エビとグレープフルーツというタイ料理でこその組み合わせ

タイには「ヤムソムオー」という、爽やかで夏にぴったりなサラダがあります。ソムオーはタイではポピュラーな柑橘で、日本でいうところのザボンくらいの大きさ。フルーツのサラダとえいば、必ずと言っていいほどコレが出てくるローカルフードです。これをグレープフルーツで代用してみました。

材料:2人分

グレープフルーツ(ホワイト):1/2個
にんにく:2かけ
サラダ油:適量
エビ:8尾
豚ひき肉:100g
ココナッツミルク:100cc
ナンプラー:大さじ1
ピーナッツ:10粒
フライドオニオン:大さじ2

調味料
A 輪切り唐辛子:小さじ1/2
A チリソース:大さじ2
A レモン汁:大さじ1
A きび砂糖:大さじ1
A こぶみかんの葉(あれば):2枚

 <つくり方>
にんにくはみじん切りにし、グレープフルーツは薄皮を剥いておきます。フライパンにサラダ油をひいたら、にんにくを弱火で香りが立つまで炒めます。中火にし、エビ、ひき肉を加えてそれぞれ色が変わるまで炒めたら、Aの調味料をすべて加え、全体になじませながらもうひと炒め。そこにココナッツミルク、ナンプラーを加え、水分が飛ぶまでさらに炒めていきます。ボウルに砕いたピーナッツ、フライドオニオン、グレープフルーツを入れて、一緒によく和えたらできあがり。

にんにくやナンプラーのエスニック調な味付けに、グレープフルーツの酸味が好相性。辛味も利いているぶん、食欲が落ちてきたと感じたときにもぴったりです。

タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
甘さを逆手に利用してつくるタイ風の甘々アイスティーのグラニテ(氷菓子)で、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...