオリティならばお腹もココロも同時に満たしてくれるはず!

かんたん手軽なのに
ピザ職人の味が再現!

5865365112356864

これは、トスカーナ出身の旦那の祖父(南イタリア・プッリャ州生まれ)が、仕事から夜遅くに帰宅した際に作っていた料理です。

もちろん遅めの夕食にも最適ですが、大勢のためにさっとランチを作りたいときにもぴったり。分量を調整して、自宅にあるものだけで作れます。

たとえばスカモルツァチーズには、フレッシュモッツァレラ(ただしモッツァレラのほうが水を多く出すので、トマトソースは濃くしたほうがお薦め)もしくはプロヴォローネで代用できます。基本的に溶けるチーズであればなんでもOK。

 

 

ところで、このレシピには名前がついていませんでした。何にしようか考えていたところ、ノンノ・マリオ(マリオおじいちゃん)がささっと作った、溶けるチーズがふんだんに使われた「時短メシ」にすでに名前があることが発覚。

その名もアッラ・ピッツァヨーラ

王道のマルゲリータと同じ材料を使うため、「ピザ作り職人のやり方」を意味する名がついているそう。

どうやら多くのイタリア人がモッツァレラを使った“家庭料理”と称しているようで、「ピッツァ・パッツァ(クレイジーなピザ)」、「ピッツァ・アッラ・ポヴェーラ(貧乏人のピザ)」、「モッツァレラ・イン・パデッラ(パンに使っているチーズ。この場合はモッツァレラを入れたもの)」などの呼び方でも通っているメニューでした。

すこ〜しだけ火を通すのが好きな人もいれば、乾燥したオレガノをふりかけるのが好きな人も。なので、ここに紹介する私のフェイバリットも参考程度にして、自分のお好みを見つけてください。

4788371729678336

【材料(2人前)】

にんにく:1欠
エキストラヴァージン・オリーブオイル:大さじ2〜3
トマトホール缶:1カップ (250ml)
塩こしょう:ひとつまみ
スカモルツァチーズ(もしくはモッツァレラ):150g
フレッシュバジル:数枚
パン(トーストしてもOK):適量

【1】
大きなフライパンに、オリーブオイルを敷いて、にんにく1片を少しずつ炒めます。焦げないように気をつけながら、1〜2分ほどにんにくをオイルと絡めていきましょう。

【2】
トマトホール缶(パッサータ)を入れて、塩こしょう、そこに水を少量。ただし、モッツァレラを使う場合は水が結構出るので、付け足さなくてもOK。反対に、トマトソースを減らすことで濃さを出しましょう。ソースが濃くなり、水が減るまで中火で10分ほどグツグツさせて、味を調えます。

【3】
スカモルツァを厚くスライスしソースの上に並べて、完全に溶けるまで煮ていきます(5分程度)。溶けたらチーズが満遍なく広がるように軽く一回かき混ぜます(中にはそのままにしておくのを好む人も)。その上からハーブをパラパラっとかけたら完成。

トーストしたパンはボウルに入れて出すか、ソースをパンの上にかけて出しちゃいましょう。仕上げに挽いたこしょうをふりかけて、オリーブオイルを垂らすといい感じです。

Written byEmiko
Photo by Emiko

MORE CONTENTS FROM Food52:
Homemade Pizza Dough
Potato Pizza Bianca

Licensed material used with permission by Food52
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
ピザといえば、ピザ発祥の地ナポリとされるイタリアが本場。これまでの世界最長のピザのギネスホルダーでもありました。しかし、今年2017年6月10日に記録は塗...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
宅配ビザを頼むと、どうしても数枚余ることがあります。熱々は美味しいんだけど、冷えてしまえばそれも半減。翌朝まで放ったらかしにしておくと、もうどうしようもな...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
海苔、わかめ、ひじきなどの海藻類を当たり前に食べる私たちですが、これって世界的にみても珍しい食文化だって知ってますか?そもそもヨーロッパや中東の人たちは、...
スーパーでよく見かける、3袋1セットの焼きそば麺。たくさん買いすぎて飽きてしまったり、微妙に1袋だけ余ってしまうこと、ありますよね。じつはあの焼きそば麺で...
旬を迎えたカリフラワー。淡白な味わいは、付け合わせ野菜として重宝されますが、それだけじゃない!すごい食べ方があるんです。それが「カリフラワーでつくるピザ」...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
ピザが好きで好きでたまらない!もう一時も離れたくない…。そんな食いしん坊のためだけにできたと言っても過言ではないポーチが、米で話題になっています。それがコ...
ニューヨークのあるピザ屋さんから、一枚2,000ドル(約22万円)もの高級ピザが登場しました。金箔が乗っていていかにも豪華ですが、値段の理由はそれだけでは...
ほんの数分でピザを調理するには、ガスコンロの火力がいちばん。このピザオーブンは、自宅にいながらにして本格ピザを手早く簡単に焼くことができる調理ツール。本格...
ワッフルメーカーを使って無理やりピザを作る。ちょっぴり過激な動画をご紹介。ピザとワッフルの中間をいく不思議な食べものになりました。これ、呼び名をつけるなら...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ファーストフード業界で繰り広げられているお茶目なテクノロジー合戦。ドローンや無人バイクなど未来ネタで攻めるドミノ・ピザや、店内のトレーにキーボード機能をつ...
さすがにこれだけでホロ酔いになるのは難しそうですが、このピザに合わせてさらにお酒をいただくのは大歓迎。ただし、このピザを食べる場合、飲酒運転になるのでご注...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
体重167キロ。医師には「命の危険性がある」と言われるほどまで太ってしまったのは、シェフのカルミネ・コッツォリーノさん。N.Yに自分のレストランをオープン...