ビーフよりチキンより食べたい。スイスエアの「ベジミール」

機内食をもっと楽しみたい!

旅先へと向かう高揚感を引き上げるのに、いかに空の上の食事を満喫するかも重要なファクター。では? 有名シェフとのコラボにご当地メニューなど、百花繚乱の機内食ですが、あえて推すのは航空会社ごとに用意された特別機内食。

スイス インターナショナル エアラインズ(以下SWISS)では、お肉やお魚以上に魅力的なこんなメニューも。

創業121年、老舗店監修
野菜づくし膳

©スイス インターナショナル エアラインズ
©スイス インターナショナル エアラインズ

スイスを出発する長距離路線(日本路線を含む)でオーダーするべきは、ビーフやチキンでもフィッシュでもなく、ベジタリアンミールです!

写真は上からエコノミー、ビジネスのそれですが、SWISSでは全クラスで通常メニューとしてベジタリアンミールがオーダー可能。それも、ただのベジメニューじゃありません。

チューリッヒにある欧州最古のベジタリアン・レストランと称される「Hiltl(ヒルトル)」が考案し、SWISSとコラボしたスペシャルな機内食。野菜、卵、乳製品だけとは到底思えない創業121年目の老舗のベジメニューを空の上でいただけるわけだから、普段はお肉党の人でも十分に試す価値はある。

もちろん、他の航空会社と同じく健康上、宗教上、また小さい子どものための特別食も豊富に用意されていますよ。

日本人シェフ&機内食
コラボの先駆けはアノ人

近年、機内食の充実ぶりは目を見張るものがあります。おいしい機内食を楽しみにアップグレードすることだって珍しくありません。各社趣向を凝らしたフードメニューが登場する背景には、世界から高い評価を得るトップシェフやミシュラン星のレストランとの積極的なコラボがあります。

ちなみに日本を出発する便において、このコラボの先駆けとなったのが「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナーシェフ三國清三氏。SWISSの前身、スイス航空時代から足掛け18年、成田発スイス行きのビジネス・ファーストクラスの機内食を担当してきました(残念ながら現在は終了)。

こうしたトップシェフとのコラボメニューも空の上の楽しみですね。

※特別食はどれも事前申し込みが必須。利用便出発の24時間前までのオーダーを忘れずに。
※写真はイメージです。

Top image: © スイス インターナショナル エアラインズ

おすすめ記事

他の記事を見る
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ファーストクラスのアメニティを集めました。第一回はルフトハンザドイツ航空です。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?ロールヘッドを手首や耳の裏などにひと塗りするだけでリラックスタイムになる「...
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
7月31日にTwitterに投稿された一枚の写真。エア・インディアで38年間、キャビンアテンダントとして働き続けたPooja Chinchankarさんの...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
今冬限定で、チーズフォンデュを機内食のメニューに追加している「スイス インターナショナル エアラインズ」。オーダーできるのは、ジュネーヴからの限られた路線のみ。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。ジャンキーなスナックより...
スイスにはマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイルのフォンデュ(フォンデュ・シノワーズ)があります。