「ドレッシングを食べる」が目的に変わるレシピ4選

サラダをおいしく食べるためには、ドレッシングも超重要(ですよね)。市販のものもいいけれど、せっかくならば、自家製ドレッシングなんていかがでしょう。自分好みに味も整えられて、野菜を食べるのがもっと楽しくなりますよ。

 

01.
ごまの風味が3割増
自家製ごまドレ

すりたてのごまのように香り高く濃厚なドレッシングができあがるこのレシピ。もう市販品では満足できなくなる、「絶品ごまドレ」にチャレンジ!

➡︎今すぐ「ごまドレ」ってみる

02.
もう、パセリを“添えもの”なんて呼ばせない

オードブルや肉料理の横にそっと添えられているだけの野菜に思っていませんか?このパセリソースの真の実力を知れば、メジャー級の活躍ができる万能野菜だってことに気づくはず。

➡︎さよならジェノベーゼ、「パセジェーゼ」のつくりかた

03.
ハーブが香る
アメリカ生まれのディップソース

毎度毎度、生野菜や蒸し野菜にバーニャカウダでは芸がない。選択肢豊富なディップソースのなかから、アメリカ生まれのこのドレッシングをどうぞ。直訳すれば「緑の女神」。こいつはヤバいっ。

➡︎女神の恩恵を受ける

04.
“ふりかける”が新鮮!
保存もバッチリな「粉ドレ」

ドレッシングは、なにも液体とは限りません。スパイスや乾燥食材をうまく掛け合わせて、オリジナルの粉ドレッシングをつくってみてはいかがでしょう。組み合わせ?大丈夫、こんなレシピを用意してみました。

➡︎心ゆくまでサラダにふりかけたい!

大切な人との暮らしをもっと楽しく、そしておいしくクリエイトしてくれる、FCFにはまだまだ知らない料理法や、出会ったことのない味がたくさん。

いつものおいしいを「もっとおいしい!」に変えてみたい人はこちらから。

タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。