パイナップル × ごはんが食べるほどクセになる「タイ風炊き込みごはん」

グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。なんとも舌を噛みそうな名前ですが、パイナップルを入れた炊き込みゴハンのこと。

それを簡単にアレンジするために炊飯器を活用します。パイナップルの甘さが…なんて言っている人にこそ食べてもらいたい料理です。

立ちのぼる香りは
タイの台所そのもの

〈材料〉

・米:1合分(150g)
・水:150ml
・こしょう:適量
・パクチー:適量
・ピーナッツ:適量
・サラダ油:小さじ1

・A玉ねぎ:1/6個
・Aピーマン:1個
・Aむきえび:6匹
・Aパイナップル缶詰(スライス):2枚
・Aレーズン:10g
・Aナンプラー:大さじ1
・Aおろしにんにく:小さじ1/2

〈作り方〉

お米を研いで水を加えて30分おくところまでは普段の炊飯と一緒。玉ねぎ、ピーマン、ピーナッツはみじん切りに。主役のパイナップルはひと口サイズに切って、それぞれ炊飯器の中へ。お好みで添えるパクチーはざく切りに。

炊飯器にAの具材を加えて混ぜてから炊きます。炊き上がったらこしょうを加え、味をみて塩気が足りないようならば、ナンプラーで味を調えましょう。

パイナップルが入ると、とたんに「甘いんでしょ…」というふうに思われがちですが、じつは甘さよりもフルーティな果実香が際立ち、エキゾチックで表現豊かな味わいを演出してくれるのがパイナップルなんです。意外なおいしさに舌が驚くはず。

自宅にいながらにしてタイの香りに誘われる、そんな料理も炊飯器があればちゃっちゃと作れてしまうんですから。

andmore
他の記事を見る
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
強い火力で、ごはんが美味しく炊ける「鍋炊きごはん」。ですが、常にガス台のそばで見張っていなければならないため、ワンタッチで予約ができる炊飯器と比べて「手軽...
忙しく生活しているとなかなか自炊できず、炊いたごはんを冷凍したまま時間が経ってしまい、マズくなってしまうことも……。そんなとき、アレをかけると大復活するんです!
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
ファミレスの定番メニューのひとつとして、日本人の舌にも受け入れられた米ケイジャン料理の「ジャンバラヤ」。でもこれ、ピラフなのか炊き込みごはんなのかイマイチ...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...