サクッとレンジレシピ8選。忙しくてもしっかり朝食を!【まとめ】

ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝からテンション上がりますよね。毎日が忙しい人にもぴったりです。

01.
ひと手間加えても、わずか3分
マグカップでつくる
「フレンチトースト」

食パン2枚をサイコロ状にカット。溶いた卵2個をボウルに入れ、牛乳50ccとシナモンパウダー15gを合わせてパンをからませます。それをマグカップに入れ、レーズン、ナッツ、チョコチップなどを適量トッピングして、600wの電子レンジで約3分加熱。あとは、メープルシロップを回しかけ、粉糖をふりかければできあがりです。

フライパンではまず出ない「ふっくらモチモチ」の食感が楽しめますよ。

→詳しいレシピはこちらから。

02.
レンジを使えば
オリジナル「肉まん」も
あっという間に

パン粉と水を1:1、塩ひとつまみを混ぜてラップにのせましょう。ミートボールをのせて包んだら、600Wのレンジで2分加熱。

もっちりとした食感は、まるで肉まん。肉だねの代わりにミートボールを使えば、びっくりするほど早くできあがりますよ。

→詳しいレシピはこちらから。

03.
LAで人気の朝食
「エッグスラット」を
簡単につくる方法

LA発「エッグスラット」は、ポテトと生卵をつかった、セレブも注目する朝食。本来はジャガイモを蒸かしたり、つぶしたり、湯せんしたり…かなり手間がかかる料理なのですが、これをちゃっちゃとレンジで作る方法を紹介しましょう。

じゃがいもを皮付きのままラップでくるみ、600wの電子レンジで6分くらい加熱。皮をむいたらボウルに入れ、バターを1かけ加えてつぶします。牛乳と粉チーズを足して、なめらかになるまで混ぜてマッシュポテトに。

卵はコップ8分目ほど注いだ水の中に割り入れ、ラップせずそのまま600wの電子レンジで50〜60秒。空き容器に先ほどのマッシュポテトを入れ、その上に卵をのせて、粗挽きコショウを振ったらできあがりです。

→詳しいレシピはこちらから。

04.
時間がない朝でも
マグカップで
「手作りグラノーラ」!?

なんと、マグカップに材料を入れて電子レンジで加熱するだけで、グラノーラができてしまうんです。

マグカップにメープルシロップ大さじ1、水小さじ2、サラダ油小さじ2、オート麦大さじ4、ココナッツフレーク大さじ1、刻んだミックスナッツ大さじ1、塩ひとつまみをすべて入れ、ほどよく混ぜあわせます。600Wの電子レンジで約2分ほど加熱。

いったん取り出して、カップの中を混ぜあわせ、再び1分ほど加熱していきます。水分が乾燥し、上の写真のようにあめ色、カリカリな仕上がりになったら完成。トッピングにドライフルーツやナッツ、ヨーグルトを添えてどうぞ。

→詳しいレシピはこちらから。

05.
混ぜるだけ。
ランチにもオススメな
「マカロニチーズグラタン」

マグカップの中にマカロニ30グラムと水180ccを入れて6分〜8分加熱、好みの固さに仕上げます。水を切り、牛乳大さじ4、コーンスターチ(または片栗粉)小さじ1/4、チェダーチーズ大さじ4、塩コショウ少々を加えてよくかき混ぜ、再び電子レンジで約2分加熱。チーズが溶けて全体的に絡んできたら、できあがり。

たったこれだけの手間で、アメリカ人のソウルフードとも呼べるジャンクな味わいが楽しめますよ。

→詳しいレシピはこちらから。

06.
定番のカップケーキとは
ひと味違う
「バナナマフィン」

シナモンパウダー小さじ1/2ベーキングパウダーひとつまみ、塩ひとつまみ、バナナ1/2本をカップに入れ、つぶしていきます。ピーナッツバター大さじ1、小麦粉大さじ4、卵白1個分、バニラエッセンス小さじ1/2を加えてよくかき混ぜ、600Wの電子レンジで約2分半から3分加熱。トッピングにスライスバナナをのせて、できあがり。

