今さら聞けない、タイ料理のテーブルに必ずある調味料4つ

タイに行くとレストランでも屋台でも、テーブルの上に必ずあるのが写真の「4つの調味料」。普段からタイ料理をあまり口にしない人はピンとこないでしょうけど、好きな人なら知ってて当然。

タイの食卓に欠かせない
クルアン・プルン」

©Maki Itasaka

この調味料4種は、「クルアン・プルン」といいます。タイ語で、まんま「調味料」という意味。
これらがテーブルに必ず置かれていることは知っていても、あまり聞き馴染みのないワードですよね。

じつはこれ、タイ料理には必須の構成要素なんです。

辛み・甘み・酸み・塩み
自分好みにめしあがれ!

©2018 Seiji Nomura

西洋では料理人が味付けした料理をそのまま食べますが、タイでは「辛み」「甘み」「酸み」「塩み」を自分好みに調整するのが当たり前。それが習慣なのだそう。
とくに汁麺のスープなど、薄めの味付けのものによく使います。

中身は、このとおり。

<プリック・ポン(粉唐辛子)>
辛み担当。辛い唐辛子「プリック・キーヌー」を乾燥させたものが入っている。
 
<グラニュー糖>
甘み担当。甘さを追加することで、味のコクを深めてくれる。
 
<プリック・ナムソム(唐辛子入り酢)>
酸み担当。辛くない唐辛子「プリック・チーファー」の輪切りが入っている。酸みを加えてさっぱりさせたいときに。
 
<ナンプラー>
塩み担当。写真のように、辛い唐辛子「プリック・キーヌー」の輪切りが入ることもある。
©セラドン焼き ゆるんふる
©Maki Itasaka

クルアン・プルンを入れる容器は、ガラスだったり、タイの伝統陶磁器であるセラドンに入っていたり。屋台では、写真のように、どさっとカゴにまとめて入れられていることもあります。

日本人の感覚だと、食卓に塩やしょうゆが置かれていても、あまりドバドバかけてしまっては、つくってくれた人に申し訳ない気持ちになりますよね。

けれどタイでは4つの味覚を調整して自分好みに変えてしまってOK。
なにか物足りないなと感じたら、テーブルにあるこれらを手にとってみて。

ちなみに……

©2018 Seiji Nomura

この4つの調味料が常備されているタイの食卓において、右手にスプーン、左手にフォークのスタイルがマナーなんですって。タイ米はパラパラしているので、スプーンが重要なんですね。

スプーンで料理を手前に寄せ、フォークの背で押してスプーンに乗せます。肉を食べるときは、左手のフォークで肉を押さえ、スプーンの縁をナイフのようにして肉を切るんだそうです。

※この内容は、書籍『タイ料理大全:本場のレシピ100』(誠文堂新光社)から一部抜粋、編集したものです。

Top photo: © 2018 Seiji Nomura
Licensed material used with permission by 誠文堂新光社
他の記事を見る
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
料理はもちろん、空間、客層、スタッフ、雰囲気と首尾一貫オールThai!!で攻めまくりの屋台メシ。
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。