目標は世界100店舗!エアアジアが「機内食のレストラン」をオープン

味気ない機内食は過去の話。マレーシアに本部を置くLCC「エアアジア」は、機内で出されるアジア料理を自信を持ってオススメしている。

そんな機内食を誰でも手頃な価格で食べられるレストラン「Santan Restaurant and T&CO Café」が、クアラルンプール市内に今月オープン。

メニューは5名のシェフと料理専門学生によって考案された「ナシレマッ」や「タイバジルチキン」、「カラマンシーティー」など、東南アジア各国の料理や飲料などが中心。機内でも人気のメニューが含まれている。

また、同レストランは来年度末までに新たに5店舗をオープンする予定で、数年以内には世界で100店舗の展開を計画しているという。

©エアアジア
©エアアジア
©エアアジア
©エアアジア
©エアアジア
©エアアジア
Top image: © エアアジア
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
イタリアのデザイナーによる指輪「Teti」が「kickstarter」に登場。指輪のうえに、NY、ロンドン、ローマの街並みが再現されており、お気に入りの街...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのWEBサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
水中に沈めても、落としても、蹴っても大丈夫という「ペリカンエア1535キャリーオンケース」。独自の衝撃反発素材を用いた「ペリカンエアケース」のキャリーケー...
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
プロテインブランド「マッスルフィット」シリーズに「森永ラムネ」とコラボした粉末プロテイン「マッスルフィットプロテイン森永ラムネ味」が登場。
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
9月13日、東京・新宿に米国のスポーツブランド「アンダーアーマー」の新店舗「ブランドハウス新宿」がオープン。世界初の旗艦店として、グローバル展開の重要な拠...
7月31日にTwitterに投稿された一枚の写真。エア・インディアで38年間、キャビンアテンダントとして働き続けたPooja Chinchankarさんの...
ドバイに新しくオープンした「Torno Subito Dubai」は、真っ青な海と空に映えるカラフルでポップなレストラン。ただのインスタ映え狙いの店かと思...
5月28日、「Airbnb(エアビーアンドビー)」が4月9日から提供している「オンライン体験」に「一流の料理人に学ぶオンラインクッキング体験」を追加するこ...
天然由来成分100%のホワイトニングハミガキ「Davids」より新フレーバーが登場。優しい清涼感の「スペアミント」と、すっきりとした甘さを実現した「ハーバ...
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
「Nike」が新しいテクノロジーを搭載したスニーカー「エア マックス 90 フライイーズ」を発売。特徴的なヒール部分にはナイキの新技術が搭載され、手を使わ...
「DASuitcase」には、空気を取り込んでエアソファーになる機能が付いています。長さ200cm、幅70cmと、寝返りは打てないものの横になるには十分な...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。
今春、米カリフォルニア州の美術大学で、モナリザを模した絵画が展示されました。その数25点。それぞれ異なる目をしたものでした。目的は、アジア人の多様性を訴え...