中身もスキがない「スイスエアのアメニティポーチ」

ファーストクラスはエアラインの顔!

食事やシートのゴージャスさばかりに目が向けられがちだけど、アメニティキットにだって各航空会社のプライドが垣間見えます。

実際にお目にかかる機会はなかなかない。でも、調べてみるとどれもこれも相当イケてる。たとえば、スイス インターナショナル エアラインズのポーチはこんな感じ!

©スイス インターナショナル エアラインズ

これだから、自国に世界的ラグジュアリーファッションブランドがあると強い。

スイス インターナショナル エアラインズのポーチは「バリー」です。老舗のスイスブランドであることは……言うまでもないか。

こう組み合わせられると、乗客としてはよりスイスを体感でき、愛着が湧くというもの。ズルい(笑)。おなじみの赤と白のタグも付いてますし。

ポーチの中には、「ラ・プレリー」のスキンケア製品、練り歯磨きに歯ブラシ、靴下、耳栓とティッシュ、それから「リコラ」のキャンディー!どこまでもスイスなわけです。

さらに、女性用にはブラシとバニティーキット、男性用にはコームと靴ベラまで入っているのだから、スキがないとしか言いようがありません。お見事!

Top image: © スイス インターナショナル エアラインズ
旅のフライトが快適になるヒント!
ファーストクラスのアメニティを集めました。第一回はルフトハンザドイツ航空です。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第二回はANAです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第五回はエールフランスです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第三回はエミレーツ航空です。
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
今冬限定で、チーズフォンデュを機内食のメニューに追加している「スイス インターナショナル エアラインズ」。オーダーできるのは、ジュネーヴからの限られた路線のみ。
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
カリフォルニア州へ行ったら、旅行目的のひとつとして楽しむことができるのが、「Pan Am Experience」のディナーサービス。パンアメリカン航空のボ...
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
香港にある「TUVE HOTEL」のアメニティが、LE LABOのものなんです。
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
ファーストクラスに一度で良いから乗ってみたい!と思うのは、誰でもあるはず。そんな願いを叶えてくれるのがGod Save the Pointsというブログを...
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...