ビーフよりチキンより食べたい。スイスエアの「ベジミール」

機内食をもっと楽しみたい!

旅先へと向かう高揚感を引き上げるのに、いかに空の上の食事を満喫するかも重要なファクター。では? 有名シェフとのコラボにご当地メニューなど、百花繚乱の機内食ですが、あえて推すのは航空会社ごとに用意された特別機内食。

スイス インターナショナル エアラインズ(以下SWISS)では、お肉やお魚以上に魅力的なこんなメニューも。

創業121年、老舗店監修
野菜づくし膳

©スイス インターナショナル エアラインズ
©スイス インターナショナル エアラインズ

スイスを出発する長距離路線(日本路線を含む)でオーダーするべきは、ビーフやチキンでもフィッシュでもなく、ベジタリアンミールです!

写真は上からエコノミー、ビジネスのそれですが、SWISSでは全クラスで通常メニューとしてベジタリアンミールがオーダー可能。それも、ただのベジメニューじゃありません。

チューリッヒにある欧州最古のベジタリアン・レストランと称される「Hiltl(ヒルトル)」が考案し、SWISSとコラボしたスペシャルな機内食。野菜、卵、乳製品だけとは到底思えない創業121年目の老舗のベジメニューを空の上でいただけるわけだから、普段はお肉党の人でも十分に試す価値はある。

もちろん、他の航空会社と同じく健康上、宗教上、また小さい子どものための特別食も豊富に用意されていますよ。

日本人シェフ&機内食
コラボの先駆けはアノ人

近年、機内食の充実ぶりは目を見張るものがあります。おいしい機内食を楽しみにアップグレードすることだって珍しくありません。各社趣向を凝らしたフードメニューが登場する背景には、世界から高い評価を得るトップシェフやミシュラン星のレストランとの積極的なコラボがあります。

ちなみに日本を出発する便において、このコラボの先駆けとなったのが「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナーシェフ三國清三氏。SWISSの前身、スイス航空時代から足掛け18年、成田発スイス行きのビジネス・ファーストクラスの機内食を担当してきました(残念ながら現在は終了)。

こうしたトップシェフとのコラボメニューも空の上の楽しみですね。

※特別食はどれも事前申し込みが必須。利用便出発の24時間前までのオーダーを忘れずに。
※写真はイメージです。

Top image: © スイス インターナショナル エアラインズ

おすすめ記事

旅のフライトが快適になるヒント!

関連する記事

ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
マレーシアに本部を置くLCC「エアアジア」は、人気の機内食を誰でも手頃な価格で食べられるレストラン「Santan Restaurant and T&CO ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...