「ドレッシングを食べる」が目的に変わるレシピ4選

サラダをおいしく食べるためには、ドレッシングも超重要(ですよね)。市販のものもいいけれど、せっかくならば、自家製ドレッシングなんていかがでしょう。自分好みに味も整えられて、野菜を食べるのがもっと楽しくなりますよ。

 

01.
ごまの風味が3割増
自家製ごまドレ

6041434612301824

すりたてのごまのように香り高く濃厚なドレッシングができあがるこのレシピ。もう市販品では満足できなくなる、「絶品ごまドレ」にチャレンジ!

➡︎今すぐ「ごまドレ」ってみる

02.
もう、パセリを“添えもの”なんて呼ばせない

6115035856240640

オードブルや肉料理の横にそっと添えられているだけの野菜に思っていませんか?このパセリソースの真の実力を知れば、メジャー級の活躍ができる万能野菜だってことに気づくはず。

➡︎さよならジェノベーゼ、「パセジェーゼ」のつくりかた

03.
ハーブが香る
アメリカ生まれのディップソース

5496094662328320

毎度毎度、生野菜や蒸し野菜にバーニャカウダでは芸がない。選択肢豊富なディップソースのなかから、アメリカ生まれのこのドレッシングをどうぞ。直訳すれば「緑の女神」。こいつはヤバいっ。

➡︎女神の恩恵を受ける

04.
“ふりかける”が新鮮!
保存もバッチリな「粉ドレ」

5950030192050176

ドレッシングは、なにも液体とは限りません。スパイスや乾燥食材をうまく掛け合わせて、オリジナルの粉ドレッシングをつくってみてはいかがでしょう。組み合わせ?大丈夫、こんなレシピを用意してみました。

➡︎心ゆくまでサラダにふりかけたい!

大切な人との暮らしをもっと楽しく、そしておいしくクリエイトしてくれる、FCFにはまだまだ知らない料理法や、出会ったことのない味がたくさん。

いつものおいしいを「もっとおいしい!」に変えてみたい人はこちらから。

スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
1920年代のサンフランシスコ、パレスホテルのシェフがあるドレッシングを考案しました。当時ミュージカルの主役を演じたGeorge Arlissを称え、演目...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...