エビとグレープフルーツというタイ料理でこその組み合わせ

タイには「ヤムソムオー」という、爽やかで夏にぴったりなサラダがあります。ソムオーはタイではポピュラーな柑橘で、日本でいうところのザボンくらいの大きさ。フルーツのサラダとえいば、必ずと言っていいほどコレが出てくるローカルフードです。これをグレープフルーツで代用してみました。

268434118ac5e2036e517614513ef15bd8fe2620

材料:2人分

グレープフルーツ(ホワイト):1/2個
にんにく:2かけ
サラダ油:適量
エビ:8尾
豚ひき肉:100g
ココナッツミルク:100cc
ナンプラー:大さじ1
ピーナッツ:10粒
フライドオニオン:大さじ2

調味料
A 輪切り唐辛子:小さじ1/2
A チリソース:大さじ2
A レモン汁:大さじ1
A きび砂糖:大さじ1
A こぶみかんの葉(あれば):2枚

 <つくり方>
にんにくはみじん切りにし、グレープフルーツは薄皮を剥いておきます。フライパンにサラダ油をひいたら、にんにくを弱火で香りが立つまで炒めます。中火にし、エビ、ひき肉を加えてそれぞれ色が変わるまで炒めたら、Aの調味料をすべて加え、全体になじませながらもうひと炒め。そこにココナッツミルク、ナンプラーを加え、水分が飛ぶまでさらに炒めていきます。ボウルに砕いたピーナッツ、フライドオニオン、グレープフルーツを入れて、一緒によく和えたらできあがり。

にんにくやナンプラーのエスニック調な味付けに、グレープフルーツの酸味が好相性。辛味も利いているぶん、食欲が落ちてきたと感じたときにもぴったりです。

 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
卵の風味を味わいながら、つるんとした喉越しを楽しむ茶碗蒸し。でも、自分で作ろうと思うと、これがなかなかの面倒ゴト。ならばこちらはどうでしょう。蒸し器がなく...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。な...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
mai kitamura体の内面から美しく健康になることの重要性を考え、2014年4月から野菜や果物を使ったスムージーを制作。Instagram(@mai...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
タイで撮影された超古典的な建築方法・・・、杭の上に大勢で乗り、リズムに合わせて踏み込む。とてもアナログなやり方なんだけど、そのリズムがかっこ良すぎる! /...
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
鍋の具材に、炒め物に、ナムルに、フォーのトッピングに。大活躍の「もやし」ですが、意外にありそうでないのが、もやしのサラダ使いでは?ここに紹介するのは、南米...
中部アフリカの国、カメルーン共和国。日本人にとってのイメージはコーヒー豆の産地くらいかもしれません。ましてや国名の由来を知っている人なんて、そうはいないは...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...