ひとり宅配ピザするくらいなら、かんたん手軽にできるコッチ!

仕事でヘトヘトになって帰宅して、もう作るパワーも残っていなくても、それでも何か口にしたいとき、こんな活力メシを「Food52」で見つけました。

Emikoが紹介するのは、イタリア南部のローカルフード。「ピザトースト」なんて呼ばないで。このクオリティならばお腹もココロも同時に満たしてくれるはず!

かんたん手軽なのに
ピザ職人の味が再現!

これは、トスカーナ出身の旦那の祖父(南イタリア・プッリャ州生まれ)が、仕事から夜遅くに帰宅した際に作っていた料理です。

もちろん遅めの夕食にも最適ですが、大勢のためにさっとランチを作りたいときにもぴったり。分量を調整して、自宅にあるものだけで作れます。

たとえばスカモルツァチーズには、フレッシュモッツァレラ(ただしモッツァレラのほうが水を多く出すので、トマトソースは濃くしたほうがお薦め)もしくはプロヴォローネで代用できます。基本的に溶けるチーズであればなんでもOK。

 

 

ところで、このレシピには名前がついていませんでした。何にしようか考えていたところ、ノンノ・マリオ(マリオおじいちゃん)がささっと作った、溶けるチーズがふんだんに使われた「時短メシ」にすでに名前があることが発覚。

その名もアッラ・ピッツァヨーラ

王道のマルゲリータと同じ材料を使うため、「ピザ作り職人のやり方」を意味する名がついているそう。

どうやら多くのイタリア人がモッツァレラを使った“家庭料理”と称しているようで、「ピッツァ・パッツァ(クレイジーなピザ)」、「ピッツァ・アッラ・ポヴェーラ(貧乏人のピザ)」、「モッツァレラ・イン・パデッラ(パンに使っているチーズ。この場合はモッツァレラを入れたもの)」などの呼び方でも通っているメニューでした。

すこ〜しだけ火を通すのが好きな人もいれば、乾燥したオレガノをふりかけるのが好きな人も。なので、ここに紹介する私のフェイバリットも参考程度にして、自分のお好みを見つけてください。

【材料(2人前)】

にんにく:1欠
エキストラヴァージン・オリーブオイル:大さじ2〜3
トマトホール缶:1カップ (250ml)
塩こしょう:ひとつまみ
スカモルツァチーズ(もしくはモッツァレラ):150g
フレッシュバジル:数枚
パン(トーストしてもOK):適量

【1】
大きなフライパンに、オリーブオイルを敷いて、にんにく1片を少しずつ炒めます。焦げないように気をつけながら、1〜2分ほどにんにくをオイルと絡めていきましょう。

【2】
トマトホール缶(パッサータ)を入れて、塩こしょう、そこに水を少量。ただし、モッツァレラを使う場合は水が結構出るので、付け足さなくてもOK。反対に、トマトソースを減らすことで濃さを出しましょう。ソースが濃くなり、水が減るまで中火で10分ほどグツグツさせて、味を調えます。

【3】
スカモルツァを厚くスライスしソースの上に並べて、完全に溶けるまで煮ていきます(5分程度)。溶けたらチーズが満遍なく広がるように軽く一回かき混ぜます(中にはそのままにしておくのを好む人も)。その上からハーブをパラパラっとかけたら完成。

トーストしたパンはボウルに入れて出すか、ソースをパンの上にかけて出しちゃいましょう。仕上げに挽いたこしょうをふりかけて、オリーブオイルを垂らすといい感じです。

Written byEmiko
Photo by Emiko

MORE CONTENTS FROM Food52:
Homemade Pizza Dough
Potato Pizza Bianca

Licensed material used with permission by Food52

関連する記事

「Sargento Foods」がシカゴのピザレストランと広告代理店とコラボして実現させた、新作チーズを美味しく食べてもらうためのキャンペーン。ピザの注文...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
ピザオーブンを販売する会社からピザテイスティングのおいしい求人です!採用された人にはピザオーブンが送られてきて、ピザ作って食べるというもの。ピザレシピの向...
スコットランド拠点のピザオーブン会社「ooni」が製作した「Ooni Fyra」は、同社が長年製作してきたポータブルピザ用オーブンの集大成といえる最新作。...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
ナイジェリアの一部の大富豪は、自国から電話でロンドンのピザを注文。ブリティッシュ・エアウェイズを利用して届けてもらうといいます。普通じゃ考えられないような...

人気の記事

京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...