世界の朝ごはんを食べよう。5月〜6月は「スイス」!

外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。

その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒントがギュッと詰まった料理が楽しめます。5月〜6月は、美しい自然が広がる「スイス」の家庭料理を味わえるんです。

白パンと一緒に食べたい
料理が盛りだくさん!

Aee202cae1eba05d0c2479ee5835e7da0e49cb20

スイスの朝ごはん ¥1,500(税抜き)

日本人なら、『アルプスの少女ハイジ』を思い浮かべる人も多いと思います。制作にあたって現地ロケが行われているため、風景や生活習慣をとても忠実に描いているようです。アニメの中で、登場人物たちが美味しそうに食べていたパンやチーズや干し肉(ドライビーフ)は、今でも国民に愛される朝ごはんの定番。

作中で、ハイジがペーターのおばあさんへお土産にゼンメルという名前の白パンを持ち帰るシーンがあるのですが、そのパンを今回はスイスの「ヒーシュタント社」のもので焼き上げているそう。

それと、スイスではポピュラーなグリュエールとエメンタールの2種類のチーズを用意。さらに、もともとドイツ語圏の農村で朝食として好まれていたジャガイモの細切りをパンケーキのように焼いたレシュティや、国民に人気のあるシリアルのミューズリーと、様々な料理を楽しむことができます。

そのほか、ドリンクやデザートの用意はもちろん、会期中はイベントも多数開催する予定。詳しく知りたい方はwebサイトの確認を。

21e88f943b2989c41e197e926b74ed129d2049ea

工業や金融業が発達した世界で一番収入が高い国としても知られるスイス。ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つの言葉が国内で使われ、それぞれの地域では隣接する国の影響が大きいそう。

そして変化の多い自然環境から、文化は「谷ごとで違う」とも言われています。特殊な環境だからこそ、様々な味わいが楽しめるユニークな食文化が誕生したのですね。

「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」の5月と6月のテーマは、5月9日(火)にスタートして7月2日(日)まで続くとのこと。この機会にぜひ体験してみましょう。

【開催概要】

■店名
WORLD BREAKFAST ALLDAY

■住所
東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F
Google Map

■電話
03-3401-0815

■営業時間
7:30 - 20:00(ラストオーダー19:30) 

■予約
コチラから

Licensed material used with permission by WORLD BREAKFAST ALLDAY
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
こう書くと、チョコレートフォンデュが頭に浮かんだんじゃないでしょうか。答えはNO。スイスには、まだ知られざるフォンデュスタイルがありました。それが「フォン...
朝ごはんは人間にとって必要かそうでないのか。これまで幾度となくなされてきたこの議論。結局のところ、それぞれの食習慣やライフスタイル次第というところに帰結す...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。