世界の朝ごはんを食べよう。9〜10月は遊牧民の食文化が味わえる「モンゴル」!

外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。

その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒントがギュッと詰まった料理を、期間ごとにテーマとなる国を変えて提供しています。9月6日から新たに始まるテーマは、「モンゴル」!

朝ごはんで旅しよう
モンゴルの国民食を体験

5d1434cb03c0ed1118f5e5c9da67b1c9d194fcae

さて、まずはどんな国だったかをおさらいしてみましょう。思い浮かぶのは、大草原に暮らす遊牧民の姿でしょうか。日本の4倍ある広大な国土に、300万人ほどの人々が暮らしており、世界で最も人口密度が低い国としても知られています。

もともとは移動式の住居「ゲル」に住み、大地を傷つける野菜を作らず、夏は「赤い食べ物(肉)」や、冬は「白い食べ物(乳製品)」を食べていました。つまり、家畜に頼った食文化です。

その後、外国から小麦粉が入り、1924年に社会主義国として中国から独立した後、ソ連の食文化の影響で野菜やマヨネーズを食べるようにも。

9月と10月のワールド・ブレックファスト・オールデイでは、そんなモンゴルを朝ごはんで旅する絶好のチャンス。一体どんな料理が味わえるのか、チェックしてみて。

濃厚な乳製品と揚げドーナツ
塩茹で肉やスープなどなど

10f83a2c3a570abbd4f1903275e5a81f51136827

同国には、家畜のミルクをそのまま飲まずに、乳製品を作って保存食にする文化があります。

搾りたてのミルクで作ったクロテッドクリームのように濃厚な「ウルム」を、揚げドーナツのような「ボルツォク」につけて食べるのが朝ごはんのご馳走で、ソ連から入ってきたポテトサラダ「トムスニーサラート」も定番。

モンゴル式のミルクティー「スーテーツァイ」に、チーズや無発酵の薄焼きパン「ガンビル」を浸して食べたり、夜ごはんには羊の骨付肉を塩茹でした「チャナサン・マフ」や、その残った肉を「ガンビル」と一緒に食べるのも一般的。

栄養満点の果実ジュースや、スープなどのサイドメニュー、デザートも多数用意されているみたい。会期中はモンゴルに関するワークショップなどイベントも開催予定。この機会に、ぜひその文化を体験してみましょう!

【概要】

■店名
WORLD BREAKFAST ALLDAY

■期間(モンゴルの朝ごはん)
9/6(火)〜10/30(日)

■住所
東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F

■電話
03-3401-0815

■営業時間
7:30 - 20:00(ラストオーダー19:30) 

■予約
コチラから

Licensed material used with permission by WORLD BREAKFAST ALLDAY
牧畜文化と小麦文化の交流の中で生まれたモンゴル家庭料理「ホーショール」について。
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
「失恋した友達に贈りたい」絵本を紹介します。
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」!
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...