目標は世界100店舗!エアアジアが「機内食のレストラン」をオープン

味気ない機内食は過去の話。マレーシアに本部を置くLCC「エアアジア」は、機内で出されるアジア料理を自信を持ってオススメしている。

そんな機内食を誰でも手頃な価格で食べられるレストラン「Santan Restaurant and T&CO Café」が、クアラルンプール市内に今月オープン。

メニューは5名のシェフと料理専門学生によって考案された「ナシレマッ」や「タイバジルチキン」、「カラマンシーティー」など、東南アジア各国の料理や飲料などが中心。機内でも人気のメニューが含まれている。

また、同レストランは来年度末までに新たに5店舗をオープンする予定で、数年以内には世界で100店舗の展開を計画しているという。

©エアアジア
©エアアジア
©エアアジア
©エアアジア
©エアアジア
©エアアジア
Top image: © エアアジア
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのWEBサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...