隠し味のピーナッツバターがバナナの美味しさを引き立ててくれるので、その味わいは格別です。

→詳しいレシピはこちらから。

07.
これなら
ディナーの一品にも!?
「カップピザ」

まさかピザまで!?と思う人もいるでしょう。

マグカップに小麦粉大さじ4、ベーキングパウダーひとつまみ、塩少々を入れよく混ぜあわせます。そこに牛乳大さじ3、オリーブ油大さじ1を加え、さらに混ぜあわせていきます。多少だまが残ってもOKです。

トマトソース大さじ1を敷いて、チーズとペパロニをお好みでトッピングしたら600Wの電子レンジで約3分。最後にドライバジルを振りかけてできあがり。

→詳しい記事はこちらから。

08.
デザートに
「チョコレートブラウニー」
はいかが?

混ぜる工程を入れても、わずか5分。絶品スイーツが簡単につくれますよ。

小麦粉、ブラウンシュガー、ココアパウダー、サラダ油、水を各大さじ3をマグカップに入れ、さらにバニラエッセンス小さじ1/2を加えたら、だまにならないようよくかき混ぜます。チョコチップ小さじ2を表面に散らしたら、600Wの電子レンジで2分〜3分加熱。これで完成!

→詳しいレシピはこちらから。

冷え込んだ朝に飲みたくなるものといえば、温かい「スープ」。おうちで簡単に作れる一味変わったスープレシピを5つご紹介したいと思います。
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
日本家庭のほぼ一家に1台が保有していると言われる、家電の王様「電子レンジ」。平成21年度とちょっと古いデータですが、総務省が発表した「全国消費実態調査」に...
衣料品の残布・残糸問題に着目したアップサイクルのブランド「RYE TENDER(ライテンダー)」が今シーズンよりデビュー。12月10日(木)まで、東京・代...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
スウェーデンブランド「aarke(アールケ)」から、キッチンで見るたび胸踊りそうな美しいソーダサーバーが誕生した。
難易度は低めで最高に幸せになれる簡単スイーツレシピをまとめました。材料をのせたり順番に重ねていったりするだけでできるスイーツから、分量は覚えなくてもいいク...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が、不動の人気メニュー「甘辛チキンバーガー」のレシピ動画を公式YouTubeチャンネルにて公開。
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
5月3日、新たに公開されたレシピは、フロリダ州オーランドにある「エプコット」のカナダ・パビリオン内レストランの「チェダーチーズスープ」のレシピ。カナダでは...
スポーツやトレーニングの最中にも片手で栄養補給でき、手が汚れないチアパック入りの“飲むあんこ”、「theANko」が、11月にリニューアルデビュー。監修は...
電気自動車メーカー「Tesla」と民間宇宙開発企業「SpaceX」のCEOを務めるイーロン・マスクが、米・総合情報サービス企業「Bloomberg」の世界...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
オーブントースターを使うと絶品に生まれ変わる意外な食材をご存知?焼きブドウ、エッグインクラウド、アボカドエッグボート、ひとくちパスタ、焼ききゅうりのレシピ...
おやつとしてではなく、朝ごはんとしても人気のフレンチトーストは、栄養バランスも満点なんです。アレンジ次第で、健康にも美容にも効果が期待できる「朝からフレン...
ロサンゼルス発「エッグスラット」は、ポテトと生卵を使った、今年セレブが最も注目した朝食。パンケーキ、エッグベネディクトに次ぐ、“第三の朝めし”として日本で...
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
ディズニーの公式ブログや公式YouTubeチャンネルで、本来ならディズニーパークでしか食べられないメニューのレシピが次々と公開に。チュロス、フレンチトース...